マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

みちぇ

前にチラッとだけ書いたねこ屋敷にお住まいの三毛猫の姉妹、はなちゃんとみちぇ。



ちょっぴりおしゃまでお姫様みたいな雰囲気を醸し出すはなちゃんと、少し影薄めな姉のみちぇが我が家の庭にひょっこりと姿を現すようになりました。



姫様のはなちゃんの方はポ宅と肌が合わなかったのかあんまり仲良くなれませんでしたが、姉のみちぇとはお友だちになれました。



みちぇにはおしゃま感はなく、ポ宅に入れて貰おうとする時はどことなく腰低め。



でもその頃、我が家によく遊びに来ていたとらじろちゃんに対しては強気です。



ポ宅に寄り付かないよう、とらじろちゃんを追い払ったりしていました。



“ここはアタチん家よっ”



“しかたねぇな。譲ってやる…”



そんなやり取りをしているかのようでした。





バーバラさんを含めねこ屋敷のねこさんたちは、必要以上にポ宅に入り浸ってしまう子が多いです。


f:id:maricats:20210220190322j:plain

毎日いるみちぇ。


一日中いるみちぇ。


けれどなぜなの…?


お触りは禁止です。

f:id:maricats:20210220190345j:plain

ねこ屋敷のねこの娘さん。
ミルクちゃんと一緒です。



ねこのおばさん、バーバラさんはお触りはOKだったのに…

f:id:maricats:20210220190419j:plain

静かに近寄ったのに…

f:id:maricats:20210220190438j:plain

すぐ気付かれる。



でもみちぇ。


そのベッドは、わたくしのなんですよ?


そろそろ眠りたいんです。


夜も更けて参りました。




ねぇみちぇ?


おうちの方たちも心配していると思います。


もうお帰りになられた方が良いのでは?



そんなみちぇは毎日遊びに来ては、ベッドでスヤスヤと眠っています。


でも…

そのおかげでぽんちゃんがいなくなったあとも、ねこ切れせずに済みました。


とらじろちゃんだけでなく、みちぇにまで癒して貰った。


あまり触らせては貰えないけど、ねこの女の子がこうして遊びに来てくれているだけでも満足です。


ありがと!
可愛いセラピーキャットさんたち。