マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

インフルエンザの時の市販薬の服用  その1

ゲホッゲホッ…

「ママァ。はやくかえりたいよぉ」



「そうね。
今日は早く帰りましょうね」



熱で苦しそうな5歳の一人息子を、心配している母親のフェレさん。



(とにかく今日は早く帰って、寝かせてあげよう)




今から2時間ほど前の夕刻すぎ。



フェレさんは体調が悪そうな息子を連れ、慌てて予約を入れてから病院に駆け込みました。



そしてインフルエンザとの診断を受ける。



しかし病院を出た時にはもう、薬局は閉まっている時間になっていました。



「もう薬を受け取りにはいけなさそう…」



まだ5歳の息子もつらそうにしているし、何より早く帰りたがっている。



「家に市販のお薬があったはずよね。

いざとなったらそれを飲ませましょう」



そう考えたフェレさんは、家に帰ることにしました。

f:id:maricats:20210227005022j:plain

「まゆさんこの携帯電話…

なんだか調子が悪いみたいなんですよね」



「あたしが代わりにみておきましょうか?」


マメチュー先生の携帯電話の調子が悪いらしく、チェックしていたまゆさん。



その携帯電話は、患者さんからの問い合わせにいつでも対応するため、マメチュー先生が常に持参しているものです。



休日・夜の遅い時間でも、電話が鳴ったら即対応。




携帯を預かったはいいものの、結局自分だけでは対処出来なかったまゆさんは、役場の携帯に詳しい人に確認してもらいに来ました。



「大丈夫そうですか?」



「ん~…うん!

もう問題なく使用出来ると思いますよ」




「さすがっ!
ありがとうございます」



「そうだ、まゆさん」


「はい?」



こちらがお礼をするべきなのに、役場の方がDVDを貸してくれました。



タイトル
“次々に訪れるミステリー”
まゆさんはミステリー好きです。



「わぁ、やったぁ。

遅い時間に余計なことして貰っちゃったのに…

今度しっかりお礼しますね」



現在時刻は21時すぎ。



お役所にも残業はあるようです。


一方マメチュー先生の薬局はとっくに閉店。


「役所と一緒で残業はしてるかもだけど…

携帯返すのは明日にしよう。

そんで今日はさっさと帰って、たっぷりDVDを楽しもう」



嬉しそうに帰ろうとしたところ、村長に呼び止められてしまうまゆさん。

f:id:maricats:20210227005100j:plain

(そ、村長…いつから?)



「携帯直って良かったですね。

お仕事の方はどうですか?

お薬の勉強はしていますか?」



村長はまゆさんたち医療従事者に、マメチュー先生のようになって貰いたいため、日頃から色々と気にしているようです。



「えっええ…はい。順調です。

ポ村の住民のために頑張ります」



「マメチュー先生は大変ですね。

閉店後だろうと休日だろうと、患者さんの対応をしなくてはならなくて」



村長は携帯電話を眺めながら呟いています。



「あぁ、携帯。そうですねぇ」



「明日マメチュー先生に用事があるので、お渡ししておきましょうか?」



「いえ、患者さんからかかってきたら、対応しなくてはならないので」



トゥルルルルルッ


「ぎゃっ!」


噂の携帯電話が突然鳴り出す。



「まゆさん、患者さんからですか?

夜遅いのに…」



まゆさんは驚きつつも、冷静に電話にでる。



「マメクスリカフェの薬剤師まゆと申します。

本日はわたくしが対応させて頂きます」



どうやら電話の主はたまにポ村にやって来て、マメチュー先生の薬を貰いに来る若いお母さんのようです。


一人息子が高熱を出しているとのこと。



聞き耳を絶てていた村長は、事情を聞いて慌てます。



「高熱?幼い子が?大丈夫ですか?

マメチュー先生がいないというのに」


心配で仕方のない村長は、訴えるようにまゆさんを揺さぶります。

f:id:maricats:20210227005700j:plain

「こんな時間に電話をしてくるなんて…

そうとう重症なのでは?

そうだ、私がかわりましょう」



「ええっ!?」



まゆさんから携帯を奪うようにして、電話に出る村長。



「もしもし、お電話代わりました。

ポ村の村長です」




「はい?村長さん…ですか?」



「はいそうです。村長です」



まゆさんはそんな村長から、携帯を奪い返します。



「いや、村長。
携帯をこちらへ」



「え?だってまゆさん…」



そして落ち着いた声で村長に声掛け。



「村長、いったん落ち着いて下さい」



「でっ…でもでもでも」




電話の相手は一人息子の熱が急激に上がり、苦しそうにしていると訴えていました。



医師にはインフルエンザと診断されたらしい。



夜中に子どものことが心配で、不安な気持ちを隠し切れない様子の母親。



“このままだとうちの子死んじゃうかもしれない”



電話口で、か細い声で呟くのが聞こえる。



少しパニックを起こしているようです。



何しろ村長も今はかろうじて冷静でいるようつとめているみたいですが、やはりちょっとパニック気味。


それでも聞き耳は立て続けています。



パニックを起こしてしまうくらい、子どものことが心配な母。



大事な一人息子なのですから、母親としては当然の心理です。



【季節性インフルエンザ】

感染者約1000万人

死亡者約1万人



「今、市販のお薬を飲ませようと思っていて…

飲ませてあげた方が良いわよね?」




「まゆさん、早くお子さんにお薬を飲ませてあげるよう伝えましょう」



「村長、落ち着きましょうって」


次回へ続きます

レインブーツ

足元を誰かに攻撃されている。


さっきからずっと…


しつこいよ。誰なの?

f:id:maricats:20210130220801j:plain

レインブーツの固い履き口が、足をえぐってきています。


「やめて下さい。ホントに」


この日は雨の中30分以上かけて、携帯ショップに向かっていました。


いつもは長靴が直接足に当たらないように、タイツや長めの靴下を履いているのですが、この日は何故か短い靴下を履いて外出してしまう。



すると外出して比較的すぐ、足の痛みを感じました。



携帯ショップまで長い道のり。


地獄時間の始まりです。


永遠に足をえぐってくる長靴。



いつものように痛みを我慢し、無心で歩き続けます。



そして携帯ショップでの長い待ち時間。



やっぱり次第に痛む足が、気になってきました。


すでに傷になっている足に、長靴の履き口が触れないよう工夫しても、何故だか足に纏わり付いてくる。


f:id:maricats:20210130220844j:plain

再び雨の日。


今度は長靴のヤツにやられないように、しっかり長めの靴下を装着します。


f:id:maricats:20210130220931j:plain

購入してからそんなに履いていないのに、長靴の底がほんのり割れている。


わたくしが思いきり踏み付けたからでしょうか?



見た目では気付かないくらいの小さな傷ですが、雨が降っていたら勿論、そこから雨水が長靴の中に入ってきてしまいます。



そして足ビチョビチョ…


やられたらやり返した結果。



長靴との関係がギスギスしてしまいました。

靴ずれ・水ぶくれ

真夜中。


ヒタヒタと向こうから、裸足で女?のようなものが歩いてくる。

f:id:maricats:20210130164740j:plain

“妖怪裸足歩き”


出会ってしまっても何かしてくるわけではありませんが、出会わない方がいいのは確かです。



靴が足に合わず激痛を味わうことになった、なんて話を前回書きました。


この日の夜もあまりに足が痛くて我慢できず、家にほど近いひと気のない場所で、靴を脱いでしまいました。


今回はそれよりも更に古い、ハタチ前後の頃のお話。



今となってはもうどうでもいいのですが、若い頃というのはやはり“短い足を長く見せたい”そんな風に思ったりするもの。



そのため少し高めのヒールの靴に憧れる。



とは言え毎度のことですが、その手の靴はポいもの足には全く合いません。


なのであらかじめ足がボロボロになることを覚悟して、高めのヒールの靴を履きます。



覚悟はしているのですが、それにしてもやはり痛い…



足に靴が合っていないと言うことに加え、歩き方も悪い。


更に普段あまり歩かないからか、足の裏が柔らかくすぐ靴ずれ・水ぶくれが出来てしまう。

f:id:maricats:20210130164837j:plain

ある日の夜。


遊びに行った帰り、友人と共に自転車で実家の前に辿り着く。



その時はすでに足の裏の皮は両足とも大きく剥がれ、酷い状態でした。



もう一歩も歩けない。


たまたまこの日は最寄り駅に自転車を置いていたので、自宅までは自転車でスムーズに帰れました。


ただ自転車を降りようとしたときに、足の裏の皮が靴に引っ張られた為か激痛が走り、痛みで着地することが出来ず…


なんとそのまま後ろにひっくり返り、頭から壁に激突。



“ゴーーーンッッッ!!”



除夜の鐘のように夜中に響き渡る激突音。



自宅で寝ていた母にも聞こえたそうです…



頭をしこたま打ち付け、引っくり返っているポいもを友人は青ざめた顔で見下ろしている…



“大丈夫?”
くらい声掛けてくれんもんなのかな?


と思いながら起き上がると、ようやく友人が口を開きました。




「ホントに…
死んだかと思った」




まぁ確かに頭は腫れ上がり痛みもあったため、眠るときは打ち付けた部分と反対側を下にして眠りましたが…



でもポいも的には足が痛い。
ヒリヒリして痛い。


f:id:maricats:20210126223425j:plain

【靴ずれ】
患部は洗浄し清潔にしましょう。


傷口は靴擦れ用の絆創膏などで乾燥させないようにし、湿潤療法を行いましょう。

(詳しくは記事「湿潤療法」を参照)


【水ぶくれ】
決して潰してはいけません。
決して…


潰してしまうと細菌が入り込んだりして、治りが遅くなってしまいます。

f:id:maricats:20210130164935j:plain

我慢できずにつぶしてしまった場合は、殺菌・消毒・鎮痛効果のある軟膏を使用しましょう。



化膿してしまった場合は、抗生剤を使用して下さい。


【応急処置】
出先で靴擦れをおこしてしまった場合は、ワセリンやリップクリーム・ハンドクリームを塗ると摩擦を減らせますよ。


“小料理屋三すくみ”の店主
フロ次さんのガマの油でも、効果があるかと思います。

貧乏人、靴のサイズに困る

f:id:maricats:20210130015928j:plain

青のうちに信号を渡ろうと走り出したら、履いていた靴がポーンと脱げました。


シンデレラ的な内容の少女漫画なら素敵フェイスな、カッコよ男子が現れて颯爽と拾ってくれたりするんだろうか… 
 


でも中敷きが飛び散っている靴を拾われても、リアクションしにくいので、ほっといて貰って全然よかったんですけれど…

 


自由を得ようとポいもの足から飛び去っていった、ローヒールのパンプス。



Sサイズを購入したのに、ポいもの足にはぶかぶかだったパンプス。



なので中敷きをありったけ入れておいたのに、あのざま…



平均的なサイズではないせいか、いつも欲しい靴のサイズはありません。



22.5センチを購入しても、つま先がブカブカしてしまう位、足がちんちくりんです。


とは言えオーダーメイドで靴をこさえて貰えるほど、金持ちではございません。



やはり靴の選び方を、工夫しなくてはならないのでしょうか?



ポいもは親指が一番大きい“エジプト型”というタイプみたいなので、親指を圧迫しにくい靴が良いらしいです。



確かに親指から小指までの幅が広いみたいで、踵とつま先の長さに合う靴を優先して選ぶと、指が圧迫されてとても痛くなる…


でも指が圧迫されない靴は、ブカブカ。



靴を選ぶのが憂鬱になります。



そんなポいもに可愛らしい店員さんが、足をじっと見てから言う。

「…お客様はお足が、お小さくていらっしゃいますね」


履きたいと思った靴を持ってきて貰うのが、ちょっと恥ずかしくなります。





気付くと、家には履きやすいブーツやスニーカーばかり…


でもいいんです。


「靴は履きやすいのが一番。

災害に巻き込まれて歩いて帰らなければならないときでも、比較的楽に帰れるんだから…」




ある日、親戚の結婚式に呼ばれる。



「靴…ない…」



ヨボヨボしながら、靴を買いにデパートに向かいました。




そこで応対してくれたのは、ベテラン老執事風の店員さん。



選んだのは7~8㎝くらいのパンプス。


明らかにブカブカなのですが、それ以上小さいサイズの靴はありません。



ポいもの執事は一生懸命、中敷きを調節してくれました。


ただその分、何度も店内を歩かされる。


そして靴のブカブカ具合を見ながら、中敷きを半分に切ったりとかしながら少しずつ調節していく。


f:id:maricats:20210130020026j:plain

内心“もういいよ”と思いつつ、一生懸命してくれている執事が満足いくまで調節作業に付き合いました。




そんなこんなでようやく購入出来たパンプス。

ポいももご満悦です。


しかし…




「痛あぁぁぁぁっ」



結婚式当日、足激痛。


あんなに店内を歩き回って調節したのに、結局足に全然合っていなかったようです。



何となくは気付いてました。



新しい靴に足を慣らそうと思って、家の中で改めて履いてみたときに、気付いてしまっていました。


(でも買っちゃったし、一日くらい大丈夫だよね?)


その考えが甘かった…



いってええぇぇっ


無理~~~!!!


痛すぎるっ!


歩くどころか、立っている事も出来ないっ!





結婚式の最中、パンプス脱ぐ。




ドレス来てスニーカーを履くにんげん。


最悪です。




初対面の花婿さんに、心配されてしまうという失態…!!



申し訳ない話です。



プロの方に見立てて貰って、調節もして貰ったのに…


ダメでしたね~。



以来そのパンプスを見かけることは、二度とありませんでした。


ごめんなさい、パンプスさん。
さようなら。

体幹を鍛えるきっかけ

セルフケアのために体幹を鍛えている方は、老若男女問わず多いでしょう。



ポ村でもセルフメディケーションを推奨している村長の影響で、体を動かしている住民は多いみたいです。




そんなポ村をUSAさんが颯爽と歩いています。



1年ほど履いているお気に入りの靴を履いて、何だかおすまし顔で歩いています。


f:id:maricats:20210128201411j:plain

「やだ、なに…?」



USAさんのお気に入りの靴の底がパコンと、剥がれてしまいました…

f:id:maricats:20210125212859j:plain

「ねぇねぇっ!まゆちゃん!
あたしまだこの靴、一年くらいしか履いてないのよ」


「それはお気の毒さま…」



「そういえばあたし、靴ってよく壊すのよね」


「ふうん。
アウトレットのお手頃価格の靴を買ったときは、壊れたこともあるけど…」



「もうっ。
靴が壊れた時って、なんでこんなに恥ずかしいの?

はとバスツアーで泊まった宿で、浴場と間違えて裸で外に出ちゃった時と同じくらい恥ずかしい。

そのとき同じはとバスツアーのお客さんのおっちゃんと目が合っちゃってさ…

ん~もうっ、それと同じくらい恥ずかしい!

次の日も一緒にツアー回らなきゃいけなくって、ホントも~さぁ。

ねぇ、まゆちゃんっ!」



「へぇへぇ。

でも靴壊した時も、USAったら気取って歩いてたんだろうなぁ」


「そうよっ。 
気取って歩いてたのよ。

だからこそ恥ずかしいのよぉっ!

なのに壊れた靴底が必要以上にパコンパコンと音を立てて、付いてくるんだもの」




USAさんは憎々しげに靴底を見つめています。


「なんかこの靴底。

踵の部分がやけに減ってる…」



「体、歪んでんじゃないの?」


「ひょっとしたら、それが靴が劣化しやすい原因なのかしら?」


「ちょっと体、鍛えてみたら?」



「うん。そうしてみる」


USAさん、体幹トレーニングをはじめる事にしました。

f:id:maricats:20210128201513j:plain

「ねぇまゆちゃん。

あたし靴底の踵部分減らなくなってきた。

実感無いけど、トレーニングの効果出てるのかな?」



「そらよかった。
トレーニングする甲斐あったじゃん」

f:id:maricats:20210128201612j:plain

USAさんの靴は、壊れる運命のようです。


単純に安物なのが原因かしら…?

初めてのボクのペット

「パゴロウさん、今日もお疲れさまでした」


「マメチュー先生、お疲れさまでした」


パゴロウさんは仕事を終え、急いで帰宅の準備。



どうしたんだろう。


今日は何だか、早くうちに帰りたくなってる。



まだうちにいるかな?


いるよね?


パゴロウさんは、昨日からペットを飼い始めました。


そのペットの存在が今、すごく気になっています。


ごはんって何を食べるんだろう。



パゴロウさんが飼うことにしたペットは、突然家に現れた初めて見る不思議な生物でした。


そうだっ。

名前も決めてあげなくちゃ。


フフ。


どんな名前にしよう。


性別ってあるのかな?


今時のペットの名前…スイーツ系とか?



つぶらな瞳で、こちらを見つめてくるあの生物。


思い出すだけでほっこりする。


そして癒されている気もする。


生き物を飼うってこんな感じなんだ。



ペットを飼うといっても、突然家に現れた謎の生物との同居。



ひょっとしたらその謎の生物は、飼ってはいけない野生生物かもしれない。


細菌を保有していて感染する可能性があるから、触ってはいけない生物かもしれない。


それなのにそんなことは全く考えず…

謎の生物に恐怖を抱くことも無く、パゴロウさんはペットとして飼うことにしたようです。



ねこさんを飼っている人はこんな風にねこさんに癒されて、リラックスしてたんだろうなぁ。


………。



「わっ!!にゃこさん!」


帰宅を急いでいたはずのパゴロウさんは、途中で考え事に耽ってしまい、本日もこっそり薬局内に潜んでいたにゃこさんに、遭遇してしまいました。

f:id:maricats:20210107151207j:plain

見つかってしまったにゃこさんは、少し動揺をしたものの何事も無かったかのように、薬局を出ていきました。



どうやらにゃこさんも、まゆさんが待つおうちに帰る時間だったようです。


やっぱりまだねこさんが急に出て来ると、驚いてしまいます。


「パゴロウさん、大丈夫ですか?」


「すいません、大丈夫です。
ではお先に失礼します」



にゃこさんの姿が見えなくなったのを確認し、急ぎ足で帰路につくパゴロウさん。


あの不思議な生物と仲良くなれれば、ねこさんの扱いも上手くなれたりするのかな?



“にゃこさんは確か、セラピーキャットとして働いているんだよね”

f:id:maricats:20210107151237j:plain

動物の癒しのパワーによって、薬や手術では回復させる事が困難だった病気も、回復に向かわせる事が出来るという。


癒しのチカラで…



癒される、それってこんなあったかい気持ちになることなの?


おうちで誰かがボクを待っている、それを考えただけで心が暖かくなってくる。


そしてササさんやあの生物のために、元気で働かなくちゃと思う。


ボクだけじゃ無く、癒しを欲している人が他にもいるのなら、みんなを癒してあげて欲しいなぁ…

f:id:maricats:20210106000926j:plain

パゴロウさんは足早に歩いていたので、いつもより早く自宅に到着。


あの子、いるかな?いるよね?


「ただいまっ」

いたっ!!


ササさんにしがみついて、こちらを見ています。


何だかすごく安心しました。


まだうちにいてくれている。



とは言え昨日の今日なので、お互いほんのり距離はあります。


不思議な生物はこちらを見ているけれど、もちろんお出迎えまではしてくれません。



コミュニケーション能力は、どんな相手に対しても大切なんだなぁ。



相手に心を開いて貰うのは大事。

そして何より自分から心を開くのも大事。



いつか玄関までお見送りやお出迎えとか…

してくれたら嬉しいな。


不思議な生物の様子を見ると、相変わらずただそこに佇んで、こちらを見ています。



何だかクモみたいだなぁ。


都会に住んでいた頃よりは、ポ村に住むようになってからの方が、家の中で生き物を見かけることが多くなりました。


特にクモを見かけます。


害虫を食べに来てくれているのかな?

そう思うと比較的サイズが小さかった事もあり、無理に追い出すことはしませんでした。



傍から見ていると壁にくっ付いて、ボンヤリとしているように見える。


ボクの家で、寛いでいるように見えるクモたち。


それなのにクモに少しでも近寄ると、逃げて行ってしまう。


同居するのは良くても、近寄られるのは嫌。

そんな感じです。

f:id:maricats:20210107151341j:plain

今の所ボクと不思議な生物との関係は、クモとの関係に近いのかもしれない。


ねこさんの本にも、無理にねこと距離を詰めてはいけないと書いてあった気がする。


だから今はまだ無理に距離を詰めない方が、いい時期なのだと思います。


とりあえずお互いを知ることから、のんびりと始めようかな…

不思議な生物

時折パゴロウさんは、ホームシックにかかります。


大学を卒業してからはポ村に引っ越し、初めての一人暮らし。


お仕事やお勉強で忙しいという以外にも、最近は新型の感染症が流行しているせいで、実家にはあまり帰れていません。


いつでも帰れると思っていた場所が、なかなか帰ることの出来ない場所になると、やはり恋しくなってしまいます。

f:id:maricats:20210107002627j:plain

そんな時、ふと思い出すCMがあります。


うがい薬のCMに出ていたカバさん。


とってもほっこりするキャラクターです。


「あのカバさんが、家でこたつに入ってボクの帰りを待っていてくれたら…」


“ただいま”

“おかえり”

なんて…


そしたら寂しくないんだろうなぁ。


きっととても、あったかい気持ちになると思います。



「あれ?」


休日の今日は、午後からお勉強をしていたパゴロウさん。



何となく違和感を覚えました。


「このボールペン、こんな所に置いたかな?」



この所パゴロウさんは、感じていた事があります。


「やっぱり…」


ここ最近、家の中の小物が動いている気がする。



盗られてはいないと思います。


ただ、動いている。



ペン立てに置いておいたはずのボールペンが、机の上にある。


机の上に置いておいたはずのリモコンが、床の上にある。


床に置いておいたクッションも…
何だか動いている気がする…



これは怖い話なのかな?


カバさんがお留守番をしていてくれたら、真相を聞けるのに…
なんて考える。


ポルターガイスト?

それとも泥棒?

f:id:maricats:20210107002714j:plain

盗むようなものはうちには無いし、そもそも何も盗まれてはいない。


生きている者の仕業でも、そうでは無くても気味が悪いです。



写真を撮って小物がホントに動いているかどうか、確認してみようかな?


ファサッ

「ん?」

ファサササッ


なんの音?


………ひょっとして、小物を動かしている犯人?



一応、身を守るものがないか見回してみます。


(傘とかどうかな?)

f:id:maricats:20210107002736j:plain

「あっねぇササさん。
何か見なかった?」


パゴロウさんが育てている笹のササさんが、ファサファサと揺れる。


「んん?」


ササの鉢植えに………
何が置いてある。



あれは、何だろう。



鉢植えから何かが出て来ました。


小さくて不思議なフォルムの…
おもちゃ??


その不思議な何か…

身体はつるっとしており、頭にはモサッとした毛のようなものが生えていました。

f:id:maricats:20210107002759j:plain

これ、何だろう。


目がバッチリ合っているように見える。


そして動いているように見える。


生き物?
見たこと無いけど…


ボクが知らないだけで、ポ村ではメジャーな生き物なのかもしれません。



初めて見る。
けれど怖くはありません。


むしろその不思議な生物を見ていると、ほっこりした気持ちになります。


まるであのCMのカバさんのようです。


目を合わせていても、全然怖くありません。



当たり前みたいにそこに佇んでいる、初対面の生き物。


こちらが見つめると、向こうも見つめてきます。



実はパゴロウさんはねこさんの目だけではなく、人間の目を見つめるのも苦手です。


でもこの生物となら目を合わせていても、平気でした。


つぶらな瞳で、こちらをまっすぐに見てきます。


向こうもボクを、怖がってはいないみたいです。


「ササさんと一緒にいると落ち着くの?」


「………」


不思議な生物は話しかけても、つぶらな瞳でただ黙ってこちらを見つめてきます。


この子が小物を動かしていた犯人?
触ってみたかったの?


言葉は分からないのかな?


それともやっぱり、警戒されている?


でも、可愛いかも…

すごく可愛いかも!







突然ですがボク、パゴロウは不思議な生物と今日から一緒に住むことになりました。