マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

エピソード記憶

てんまさんの妹しょうまさんは、化粧品会社に勤める薬剤師。

 

化粧品に配合された成分に問題が無いか等のチェックをするお仕事です。

 

たまに遊びに行くついでに、マメチュー先生のお手伝いもしています。

 

記憶力、特にエピソード記憶(経験した出来事を映像を見ているように、思い出すことが出来る)がすごく患者さんとの事もよく覚えているしょうまさん。

 

f:id:maricats:20200331203035j:image

前にUSAにそんなことを聞かれた事があった。


「何でだぁー?」

 

「質問返しやめて」

 

化粧品が好き。

メイクするのが好き。

もっとキレイになりたい。
 
お姫様になって、大事にして貰いたい。



f:id:maricats:20200331203023j:image

口をひん曲げて話を聞いているUSA。

 

「“十分可愛い”って言わせようとしてるでしょ」

 

クスクスと笑っているのに、悲しそうにも見える複雑な笑顔を見せるしょうまさん。

 

「薬も好きだよ。キレイになるお手伝いをしてくれる薬とか。一緒に老化と戦ってくれてる感じ」

 

「老化ってやな事言うわね」


f:id:maricats:20200331203017j:image

「でもあたしも肌がキレイになる薬が欲しいー」

 

「ウエストが細くなる薬欲しい-」

 

「鼻が高くなる薬ー」

 

「それメス必須のやつ。」

 

それに鼻の高いUSAの姿は、想像出来ません。

 

(あたしが求めているのは、キレイなあたしの母や、あの姉…彼女たちに負けない位の美しさ)


f:id:maricats:20200331203013j:image

あたしとてんまの父親、あの人を振り向かせたい。

 

(だからこっちを見てってば)


f:id:maricats:20200331203026j:image

人より記憶力のいい自分。

 

幼い頃は、この秀でた記憶力のせいで、何度も傷ついていた。

 

周囲の人達は、自分との思い出を片っ端から忘れていった。

 

もちろん父も…

 

“忘れる”

幼い頃はその現象が理解出来ず

“忘れたふりをされている”

“ウソをつかれている”

とずっと思い込んでいた。

 

(何で皆、アタシに意地悪言うの?忘れたなんてウソをつくの?)

 

“忘れる” 

それがどういうことか成長するにつれ、少しずつ理解するようになっていった。

 

でも…

それでも忘れずに“覚えている”事もあるはずだよね。

 

(お父さん。どうしてあたしとの思い出を忘れちゃうの?興味、無いの?)

 

それはあたしにとっては大切な記憶。

何度も何度も思い出すくらい大切な記憶。

でもあたししか覚えていないのなら、

なんの意味も無い…

ただの妄想と変わらない…

 

幼い頃。

父と始めて二人だけで山に出掛けた。

父の好きな山。

一緒に木の実を食べた。

 

「ねぇ、お父さん見てっ。へびいちご~
こんなに美味しそうなのに食べられないなんて変なの。
ホントかな~。
お父さん、これ食べてみて」


f:id:maricats:20200331203020j:image

「え?!」

 

「美味くなかった」

 

「食べたの?」

 

「美味そうだからな」

 

「やることトリッキーだよ」

 

「失礼な」

 

特に何があったわけでも無いけれど。

二人で出掛けてくれるなんて殆ど無かった父。

嬉しかった。

 

でも喜んでいたのはあたしだけ。

今は、“忘れられたこと”を何度も思い出している。

 

そして思い出すたびに失われる自尊心。

いつまで、幼子のようにいじけてたら良いんだろう。

バカみたい。

こんなにバカだって、バレたくない。

誰にも…

……………………。

でも誰も知らないんだから…


f:id:maricats:20200331203031j:image

「何が?何なの、急に」

 

ずっとしょうまさんの横にして座っていた、まゆさんびっくり。

 

「内緒」

 

誰にも教えない。

 

「あっそ、別にそこまで興味ない」

 

「嘘ばっかり」

 

「当ててやろうか」

 

「…何を」

 

「今あたしが隣にいたこと忘れていたろう?!」

 


「何ですって?記憶力のいいこの日あたくしが?」

 

「別にいいけど…何考えていたんだか。」

 

「傷ついちゃった?ご飯食べに行こうか」

 

「…別にいいけど」

 

結局まゆさん。

少しだけご飯代を多く出して貰いました。

猫さんと、追いかけっこ

我が家のぽんちゃんは、近所の猫さんと上手にコミュニケーションがとれません。

 

f:id:maricats:20200328190814j:image
f:id:maricats:20200328190753j:image

ぽんちゃんは一人遊びに飽きると“追いかけっこ”をしたがります。

 

背後から黙ってこちらを見ている。

その時が“追いかけっこ”の合図です。


f:id:maricats:20200328190817j:image
f:id:maricats:20200328190746j:image
f:id:maricats:20200328190751j:image

「しかたないなぁ」


一応、多少は付き合ってあげます。


f:id:maricats:20200328190803j:image
f:id:maricats:20200328190730j:image

頃合いを見て、スッと机に戻りアイスを再び食べ始めます。

 

一方ぽんちゃんは、追いかけてくれていない事に気付くと、また戻ってきて背後に現れます。


f:id:maricats:20200328190736j:image
f:id:maricats:20200328190808j:image

f:id:maricats:20200328190811j:image
f:id:maricats:20200328190734j:image

当時ポいもも学生でしたが、若いぽんちゃんの体力にはさすがについていけません。


f:id:maricats:20200328190743j:image
f:id:maricats:20200328190756j:image
f:id:maricats:20200328190758j:image
f:id:maricats:20200328190820j:image

途中から追いかける振りだけします。


“確実に猫さんを追いかける人”のテンションで全力で振り向くと、ぽんちゃんは嬉しそうに逃げて行くのです。

f:id:maricats:20200328190727j:image

f:id:maricats:20200328191128j:image

“可愛いと体力”しか取り柄のないぽんちゃん。


追いかける振りの“全力振り向き”に何度でも騙されてくれます。

 

アイスを優先してゴメンね。

 

猫さんは狩猟本能をくすぐられる“追いかける遊びが好き”

 

でも“追いかけられる遊びも好き”なんですね。

なのでポにゃちゃんも追いかけっこ遊び好きです。


f:id:maricats:20200328190740j:image

でもポにゃちゃんはジジイなので、すぐ追いついちゃいます


f:id:maricats:20200328190805j:image

 

2020年3月16日
ポにゃちゃんのお誕生日。

 

18歳になりました。

おめでとう☆

まだまだ追いかけっこしようね、ポにゃちゃん。

猫さんの行動

普段からしょっちゅう、ポいもの部屋をのぞきにくるポにゃさん。

 

f:id:maricats:20200327195514j:image

理由がよく分かりません。

見張っているの?

一緒に遊びたいの?

それとも甘えたいのかい?

ご飯はさっきあげたよね…


f:id:maricats:20200327195517j:image

やっぱり遊んで欲しいのかな。

 

朝の忙しい時間・テレビに夢中になっている時等に限って、ポにゃちゃんが一人で駆け回り遊んで欲しそうにこちらの様子を見ている…(爆弾岩)

 

でもそういう時は分かっていてもつい、ポにゃちゃんを無視して、自分のやりたい事を優先してしまいます。

 

無視されたポにゃちゃん。


仕方なく一人でオモチャに飛びついている。

 

そして一人でお気に入りのドラムスティックを持って、自分の事を“いい子いい子”している。

 

可哀相なことしちゃったかな。

今なら一緒に遊んであげれば喜ぶかな?

それなのに……


f:id:maricats:20200327195527j:image

ポにゃちゃんが一人で遊んでいる時は、いつもすっごいテンション高い。

 

いくら何でもはしゃぎ過ぎじゃない?

いくつになったの?
って思う位、夢中で駆け回っています。

 

だから一緒に遊ぶ時は、その時のポにゃちゃんを思い出して“これから遊んじゃうよ~”的なテンションで遊んであげようとします。


f:id:maricats:20200327195520j:image

こっちが楽しそうにしていれば、相手も楽しそうにしてくれるはず。

 

でも猫さんにはそういうの、関係無いんだなぁ…


f:id:maricats:20200327195530j:image

ポにゃちゃん、ノーリアクション…

 

途中で一応気付くんですけどね。

なんか上手くやめられない。


f:id:maricats:20200327195533j:image

「何なの?」

 

猫さんに、人のテンションなんて関係無いんですよね。

オモチャさえ動かしてあげてれば、十分なんですよ。

なのにポあねもテンションあげて、ポにゃちゃんと遊んでいる。


f:id:maricats:20200327195523j:image

人が猫さんと一方的に遊んでいる姿を見て、これだけ恥ずかしいんだから…


f:id:maricats:20200327195537j:image

自分があんなだったなんて思うと…

ホント恥ずかしい。

 

「一応教えてあげますけど、ポにゃちゃんは一人遊びも結構上手なんにゃすよ」

f:id:maricats:20200327195918j:image

宝石屋・香子

農家を営むケイヒさん。

お野菜を大事に育てています。

 

f:id:maricats:20200325203029j:image

ポ村を吹き渡る風が、色んな香りを運んできます。

土の香り

花の香り

草の香り

大好きです。

 

自然の香りを楽しんでいると、突然異様な匂いが…


f:id:maricats:20200325203012j:image
f:id:maricats:20200325203014j:image
f:id:maricats:20200325203036j:image

宝石屋の香子さん。

 

お店ではポ村産の水晶や、パワーストーンも扱っています。

 

香子さんは香水がお好きなようで、こちらへいらしたことがすぐに分かるくらい、匂いを身につけています。

 

それはケイヒさんが内心「芳香剤を持っているのかな?」と思う位の香りです。

 

でも花粉症を患うケイヒさんは、香子さんの存在を認識するのが遅れてしまいました。


f:id:maricats:20200325203021j:image
「逃げたわよね?
何よ、毎回。失礼ねっ。


図体ばっかり大きくなって、ホントいつまでも小心者なんだから。


子どもの頃から、全然変わらない。
雷、今も苦手でしょ!


小さい頃は雷の音を聞いては、怯えて泣いてたわよね~」


f:id:maricats:20200325203040j:image

確かに香子さんが放つ匂いは苦手です。

でも会うたびに同じ話をする所はもっと苦手です。


f:id:maricats:20200325203017j:image

「若いんだから、男とは」のくだりも苦手です。

 

さらに苦手なのはケイヒさんが大事にしているミミズの話。


土の腐敗した部分を、食べてくれると言われているミミズ。


ポ村のミミズはサイズが大きい為、農作物の荒らし屋“モグラ”が食べにくることはありません。


それにミミズのウンチは肥料にもなるのです。 


ケイヒさんにとってミミズは大切なお友だちなのです。


f:id:maricats:20200325203025j:image

自分が大事にしているものを悪く言われると、まるで自分が言われているように感じてしまいます。

 

悪気はないのでしょうけれど…

 

でもこのちょっとしたストレス、不安な心。

解消するにはどうしたら良いんだろう。

 

「アートギャラリーに行ってみようかなぁ。そこで卵かけご飯をサッと食ってサッと帰ろう」

 

ポ村のアートギャラリーでは、オーナーのクスドリさんが経営する卵料理屋もあるのです。

 

そのお店で扱う卵は薬並みの栄養成分があると言われています。

 

“心も体も元気に”それがお店のモットーです。

ついでに絵画も鑑賞していく事に。

飾られているのは、トウキさんの絵です。


f:id:maricats:20200325203032j:image

“不安”というものがどういうものか分からなくて、“不安”を抱いている、そんな絵。

 

洪水の中、水に飲まれそうになる家をどこかへ持ち去ろうとするカラス。


今、置かれている状況。

 

そしてカラスが連れて行こうとしている“どこか”

 

ケイヒさんは「どっちも不安だよ」と思うのですが。

 

この人は“不安を想像で描いてみた”んだろうなぁ。

 

不安が分からなくて不安?

 

上手く想像ができないけど、自分だけが不安やストレスを感じているわけじゃない…それだけは伝わりました。

 

「うん、帰ろう」

ポ村人気のアーティスト

ポ村の村長 
村 長太郎さん

 

「元気で、長生き!」 

 

ポ村の皆さんに、セルフメディケーションを広める活動をしています。

 

f:id:maricats:20200316212537j:image

ポ村は梅が名物の為、梅林を見物しに訪れる観光客がポツポツといましたが、村の財政が潤う程ではありませんでした。

 

しかし、最近ポ村出身の画家・トウキさんが全国的に有名となり、ポ村のアートギャラリーに彼の作品を鑑賞しにくる観光客が急増。

 

そのおかげでポ村自体も徐々に注目されるようになりました。 

 

村長は現在、トウキさんのマネージメントのような仕事も担当しています。

 

アートギャラリーを訪れては、トウキさんのファンにご挨拶。


f:id:maricats:20200316212556j:image

トウキさんは仕事に集中している時以外は、蝶のようにポ村をフワフワと歩き回るため、居所を発見するのは困難です。

 

荷物がほとんど無いトウキさんの自宅に、村長は大量の飲料水を運び入れます。


f:id:maricats:20200316212541j:image

“お金・食事”に無頓着なトウキさんの為、お金の管理や食事の管理もしています。


管理というよりは、トウキさんを懐かせる為の餌付けの方が、意味合いとしては近いかもしれません。

 

何を与えても表情が変わらないので分かりづらいですが、好き嫌いはあまり無さそうです。


f:id:maricats:20200316212551j:image

ただ見たことのないものは口にしない傾向があります。

f:id:maricats:20200316212548j:image

食べ物だと思っていない猫のように、遊びだしてしまいます。

 

(村長、頂き物のピンチョスを差し入れ)


トウキさんは、原因不明ですが頭痛持ちのようです。

 

頭痛薬を渡すのですが効かないせいか、なかなか飲んで貰えません。


f:id:maricats:20200316212544j:image
f:id:maricats:20200316212600j:image

「花粉症の薬はよく効くのか飲んで貰えたんですがねぇ。
頭痛の原因が分かれば良いんですけど」

 

トウキさんはいつまでも懐いてくれない、野生動物のようです。


f:id:maricats:20200316212603j:image

本当はどういう方なのでしょうか?

 

私には見せてもらえない側面があるのだとしたら…

それはどんな姿なのでしょう?

ハムナプトラ

我が家の父は、ポいもに似て動物が好きです。

そんな父。


実家に帰省したポあねに近付く。

f:id:maricats:20200313205743j:image

「見てごらん」

 

ポあねに何やら写真を見せてくる。

実家に帰ると高確率で行われる父の「見てごらん」のくだり。


f:id:maricats:20200313205736j:image
f:id:maricats:20200313205759j:image

父が鳥を近くで見る為に、庭に置いたオレンジ。

 

まんまとその罠にかかった鳥をおさめた写真がこれ。

 

抹茶のお饅頭みたいなメジロ。

目の回りが白いからメジロです。

 

数年前、家族で旅行へ行った時のお話。

 

湖のほとりで母・ポあねがトイレ休憩の為に、寄ったレストハウス。

 


f:id:maricats:20200313205753j:image

そのレストハウスは湖の方から遊びに来るのか、無数の虫がウヨウヨ。

 

店内は虫除けグッズまみれなのですが、効いている様子がありません。


f:id:maricats:20200313205756j:image

「早く出たい…
早く出たい…!
母とポあねはまだか!?」

 

謎の小さな羽虫の大群に囲まれながら、ポいもはひたすらジッと待っていました。

 

店の外を見てみるとそこは、大量の虫がさらに物凄い状況になっていました。

 

「ハムナプトラかよ」


f:id:maricats:20200313205739j:image

外の様子を見てゾッとしていたポいも。

その時……


f:id:maricats:20200313205745j:image

父、窓を開ける…

 

「!!」

 

何故なの?

 

そして嬉しそうにテラスに出て行く。

何故なの??


f:id:maricats:20200313205749j:image

黙って窓…

閉めたよね。

 

窓を閉められた事にも気づかず、鳥しか見ていない父。

 

好きなものに夢中になりすぎるのも問題ですね…


 

老人性乾皮症

乾燥する季節です。

何故だかやたらとスネが、痒くなります。

粉吹いてます。

f:id:maricats:20200311201033j:image
f:id:maricats:20200311201027j:image
f:id:maricats:20200311201043j:image

ポいもの症状が老人性乾皮症かどうかは置いといて、乾燥による痒みが気になる方は皮膚科を受診しましょう。
f:id:maricats:20200311201030j:image

猫のポにゃさんも痒そうに肉球ガシガシ。


f:id:maricats:20200311201039j:image
f:id:maricats:20200311201019j:image

「何にゃ。お前は?」

 

乾燥した季節。
年を召した猫さんの肉球も勿論、干からびてきてしまうものです。

痒くなってしまうものです。


f:id:maricats:20200311201036j:image

「ポにゃちゃんは老人性乾皮症なんかじゃないにゃっ」

 

猫さんの乾燥には、猫用保湿クリームが良いようです。


f:id:maricats:20200311201024j:image

「口を酸っぱくして言っときますにゃけど、ポにゃちゃんは老人性乾皮症ではないにゃすからね」