マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

マメチュー先生の調剤薬局

パティスリーマルズ

森の中に佇むのは、まるで生クリームみたいなパティシエ・マルズさんが営むスイーツショップ。 ナッツやフルーツ、野菜等を使用したケーキを中心に扱っています。 もうすぐ、営業終了の時間。ケーキはもうあと一つで完売です。 マルズでお手伝いをしているり…

養蜂家てんまさん

薬剤師をするかたわら、ミツバチさんたちを育てているてんまさん。 ファミリーで暮らす社会性昆虫の、ミツバチたち。 朝起きたら「おはよー」とか家族でいうてる。 きっとそう。 日がな一日、ボーッとしている虫とは生き方がだいぶ違います。 “チョウバエ”(…

軽減税率制度

悪友USAと、お買い物に行っていたにゃこさんのお迎えに来ているまゆさん。 2019/10/01からスタートした軽減税率制度。今回は、その少し前のお話。 「何?その大荷物」 「買い溜めよ。消費税上がる前に」 「あ?安っぽいものばっかり買ってきて。その努力にみ…

教えてマメチュー先生!② 薬の廃棄方法

不安な気持ちから、つい色んな市販薬を購入してしまうケイヒさん。 1,2回使って、もしくは1回も使わないまま使用期限が過ぎてしまう薬。 「この間ちょっと思ったんですけどね。いわゆるゴミ漁り婆さんとかが、何処かから現れて俺が捨てた期限切れの薬を飲ん…

関節をどうしても鳴らしたい

腰の痛みを感じると、ひねって関節を鳴らしたくなります。 腰に生じた違和感を解消したくなるのです。 ストレッチをして悪くなった血行をほぐす……ふりして関節を鳴らします。 口笛を鳴らすのは下手。指パッチンで音を鳴らすのも下手。 自分、不器用なんです…

薬剤師いろいろ

マメチュー先生とトビーくんを見かけるイチイさん。 どの職業でもプロフェッショナルにお仕事をする人は沢山います。 でも全員がそのレベルにいる訳ではない。 今まで見てきたアマチュアレベルの薬剤師とは、一線を画すマメチューに興味を抱いているイチイさ…

健康寿命

まだ村長に見つめられているバイ菌薬剤師たち。 “村を愛し村を守る。村人を守り村人を守る” そんな村長からしてみれば、医療従事者である二人の態度は許せません! 妖怪ですか? 黙って見つめられるとドキドキします、村長。 言いたい事がおありなら、説教の…

おとひめさま

「化粧品の匂いでもするのかな」 しょうまさんは化粧品会社で働いています。 「……履いてたらね……」 「こっわ」 「まゆじゃん。何してんの?」 「春の薬草摘み」 しょうまさんにマジマジと見つめられるまゆさん。 「あん?」 「何でも無い。久しぶりだから見…

教えてマメチュー先生! 薬を飲む時のお水の量

「先生、薬はどれ位の量の水で飲めば良いですか?」 まずもうそれで薬を飲むのがイヤになります。 「それはお水の量が少ないから起きる事です。薬が食道に張り付き、炎症を起こす事もあります」 「やっぱ薬イヤ!炎症!?じゃあ、薬飲むの忘れてて水が無い時…

農家のケイヒさん

国民病と言われる花粉症。 もちろんまゆさんだけの症状ではありません。 ケイヒさんも花粉症。 「いやいやだって、副作用とかあるでしょう?」 今の時期はじゃがいもの種を、蒔いています。 「花粉がぁ。外の仕事つれぇなぁ。」 毎日ツラそうなケイヒさん。 …

おくすり飲めるかな

マメチュー先生は気になっていた事を、トビーくんママに質問しました。 「トビーくんは粉薬をいつもどうやって飲んでいますか?」 「誰だ!お前はっ!」 「もう何度も会うとる。」 マメチュー先生はそんなトビーくんに、薬の飲み方を変更するように提案。 「…

お子さまとおくすり

くまじろ先生の診察帰り、処方せんを持って来局したトビーくんとママ。 この間まで、元気だったトビーくん。 とても具合悪そう。 熱冷ましの粉薬は熱が38.5℃以上でツラそうな時に、1包服用させて下さい。 熱が高くても元気そうなら、使用しなくても良いです…

イチイさん

都会で数十店舗の調剤薬局を経営する社長の息子のイチイさん。 ポ村で薬剤師の指導をするよう村長に頼まれています。 「ショッカーの一味か?ばいきんまんかっ?!」 「そのチョイス何?黒縛り?」 「ゴキブリかぁっ?!」 「ひでぇや……さすがに大人も泣くや…

妹のしょうま

「忘れてる……あたしかわいそー。今のはしゃぎぶり返して。そして抱っこ位させてー。」 マメチュー先生の薬局に、ごくたまに手伝いに来ているしょうまさん。 普段は化粧品会社で働く薬剤師です。 化粧品に配合する成分の研究等をしています。 「鈍感ぶったこ…

おしゃべりペリコとのど飴

うちのにゃこが、父の元へ遊びに行っている隙をついて伯母ペリコが我が家に入り込んで来る。(ペリコは猫が大嫌い) 何をそんなにしゃべる事があるのか…… 何やらひっきりなしに何かを言っていた。 「それでね、昨日お洋服買いに行ったらね、似合ってるって凄…

若くキレイでいるために

「急にいっぺんに色々やろうと思っても、お仕事や普段の生活があるのでかえってストレスに… そしてそのストレスが血圧を上げてしまうことになります。普段の生活の中でやるのが一番良いんです。やれそうですか?」 「若くキレイでいる為に少しは体を動かして…

二つの感情

では、患者さんの心の奥にある本当の気持ちを引き出すには? 長い間、先生から処方された薬を飲んでいない……その事を不安に思っているから打ち明けたはず。 どうしたら良いか迷っているフェネさん。導いてあげなくてはいけない。 「くまじろ先生そんな事言わ…

薬の服用はやっぱり不安

「何か気になる事でも?」「実はね。この二種類の薬のうち一つしか飲んでいないの。もう何ヶ月も」「…それはどうしてでしょう?」「友人がね、色々薬を飲むのは身体に良くないって言うから」 医療業界ではよくある話。医療者の話より身近な人の意見を聞いて…

似顔絵

「触らないよ。それはチャドクガの卵。だから怖くない。ジッとしているだけだから。多分もうすぐうまれる。でも刺されると痛いしずっと痒いよ。」 チャドクガ。 卵が孵化し、毛虫になると、身体中にある毒針毛によって、刺されると1週間、酷いと半年近く痒…

モーニングサージ

村長、客人を連れて登場。「悪しきもの」は村長の近くには寄って来ないので、安全に村を案内して貰えます。 それに最近はバスが村の近くで止まるようになりました。 客人は、都会で調剤薬局を複数経営する会社の息子「イチイ」さん。患者さんから、頼りにさ…

夏休みの自由研究

「小学生時代のまゆさん」 植物は、目についたら何でも口にして味を確かめてみたくなるまゆ。 わこ(犬)さんがおしっこを引っ掛けててもお構いなしです。 そんな幼き頃から、脳みその量が風前の灯火だったまゆさんは、動くものにも興味津々。 その頃のまゆさ…

猫、好き嫌いする

ポ村はセルフメディケーションを推進しています。 人間だけではなく、もちろん猫さんも。 でもにゃこさんは好きなものしか食べようとしません。 腎臓に負担をかけないカリカリフード(確かに不味い。食べた!)は食べたがりません。 「三つ星グルメだけをく…

冬眠明け

冬眠明けのお目覚め料理はお粥です。 長い間、何も食べていなかったのでまずは胃に優しいものから。 村の名産品の梅干しをお供に。 今日は何でもない食べ物が一番美味しく感じる日。 続いてのお供は醤油をかけた鰹節。 鰹節が大好きなにゃこもその匂いでお…

冬眠中

邪魔しかしない女まゆ。 にゃこすでに冬眠中。 この間作った桑の実ジャムとマスカルポーネをクラッカー・クッキーにつけて食べます。他にも余ったビーフシチュー、あんこ、ごまペーストを用意しました。TVを見ながらゆっくり食べます。

冬の遊び

トビーくんとお友だちのペンネくん。早朝から外遊び。 水たまりで眠っていたアンコさん。突然声掛けられてびっくりしている様子。 みんなで楽しくおさんぽです。

かったるい日々

村に現れ、村人たちの心に負の感情をもたらしてしまう「影」は、元気を取り戻したヤマオさんと一緒にかろうじて退治しました。 体を温めてくれる葛湯。葛の根は風邪薬の葛根湯のように漢方にもなります。 何でも良いから自分がリラックス出来るものを見つけ…

風邪とインフルエンザ

毎年恒例村長によるインフルエンザ注意報 インフルエンザウイルス大量発生! 村の出入口にある結界を突破し、少しずつ侵入してきました。 この季節インフルエンザの新型なんてあらわれようものなら、みんな免疫を持たないから急速に拡がってしまいます。 村…

冬支度

クリスマス後の10日から2週間程、大雪が降るポ村。 外出が出来なくなるので皆冬眠します。しばらく起きている事もあるので冬眠に向け、この時期から食料を備蓄し始めます。 木こりをしているととろっとが何処かから持って帰って来たという桑の実。庭に植えた…

アホウドリ

「アホウドリって知ってる?」 「うん」 「英語でアルバトロスとも言うんだけどね。ゴルフで言うとホールインワンを出すよりも難しいと言われてるんだって」 「どうしてアルバトロスって名前をつけたの?」 「飛翔力…飛ぶのがすっごく上手だからなんだって」…

美容師ハイエ

あの人が美容師じゃなければ良かったのに…そうすれば私にだけ微笑んでくれてるって勘違い出来たのに。他の客にも同じ笑顔で微笑んでいる所なんて、見なくてすんだのに… なんか疲れてるみたい…お仕事大変なんだろうなぁ私が癒してあげられたらなぁ。必要とし…