マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

パティスリーマルズ

森の中に佇むのは、まるで生クリームみたいなパティシエ・マルズさんが営むスイーツショップ。

f:id:maricats:20191114162336j:image

 

ナッツやフルーツ、野菜等を使用したケーキを中心に扱っています。
f:id:maricats:20191114162341j:image

 

もうすぐ、営業終了の時間。ケーキはもうあと一つで完売です。
f:id:maricats:20191114162350j:image

マルズでお手伝いをしているりーちゃんとドングリさんは、一日働いて空腹状態。

そんな二人にマルズさんは、優しく語りかけます。

 

「あと5分我慢してね。そしたら余ったケーキ食べて良いからね」

 

「あい!りーちゃんガマンするです」

 

既に同じケーキを食べていたキノコさん。

「ケーキ、美味しかったわよ。とっても」

 

「あと、あと4分30秒!」

 

チリン、チリリリン


f:id:maricats:20191114162346j:image
f:id:maricats:20191114162332j:image

 

「いっ、いらっしゃ…ませっ。うぅ、うえぇんっ」

 

「えぇ~?うれし泣きじゃないよね。買っちゃダメだった?」

 

りーちゃんは、一生懸命歯を食いしばって、涙を我慢します。

 

「お買い上げ…ありがと…ざいますうぅ」

 

気持ち良くケーキを買う事が出来ない店、パティスリーマルズ。

 

USAはカウンターに置いてある瓶に気付く。

「これっててんまちゃんのハチミツ?」

 

去年りーちゃんがてんまに貰い、しばらく使っていなかったハチミツ。

 

「りーちゃん、パンケーキ作ったら食べる?ハチミツのっけて」

 

まだグズグズ泣いているりーちゃんの為に、パンケーキを作ってくれるというマルズさん。


f:id:maricats:20191114162325j:image

 

ただケーキを買いに来ただけのUSAだが、何となく申し訳ない気持ちがあったため、ハチミツの瓶を開けてあげることにする。

 

「え?何これ?!かったっ!ケンシロウ用?」
(無理!手痛い…)

 

りーちゃんに瓶を返そうとするUSAだが、期待に胸を膨らませた幼き瞳が、こちらを見ている事に気付く。

(やっばっ)

「ちょっと、ちょっと待っててね」

 

調剤事務員。人々を助けるお仕事をしているUSA。

“いつもありがとう。貴方の笑顔に癒されるわ”

そんな一言がやる気につながる。

喜んでもらいたい。

人の助けになりたい。


「く~~~~~!!!」
(手があぁぁぁ~!)


(あたし・客。ねぇねぇマメチュー先生。血管切れたら死にますか?死ぬの?どうなの?こんな状況なのにすっごくスマホで調べたい。でもキラキラお目々で見つめられているあたし。でもケンシロウではないあたし。)

“開けられないっっ!”

 

そっと助け船を出してくれたキノコさん。


f:id:maricats:20191114162321j:image

 

キノコさんからのアドバイス。

 

冷蔵庫で保存していたから、瓶の蓋が収縮してかたくなってしまったのね。

 

ハチミツやジャムは、糖分粘度が高いから瓶の縁につくと、カチカチにかたまってしまうの。

 

普段から使うたびに、汚れないよう拭いてからしまうと、かたくなるのを防げるわよ。

 

私ももうおばあさんで、開かなくなったら困るから、キチンと綺麗にしてるのよ。

 

とりあえず、蓋を温めてみましょう。

それでも開かないなら、ゴム手袋をしてから開けてみると良いわよ。

 

マルズさんの小さな手袋を借りて、“キツくて血、止まらないカナ?”なんて思いながら瓶を開けてみるUSA。


f:id:maricats:20191114162328j:image

 

「おいし~」

嬉しそうにハチミツののった、ほうれん草入りパンケーキを食べるりーちゃん。

 

とりあえず、血管切れて死ぬことがなかったUSA。

無事、蓋をあけられて一安心。

 

「りーちゃん、このケーキ半分こしない?」

 

「しない」

 

「冷たっ。」

 

りーちゃんからはやる気につながる一言は、貰えないUSAさんでした。

養蜂家てんまさん

薬剤師をするかたわら、ミツバチさんたちを育てているてんまさん。

 

f:id:maricats:20191113184554j:image

 

ファミリーで暮らす社会性昆虫の、ミツバチたち。

 朝起きたら「おはよー」とか家族でいうてる。

きっとそう。

 

日がな一日、ボーッとしている虫とは生き方がだいぶ違います。

“チョウバエ”(モコついた体の小さき虫)とかさ。 排水回りでいつも何してるんですかね。 トイレ・風呂場でぼんやりしているようにしか見えません。

 

一方、ミツバチの女子は赤ちゃんや、おうちでゴロゴロしている男子たちに、ご飯を食べさせる日々。


f:id:maricats:20191113184558j:image

そして、おうちの修復までこなします。

 

ケイヒさんが育てている、農作物の受粉もしてくれています。

 

西洋ではマルハナバチという蜂も、愛されているそうです。

喜びの感情もあるし、人に懐くとも言われています。

てんまさんも、ミツバチさんたちとは仲良し。

一緒に蜜源を探しに行きます。

そしてついつまみ食い、井戸端会議が始まります。


f:id:maricats:20191113184616j:image

 

「うちの男たちってホント役立たずよね」

女子会でストレス発散。

「蝶々なんてあたしたちと違って、自分の分だけ食べてれば良いのよ」

「良いわよね、楽で」

「なのにずんぐりむっくりしてないのよね~」

「羨ましわよ、美しくて」

「花たちには“止まれよ、遊べよ♪”なんて言われてさ」


f:id:maricats:20191113184551j:image

 

「あたしたちなんて、“池の回りに花が咲いた”って知らされるだけよ」

 

「失礼しちゃうわ」

 

「誰も取り合ってくれないの」

 

ミツバチさんたちのお話に花が咲きすぎたので、てんまさんはお仕事再開を促します。

 

「そろそろ他のお花探そう?」

 

「うん?お花?」

 


f:id:maricats:20191113184608j:image

みんなが走って行った先には、小さな池がありました。

その回りにはたくさんのお花。

蜜源発見です。


f:id:maricats:20191113184601j:image

「まぁ、うちの赤ちゃんたちの喜ぶわ!」

「やっぱり一人で暮らすなんて寂しいだけよね」


f:id:maricats:20191113184604j:image

ミツバチの皆さんが苦労して作って下さる、美味しい蜂蜜。

自分の健康は、自分で管理する“セルフメディケーション”を行うには最適。
栄養たっぷり・副作用の無いお薬のような食材です。

 

蜂蜜の栄養を摂取するには、非加熱の純粋蜂蜜を購入しましょう。

・美肌、保湿効果
・疲労回復
・動脈硬化予防
・整腸作用

等々、蜂蜜には様々な効能があります。

特に有名なのが、殺菌・抗炎症作用。
消毒や、ヤケド、口内炎に効果があります。

のど飴にもハチミツ味は用いられ、ノドの痛みにもよく効きます。

 

注)
但し、一歳未満の赤んぼさんにはあげてはいけません。

ボツリヌス菌に対応出来ず、乳児ボツリヌス症を発症してしまう可能性があるためです。

症状が重篤な場合は、死亡例もあります。

 

猫ノミ

人に思わず見せたくなる・知らせたくなるけど、実際にはしないこと。

ゴッソリと耳くそが取れた時。

ゴッソリとヘソのゴマが取れた時。

でも決して、見せません。

万が一、人にそんなものを見せられる立場になろうものなら……

そんなことしてくる奴ぁ、完全体の変質者ですよ。それが分かるので見せません。

でもなんかよく分かんないですけど……

大きな耳くそとか取れるとですね。
人に見せたくなるですよ。

そしてなんかスッキリして、ストレスが無くなる気さえするのです。

更に気持ちが良いといえば、大きなノミが取れた時。

f:id:maricats:20191112184844j:image

 

あるノミの一族が、ぽんちゃんの体をおうちにしてしまっているようです。

近所にある猫屋敷の猫さんたちから、うつされたのかも知れません。

なので猫クシを使って、ノミ退治開始!


f:id:maricats:20191112184819j:image

 

さっそくぽんちゃん「おこ」です。
f:id:maricats:20191112184808j:image

そうですか、キモいですか。

そしてやっぱりクシ嫌いですか。

でもノミ取りたいんです。
とっても取りたい!


ノミが取れると、スッキリして気持ちが良いんですものっ。


なのでぽんちゃんが、クシを握りしめて近付いてくるキモいババアの存在を忘れ、落ち着くのを待ちます。

ぽんちゃんによる引っかき傷の治りも、お年頃のせいで遅くなって来てますのでね。


f:id:maricats:20191112184812j:image

ノミ、ノミ、ノミっ!

f:id:maricats:20191112184826j:image

捕まえられたノミの末路。
f:id:maricats:20191112184840j:image

こんな極悪非道な事をしているのに、いっぺんに2~3匹捕まえられるとスカッとしてしまう!

逃げられる前に、セロテープ内に封印せねば!

そんな事しか頭にありません!

でもぽんちゃん、ご機嫌ナナメでノミを取らせてくれない。

そこでぽんちゃんのご機嫌が、治るのを待てないという時は……


f:id:maricats:20191112184836j:image

 

無趣味な人間に、「ノミを取ってその捕まえたノミを眺める」という趣味が出来る。

酷い趣味だよ。

ごめんね。

ノミたち。


f:id:maricats:20191112184832j:image

 

そんなノミババアに、日々狩られているというのに、クシだけでは何とか出来るレベルではない位、ノミが増殖!

ぽんちゃん貧血になっちゃうかもっ!

ノミ退治薬投入!

ぽんちゃんのお口が届かない所へポツリと。


f:id:maricats:20191112184823j:image
f:id:maricats:20191112184816j:image

 

今度はぽんちゃんではなく、ポいもの体をエサにするノミたち。

自分の体に吸い付くノミたちを、退治する日々が始まってしまう。

ノミをクシでは無く手で、一匹ずつ捕まえる。

それでも大きめのノミは捕まえやすいのですが、小さきノミはスッゴク捕まえづらい……

 

なのにやたら、小さいノミばかりが自分の足にくっついてくる。

「何故だろう」

当時ネットで読んだ記事。

“まだ小さなコドモの猫ノミは、人間と猫の区別がつかない為、人間の血もご飯だと勘違いして食べにくる”

「ホントかね……?」

真偽のほどは分かりませんが、捕まえづらい小さなノミばかりに好まれたのは事実です。


f:id:maricats:20191112184804j:image

 

ノミに咬まれたときの対処法

咬まれた部分は、清潔にして下さい。

症状が軽い場合は、保冷剤で冷やすだけでも症状が軽くなります。

市販薬もありますが、重い症状の時は、あまり効果が期待出来ないと思います。

痕が残らないよう、すぐに皮膚科を受診して下さい。

そして処方して貰った抗菌薬を、咬まれた部分に塗布しましょう。

軽減税率制度

悪友USAと、お買い物に行っていたにゃこさんのお迎えに来ているまゆさん。

f:id:maricats:20191109134130j:image

 

2019/10/01からスタートした軽減税率制度。
今回は、その少し前のお話。


「何?その大荷物」

「買い溜めよ。消費税上がる前に」

「あ?安っぽいものばっかり買ってきて。その努力にみあう節約になんのかね?200円前後の商品を8%のうちに購入。それがいくら位の節約になるか分かってんの?10個買ったって大した額にならねぇじゃん。アンタの頬に塗ったくった紅の量を抑えた方が、よっぽど節約にならんかね?」


f:id:maricats:20191109134137j:image

 

「普段だってさ、割引になっている肉や野菜をさ。使いみちも決めて無い癖に買い込んで……んで、そのまま放置。やがて死んでしまった野菜たちの遺体を、キッチンにある霊安室に横たえる。どんどん変色していってもそのまんま。その繰り返し。完全無駄遣い。」
f:id:maricats:20191109134113j:image

 

「何のためにやってんの?その行為。結局その遺体だってさ、週2回ほどある火葬の日に荼毘に付すだけでしょ?」
f:id:maricats:20191109134126j:image

「ホントに節約したいならさ、家とか車とか“元々買う予定のあった”値の張るもんを購入するとかじゃないの?バカみたいにチープなもんばっかり買ったって。そういう奴をパンコツって言うんだよ!」 

「何?パンコツって」


「ポンコツの最上級なやつ。ようはお前はの事」
f:id:maricats:20191109134133j:image

「ひどっ。何よぉ!いいでしょお。みんなやってる事じゃない」

「“みんな”って言葉好きだよなぁ。お前は。だいたいこのサプリメント。わざわざ今買う必要無いし。」

「何でよー!人のやることいちいちケチつけるんだから!」

「教えてやってんの。軽減税率の対象となる商品知らないの?アンタが買ったこのサプリは食品」

「食品?!ホントだ!書いてある」

「要するに10/01を過ぎても8%のまま。買うならせめてさぁ。高めの医薬品とか、化粧品とか?それも元々ちゃんと使ってたものとかだけね?2%安いからって、普段使わないような高いものを買うのは全然節約にはならないからね?」

「……まゆちゃんって口うるさいよね…自分だってうるさく言われるの嫌いな癖に。凄い早口で言われても殆ど聞いてないからね?」


f:id:maricats:20191109134122j:image

 

「ちょっとちょっと!何取り出してんの?」

「いや、食べ物とか、絶対消費期限内に食べきれないでしょ。貰ってやる。はい、にゃこにもご飯~!あ~んしてぇ」

「アンタの顔には骨無いの?皮だけで出来てるからそんなにツラが厚いの?」


f:id:maricats:20191109134140j:image

 

二人をよそに、美味しそうにカリカリを食べるにゃこさん。

「……まゆちゃん、今食べちゃう?そうだっ!ねぇ今のうちにいっぱい外食しとかない?」

「だからそれがバカ」


f:id:maricats:20191109134119j:image

 

軽減税率対象品目
①飲食料品
②新聞

医薬品は分かりやすいと思いますが、医薬部外品(10%)と食品・清涼飲料水(8%)の違いは分かりづらいですかね?やっぱり。

購入の際はしっかり書いてあるハズなので、商品説明をしっかり読んでみましょう。

ちゃんと記載していないと、薬機法違反になりますからね。

ただの食品・清涼飲料水なのに医薬品であるかのような誇大広告をしてはいけないのです。

医薬品・医薬部外品の栄養ドリンクは薬成分の変質を防ぐ為、茶色の瓶に入っていることが多いです。

混同されやすいですが、エナジードリンク(レッドブル等)は清涼飲料水なので、消費税は8%のまま。

「猫さん、暑さ対策」で、チラッと出てきた経口補水液も8%です。いつ買っても8%!

「おしゃべりペリコとのど飴」という記事でも触れましたが、のど飴も食品と医薬品があります。

薬の成分を優先したい!
味を優先したい!

等、お買い求めの理由に合わせてしっかりチェックしてから、賢い皆さんは購入しましょう。

薬剤師、ポあね

ポあねは、病院薬剤師・調剤薬局の管理薬剤師(マメチュー先生と同様)を経て今は、派遣で薬剤師をやっています。

見かけが若いポあね。
調剤薬局で働いていた頃。

f:id:maricats:20191107194120j:image

 

MR(製薬企業の医薬品情報担当者)さんは、本部からヘルプで来ているおじさんを、薬局長だと思い込む。


門前の病院のお医者さまに、ご挨拶に伺った時も似たような勘違いをされたそうです。


近所の喫茶店でお勤めの、優しいおばあさんには、


f:id:maricats:20191107194116j:image

「まぁ、バイトしているのね」

「え…あ、はぁ」

薬剤師には見えないんですかね?

姉妹で出掛けていても、店員やら何やらに100%ポいもが姉だと思われる。
2択なのに100%!

っていうか、こっちが「どちらが姉でしょうか?」っていうクイズを出してから答えて?


いやいやでも、イライラする必要は、無いんです。

ポいもが老けているのではないんです。
ポあねが若いんです。

 

そんなポあねと一緒にいると、いつの間にか一人で歩いている事があります。


f:id:maricats:20191107194106j:image

 

下を向いてキョロキョロしている人に、声をかけるポあね。
「コンタクトですか?」

気付くと一緒に、落としてしまったらしいコンタクトを探していました。
もちろん小銭もよく一緒に拾ってあげています。

ポいもは、「盗む気では?!」と疑われたら困るので拾ってあげません。

 

職業柄なのか、他人には優しいポあねですが、身内…というかポいもには厳しく教育。

子供の頃から「何でもすぐ人に聞かないの!すぐ頼ろうとしないの!そんなんで一人きりになったらどうするの?」と言われて育ってきました。

だからポあねに頼る時は、ちょっとだけ小芝居をします。

握力の無いポいもは、瓶やらペットボトルのキャップやらを開ける事が不得意です。
(ポいもが一人で出来ること等そもそもこの世に一つも無いのです。残念なことです)
でもだからとてポあねにストレートに「開けて」とお願いしても開けてはくれません。


f:id:maricats:20191107194112j:image

自分の部屋で一人で開けてれば良いものを、わざわざポあねの前で必要以上に頑張る振りをします。
手を真っ赤っかにして、努力している風景を見て貰います。
そうすると…

「どれ、貸してごらん」

結局甘やかされています。
このブログの管理人もやって貰っています。
いつもお世話かけます。

 

夜11:00頃。
ポいもは、寝る準備。

一方ポあねは、誰かと電話でお話中。患者さんからでした。

管理薬剤師の頃は、患者さんからの薬の相談に24時間電話で対応していました。

でも患者さんの方は電話番の人とでも思っているのかの「いつも出るわね。電話の前で待っているの?」
と聞かれた事があるそうです。おそらくまた、薬剤師だとは思われなかったのでしょう。

 

それでも患者さんから感謝のお手紙を貰ったりすると、嬉しそうに報告してくれます。


f:id:maricats:20191107194109j:image

 

ポあねが病院薬剤師から、調剤薬局に転向した理由は、患者さんとより接したかったからだそうです。

教えてマメチュー先生!② 薬の廃棄方法

不安な気持ちから、つい色んな市販薬を購入してしまうケイヒさん。

1,2回使って、もしくは1回も使わないまま使用期限が過ぎてしまう薬。

f:id:maricats:20191106134359j:image

「この間ちょっと思ったんですけどね。いわゆるゴミ漁り婆さんとかが、何処かから現れて俺が捨てた期限切れの薬を飲んでしまうかもしれない。」

「ゴミ漁り婆さん……」


f:id:maricats:20191106134402j:image

 

「そんで婆さんがその薬のせいで具合が悪くなって。原因を探っていったら俺が不用意に捨てた薬のせいで。んでもって結局婆さんそのまま死んじゃって。俺は最終的に過失致死傷罪?だか不法投棄?だかなんかそんな罪に問われて逮捕。刑務所の中でむやみに薬を捨ててしまった俺は、一生婆さんを弔い続けながら……」

 

「そんなおばあさんはポ村にはいないと思いますよ」

「分からないじゃないすかっ!」


f:id:maricats:20191106134405j:image

お薬を処分する時は、容器から取り出して顆粒・カプセル・錠剤・軟膏は封筒に包んで処分します。
f:id:maricats:20191106134356j:image

 

貼り薬も湿布自体は可燃ゴミです。

目薬・飲み薬は、新聞紙や布に吸収させてから可燃ゴミとして処分しましょう。

排水溝に流してしまうと、河川の汚染につながるおそれがあります。

病院へ行くたびに、繰り返される攻防

「病院は嫌いです」でも書きましたが、うちの猫さんたち、特にぽんちゃんは病院に行くのを嫌がります。 

 

f:id:maricats:20191105185542j:image

「優しい先生に会えるよ」
そう教えてあげられなかったのが悪いんです。

でも刑務所に入れようって訳じゃないのに、そこまで全力で抵抗しなくても……

っていうか刑務所に入る覚悟で、病院へ連れて行こうとする人間を殺そうとしてくるぽんちゃん。
息の根を止めようと、手首を何度も力を込めて噛みついてくる。

「お前ぇ……」

全く“病院は嫌な場所”そんな変な事ばかり記憶する生き物・猫。


f:id:maricats:20191105185529j:image

猫さんだって毎日のんきに「プープー」寝ている訳じゃ無いんですよね。

嫌だと思うこともあるし、されたら覚えるんです。

なので日頃から、予防やケアが大切。


f:id:maricats:20191105185536j:image

 

他にも便や尿の状態、回数も観察。

それでも幼い猫さん・お年寄りの猫さんは病気になりやすく、どうしても病院に行く機会が増えてしまいます。

そして猫さんは大人になっても、いつまでも怖がり。少しでも不安を取り除いてあげることも大切です。


f:id:maricats:20191105185546j:image

 

ポにゃちゃんの方も高齢で血圧が高いので、通院中。

「先生に会いに行くのは怖くない」
そう思って貰えるように普段から、健康診断を受けに行ったり、爪を切りに行ったり、歯石除去して貰いに行ったり。

猫さんの健康を日々見守っていくことが我々の役目。

 

あの「にゃんぱく宣言」の歌詞にもありますね。
“俺の体 俺より管理しろ”


f:id:maricats:20191105185532j:image
f:id:maricats:20191105185539j:image

 

「そんなにセンセイに会いに行ったらオカネかかるにゃしょ?そうにゃしょ?」
「そしたらお仕事すれば良いだけだよ。ペット保険にも入ろうかね?」

……とポあねが言っていたとか、言っていないとか。
どっちだったかな?