マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

デリカシー

「あら、あなた初めましてね」

f:id:maricats:20210417212812j:plain

お仕事中のパゴロウさんに話しかけてきたのは本日の患者、メイ子さんの義母メンメさんでした。

f:id:maricats:20210418192647j:plain

「マメチュー先生お久しぶりです」



メンメさんとメイ子さんは、数ヶ月ぶりの来局。



そのためお二人が前回来局した時は、まだパゴロウさんはマメクスリカフェでは、働いていなかったのです。



患者であるメイ子さんは、義母であるメンメさんの様子をチラチラと伺っています。



いつもメイ子さんが来局する時は、メンメさんが付き添っているそうです。




パゴロウさんは薬歴を入力中。


その時感じた気配。



見上げるとメンメさんが、ニコニコとこちらを見ていました。



「今日の朝は何を食べたの?」


メンメさんからの突然の質問。



「えっと…ジャムトーストです」

f:id:maricats:20210418192744j:plain

メンメさんはすでに他の患者さんに、話しかけています。



「うちの孫ね、この間おねしょしちゃってね」


「そうなんですか…」



「そうなのよ。
それでね、うちのメイ子さんはね、おせんべいが好きじゃないのよ」



「そうなんですか…」



「おいしいのにね~」



メイ子さんは、少し俯いて座っています。



他の患者さんとのお喋りに満足したのか、メンメさんは再びパゴロウさんの元にやって来ました。



「ええと、パゴロウさん?
あなた何月生まれ?」



「6月です」



「6月?あなたの今日の占いの結果はね」



メンメさんは好奇心旺盛で、かつお喋り好きのようです。



「ねぇ、どうして薬剤師になろうと思ったの?」




「どうして…ですか?そうですね。

薬の専門家として患者さんの治療のサポートをしたい、そう思いまして」



「ふうん、そうなの」



“薬剤師になった理由”



色々あるけれど、簡潔に伝える。



仕事中なので長々とは話せませんが、さすがに無視はしたくありませんし、出来ません。




パゴロウさんはふと…

まゆさんが言っていたことを思い出します。




“好奇心旺盛で、色々聞きたがる人っているでしょ?

他人の病名を聞きたがる人。

人に言いたくない、デリカシーのない質問をしてくる人。

そういう人には、そんなに真面目に返事しなくても大丈夫だと思うよ。

君は真面目だから言いたくないことも、しっかりと受け答えしているけど。

大抵さ、そういう人はホントの答えになんか興味ないから。

もちろん人によるけどね。

でももっともらしい事を言っておけば、それで満足する人も多い。

ある程度、適当にあしらうすべを持っておくと、生きるの楽だよ”

f:id:maricats:20210418192849j:plain

(聞きたがる人、いる)




マメチュー先生は、メイ子さんに服薬指導中。



メイ子さんの病名を言わないように、説明しているようでした。



メンメさんを見ると、マメチュー先生とメイ子さんの話しに聞き耳を立てている。



メイ子さんの薬歴を確認してみました。

すると…



“病名は言わない”



そのような記載がありました。




おそらくメンメさんに、知られたくないのでしょう。




確かにあのメンメさんに病名を知られてしまったら、村中に知れ渡ってしまいそうです。





ただ“病名を知られたくない”という患者さんは多いです。



服薬指導等を行う薬剤師としても、他人に聞こえるような声で行わないよう“デリカシー”が必要です。