マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

大人のねこ、どろちゃん

にゃこさんはもう、大人のねこさんです。


完全体の大人のねこ。



大人なのですが、とっても甘えっ子。

f:id:maricats:20210505193708j:plain

でも甘えんぼさんのねこは、にゃこさんだけではありません。




人と共に暮らしているねこさんたちは、甘えんぼさんが多いのです。




一方、ひとりで暮らしているどろちゃん。



まんまるのまる。



どろちゃんは、ころんころんしたねこさんです。



大きなまあるい、おむすびのようです。



“ころりん”とよく転がりそうです。

f:id:maricats:20210505193736j:plain

「失礼にゃっ」


どろちゃんは、まゆさんに甘えているにゃこさんをジッと見ています。




「いい大人が恥ずかしいにゃ」




どろちゃんはねこさんの前では特に、つっけんどんです。




母離れして以来、ひとりで自由気ままに暮らしてきました。




好きなところで寝て、好きな時間に起きる。


人と共に暮らしているねこさんたちは案外、人間の生活リズムに合わせているのです。



そして食べたい時にご飯を食べて、気になったものがあったら確認しにいく。



クンクンクン…



きのこさんのピルケース確認。

f:id:maricats:20210505193832j:plain

クンクンクン…


やっぱり漢方薬の匂いが、お気に入りのようです。


クンクンクン…



「にゃっ!またお前きゃっ!
そこで何してるにゃ!」



「めんどくさいやつがてできたにゃ…」



「それっ、そのおくすりっ。

おばあにゃんのにゃしょ。

早く返すにゃよ」




セラピーキャットのにゃこさんは、ご高齢の方がちゃんとお薬を飲めているのかどうか、いつも気にしているのです。




「あら、にゃこちゃん」

f:id:maricats:20210505193905j:plain

「ちょっと、にゃこー。
なにしてんのー」



「まゆちゃん、こいつが…」




「まゆさん、こんにちは」



「きのこさん。
今日も良いお天気ですね」



「ほんとね、気持ちいいわね。

にゃこちゃんとお散歩?」



「まゆちゃん、まゆちゃん!」



「ん?なになに?」



「あいつがにゃね~」



にゃこさんは、まゆさんときのこさんの間に、プンスカしながら割り込んでくる。



「にゃこちゃん、今日も元気ね。

可愛いわね」



「にゃ?」




プンスカしていたにゃこさん。



なのにまゆさんときのこさんに囲まれ、いつの間にか撫で撫でして貰っている。



「にゃふ…
にゃふふふふ」



にゃこさん、すぐご機嫌さんになる所が長所です。




その様子をひとり、見ていたどろちゃん。



どろちゃんはいつもひとりです。




大人になったどろちゃんは、ママと一緒に暮らしていた場所からある日突然、追い出されました。


その日以来、ずっとひとりで暮らしています。



でも大人とは、そういうものです。



(大人はひとりで生きていかなきゃ、ならないんにゃ)



どろちゃんは、にゃこさんの前ではいつも、ツンケンしてしまいます。




なのでにゃこさんも、ついツンケンしてしまう。



概ね、ねこさん同士はそんな所があります。




そもそもねこさんたちは寂しくても、互いに強がってしまうそうです。



気の合うねこさん同士は仲良く出来るけれど、気が合わないねこさん同士は、建前的な態度がとれないので距離をとってしまいます。



再びどろちゃんが、にゃこさんの様子を確認すると、きのこさんに抱っこされて嬉しそうにしていました。



にゃこさんは、とても素直な子なのです。



嬉しいことがあれば、素直に喜びます。




そしてその様子を、チラチラ見つめているどろちゃん。



プイと視線をそらしたかと思ったら、トコトコと木の幹の方へ行き、ポテンと寄りかかる。



「どろちゃんはもう…大人にゃすから…」

f:id:maricats:20210505193951j:plain

「よっ」


「??」


どろちゃんは、誰かに声をかけられました。



そしてその誰かはトスンと、どろちゃんの隣に座る。


(あのにゃこと、一緒に暮らしてるおんなにゃ)




その誰かは、まゆさんでした。




「なんにゃよ」



「いつもうちのにゃこが、迷惑かけてるでしょ?それなのに遊んでくれてるでしょう?


だからお礼を言いに来た」




「にゃ…?」



「ありがと」

f:id:maricats:20210505194034j:plain

(久し振りにママの事を…
思い出したにゃ)



「な、なんにゃよ…
大人のねこさんに失礼にゃ」


地団駄を踏むように、どろちゃんは足をバタつかせています。



「ごめん、ごめん」


そう言いつつも、まゆさんは再びどろちゃんを撫で撫でします。



「……」



「じゃあ、またね」



「…にゃぶ」

f:id:maricats:20210505194118j:plain

ねこさんは、ねこ同士ではお互いに強がるけれど、人の前では素直に甘えられるそうです。



“大人になったってたまには、甘えたい”

そんな時もありますから…




大人のねこさんたち。

甘えたくなったら素直に、人間に甘えんぼさせてくれるよう、お願いしてみましょう。