マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

姉の家を訪問

“はっくしょんっ!” 「目ぇかゆ~、顔もかゆいぃ」 ポいもは久々に、ねこアレルギー発症。 アレルギー薬も久し振りに使用。 なぜかというと、ポにゃちゃんに久し振りの再会をしたのです。 「ポにゃちゃん、久し振り。 覚えてる?」 ポいもは、ポあね宅に遊び…

ねこ屋敷の女の子、みちぇの写真

昔よく実家に遊びにきていた、近所のねこ屋敷に住むねこの女の子みちぇ。 その彼女の写真がポあねのパソコンから発見されました。 昔のデジカメで撮った古い写真です。 「ああ、あの可愛いねこの女の子のみちぇね、懐かしいな」 普段はちっともお触りさせて…

領土争い

まんまる、まるの、シルエット。 ねこのどろちゃんです。 高い木の上に登って、くつろいでいます。 まんまるのどろちゃん。 見ているとコロンと転がり落ちてきそうで不安になるのですが、不思議と安定しています。 その木の上から、草原の上をチョロチョロと…

大人のねこ、どろちゃん

にゃこさんはもう、大人のねこさんです。 完全体の大人のねこ。 大人なのですが、とっても甘えっ子。でも甘えんぼさんのねこは、にゃこさんだけではありません。 人と共に暮らしているねこさんたちは、甘えんぼさんが多いのです。 一方、ひとりで暮らしてい…

どろぼうねこ

「今日もおしごとにゃ~!」 セラピーキャットの研修生として、頑張っているにゃこさん。 ですがなかなか研修期間を、終えることが出来ません。 「いっつもいい子して貰って、嬉しいにゃあ」 「そう? わたしもにゃこちゃんに来て貰えて、嬉しいわ」 「ふふ……

薬物治療

19歳、病気療養中のねこのポにゃちゃん。 少しでもポにゃちゃんの症状を、改善させてあげたい。少しでも元気になって、楽しく暮らしていて欲しい。 そのためには嫌でも、ツラくても、通院させなくてはいけません。 「今日もお医者さまのところに行こうね。ツ…

ねこまんま

ポいもは最近、以前食べ過ぎのため、飽きていた韓国海苔に再びハマっています。 スーパーで売っているのを見つけたら、つい何パックも買い込んでしまいます。 炒飯や炊き込みご飯、納豆ご飯にとろろご飯…ご飯ものを食べるときは、何でも韓国海苔に巻いて食べ…

みちぇとの儀式

近所のねこ屋敷から遊びに来る、三毛猫の娘みちぇ。 ポ宅を気に入ったようで、連日連夜訪れるようになりました。 そしてお泊まりしていく日も増えてきた。 最早実家にいるより、ポ宅にいることの方が多いのでは?というくらいです。 これではさすがに、ねこ…

みちぇ

前にチラッとだけ書いたねこ屋敷にお住まいの三毛猫の姉妹、はなちゃんとみちぇ。 ちょっぴりおしゃまでお姫様みたいな雰囲気を醸し出すはなちゃんと、少し影薄めな姉のみちぇが我が家の庭にひょっこりと姿を現すようになりました。 姫様のはなちゃんの方は…

とらじろちゃん その2

前回のお話ねこ屋敷から遊びに来る、見かけだけはぽんちゃん似のとらじろちゃん。 いつも動じないとらじろちゃんは、けっこう身体がガッシリしています。 「もしかしてこの子、この地域のボスなの?」 実はとらじろちゃん。眼球が濁っているので、おそらく目…

とらじろちゃん その1

近所のねこ屋敷に住む、ねこの男の子とらじろちゃん。 前に書いた“天使になったねこ”でぽんちゃんが天使になった直後に現れた、ぽんちゃん似のねこさんです。 出会った当初はまだ子ねこちゃん。 うちの両親はそんなぽんちゃん似の子ネコ、とらじろちゃんを普…

あたたかい日

みにゃさん、こんにゃちは。 おじいねこの、ポにゃちゃんです。 近ごろ、暖かくにゃってきましたね。 今までは寒かったのであたたかいホカペが、ポにゃちゃんの定位置にゃした。なんにゃすけども、おじいのポにゃちゃんにもホカペの上はさすがに、暑くにゃっ…

ねこさん目覚まし

ポいもが、ポにゃちゃんやポあねと一緒に暮らしていた頃。ポにゃちゃんによる“ねこさん目覚まし”で、起こされてしまう事が多々ありました。 ねこさんは夜行性と言われていますが“おうちねこさん”は大抵、人が起きる朝まで一緒に大人しく寝てくれています。 …

ハチワレのねこ その2

前回のお話ポ姉妹とポにゃちゃんが実家を出て、引っ越す三日前。 父が三日間限定で、ねこの赤ちゃんを預かってきました。 でもその子はまだ赤ちゃんだというのに、人の顔を見れば威嚇をし、排泄もしなければ、ご飯も食べてはくれません。 結局赤ちゃんを預か…

ハチワレのねこ その1

ぽんちゃんそして、ポにゃちゃんと、ねこさんを貰ってきがちなポあね。 しかし数年前のある日、今度は父がこねこを連れ帰って来ました。 白黒模様のハチワレねこちゃん。 久し振りの子ねこちゃんとの触れ合い。 父が連れているこねこを見ると、生まれてすぐ…

トイレハイについて知る

パゴロウさんが、不思議な生物と暮らすようになって数日。「シフォンってトイレどうしてるんだろう。排泄場所とか用意した方がいいのかな?何となくササさんの鉢植えの中で、しているような気がするんだけど」 不思議な生物の名前は、スイーツからとってシフ…

激烈ねこパンチ

ねこさんにパンチされる…これ… 初めてやられると異常にショック“親にも殴られたことないのに”初対面の時は警戒され 近寄りもしなかったのに、徐々に お触りさせてくれるようになると 懐いてきてくれたのが嬉しくなって…そして調子にのってねこさんに 触りす…

19歳

腎臓やら血圧やら脳やらの調子が芳しくない、ねこじじいのポにゃさん。仏頂面でこちらを睨んでいます。不機嫌そうです。 “ポにゃちゃん、プンにゃ” 何やらお怒りのようですが… ポにゃちゃん。お誕生日おめでとうございます! 今年の3月で19歳になりました。 …

つどえ、ねこ好き

職場の人にいただいたニャッツボン。“つどえ、ねこ好き” と書いてあります。ねこさん用の食べ物ではなく、ねこ好きが口にする食べ物のようです。 ふむふむ。 香ばしピーナッツクランチ? 飴のようですが、食べてみるとサクサクしていて美味しい。 ピーナッツ…

ねこの歌

現在、病気療養中のポにゃちゃん。 「病と闘ったるにゃ!」 噛み付いて、引っ掻いて… 病をやっつけるのに必死になったポにゃちゃん、身体がからまる。「…失敗にゃ…」 足が変な所から出ちゃっています。 気を取り直し今度はお歌を歌って、元気を出すことにし…

ポにゃちゃんの様子

病気になってしまったポにゃちゃん。 現在は自宅療養中です。 腎臓の薬に加え、てんかんの発作を抑える薬など、人間と同じく年齢に応じて服用する薬が増えてきました。 薬を飲んでいてもてんかんの発作が出てしまうと、心配で外出もままなりません。 今は実…

ねこさんと楽しく遊ぶ

“おもちゃを単調に動かしていると、ねこさんは遊んでくれない場合があります” ねこさんについてのお勉強に、余念がないパゴロウさん。 全ての事において、事前に学習しておきたいタイプです。 「ふむふむ、ねこさんと遊ぶのも意外と奥深いんだなぁ」 「おも…

ねこさんと傘

傘を干していると 傘の下に入ってくるねこさん傘が濡れているから 干しているのに… ねこさん、濡れてもいいの? 他のねこさんたちも傘の下に 入り込むものなのか…検索してみると「ほほう、なるほど」 他のお宅のねこさんの中にも 傘の下に入り込んでくる子が…

ねこさんの寝床

“ねこさんは、寝床を変えることがよくあります。自分用のベッド以外にも、飼い主さんの近くで眠ったり、お気に入りのクッションの上で眠ったりしています。ねこさんの姿が見えなくて探していると、意外な所で眠っていることがあるかもしれません” 「へぇ。何…

ねこさん、起きろとせっつく

“ねこさんはお腹が減った、甘えっ子したい、一緒に遊ぼ~等と思った時には、疲れてぐっすり眠っている飼い主さんを意地でも起こそうと企む生き物です” 「えー、ホントかなぁ?」 パゴロウさんは今日も、いつかねこさんと仲良くなるため、猫の本を読んで勉強…

世界一大きいねこ・小さいねこ

動物園で赤ちゃんが生まれた時に 「可愛い~、天使だ☆」 と話題になった世界最小級として 有名なスナネコさん。 でも世界で一番小さなやまねこさんは クロアシネコというねこさんだそうです。 日本の動物園にはいません。 あんよの裏が黒いからクロアシ。 体…

色のある世界

「少しイヤなことがあった…」 ねこさんの本を取り出しながら、パゴロウさんは顔を曇らせています。 どうやらどんより気分を変えるため、本に熱中することにしたようです。「ふぅ~」 ボクはストレスに弱いタイプだから人によっては、何とも思わないような些…

年賀状

楽しかったクリスマスが、終わってしまいました。 日本ではやはりそんな感傷に浸る間もなく、早速お正月に向けて準備を開始します。 ポ村の人々もお正月飾りを購入したり、おせち用の食材を買ったりと、年末迄に色々と買い揃えています。 ポ村の住民の中には…

ねこさんたちに癒やしを

「ねこさんはいつものんきで良いね」 そんなことを言われがちなねこさん。 「全く、うちのねこさんはいつまでも、子どもみたいなんだから」 そんなことも言われがちなねこさん。 でもねこさんたちはねこさんたちで、おうちの人の面倒をみてあげているつもり…

ねこさんとの柿の木

実家に住んでいた頃、上の階から大量の水が降ってきました。 それはもうびっしょびしょの、水浸しになるくらい… 「どうしてくれんの?これ…」 どうやら水道管が壊れてしまったようです。 家の床がどんどん水浸しになっていくのを、ただ黙って見つめているし…