です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

色のある世界

「少しイヤなことがあった…」


ねこさんの本を取り出しながら、パゴロウさんは顔を曇らせています。


どうやらどんより気分を変えるため、本に熱中することにしたようです。

「ふぅ~」


ボクはストレスに弱いタイプだから人によっては、何とも思わないような些細な出来事なのかもしれない。
 


嫌なことがあるといつも、眩しいくらい晴れていても曇っているような…

明るい部屋にいても、豆電球にでもされているような錯覚に陥ってしまいます。



さっきまで鮮やかだった世界が誰かの手によって、グレーに塗りたくられたような錯覚…



「へぇ。
ねこさんて赤とか識別出来ないんだ…
それじゃあ車の運転は出来ないね」



霊長類は野菜や果物など、食べ物を見分ける時に色を判断する能力は必須です。

f:id:maricats:20201221234244j:plain

しかしねこさんなど夜行性の動物にとって、色を判断する能力はそれほど必要ではありません。


光のない世界でご飯を探す時には、鮮やかな色を見分けなくても良いのです。


なのでねこさんは大きな虹を見ても、芸術的な絵画を見ても、色とりどりの花火を見ても、女の子たちが愛らしいパステルカラーの洋服を着ていても、なんの感想も湧いてこないのです。

f:id:maricats:20201221234326j:plain

「そう言えばねこさんだけじゃなく、色覚異常っていう病気もあったっけ?」


【色覚異常】
先天性と後天性があります。

決して珍しくない病気。

色覚異常になると、色の区別が付きづらくなります。

そのためペンやインクの色等の判断が出来ないため、日常生活に支障をきたす事があります。


ただし、補正メガネでカバーすることも出来ます。




「自分が見ている世界…
他人も全く同じものを見ていると思っていた」


実際見えている世界は人それぞれ。


何となくその事が分かっていても…



それでも自分の価値観に無理やり当てはめ、他人も自分と同じだと思ってしまう。



勝手に周囲の人達も自分と同じ、暗いどんよりした世界を見ているものと思ってしまう。


実際は小さな事など気にせず、次のステージにどんどん進んでいるのに…


自分だけ暗い世界の中でうずくまったまま、いつまでも前に進もうとしない。
 

“いいんだ。
だってみんなにとっても、落ちこむような出来事だったでしょう?”


そんな風に決めつけて…



でもボクだって明るい素敵な世界を見たい。



少しくらい嫌なことがあっても、いちいちどんよりせず…



カラフルな気分でいられるように…