です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

初めてのボクのペット

「パゴロウさん、今日もお疲れさまでした」


「マメチュー先生、お疲れさまでした」


パゴロウさんは仕事を終え、急いで帰宅の準備。



どうしたんだろう。


今日は何だか、早くうちに帰りたくなってる。



まだうちにいるかな?


いるよね?


パゴロウさんは、昨日からペットを飼い始めました。


そのペットの存在が今、すごく気になっています。


ごはんって何を食べるんだろう。



パゴロウさんが飼うことにしたペットは、突然家に現れた初めて見る不思議な生物でした。


そうだっ。

名前も決めてあげなくちゃ。


フフ。


どんな名前にしよう。


性別ってあるのかな?


今時のペットの名前…スイーツ系とか?



つぶらな瞳で、こちらを見つめてくるあの生物。


思い出すだけでほっこりする。


そして癒されている気もする。


生き物を飼うってこんな感じなんだ。



ペットを飼うといっても、突然家に現れた謎の生物との同居。



ひょっとしたらその謎の生物は、飼ってはいけない野生生物かもしれない。


細菌を保有していて感染する可能性があるから、触ってはいけない生物かもしれない。


それなのにそんなことは全く考えず…

謎の生物に恐怖を抱くことも無く、パゴロウさんはペットとして飼うことにしたようです。



ねこさんを飼っている人はこんな風にねこさんに癒されて、リラックスしてたんだろうなぁ。


………。



「わっ!!にゃこさん!」


帰宅を急いでいたはずのパゴロウさんは、途中で考え事に耽ってしまい、本日もこっそり薬局内に潜んでいたにゃこさんに、遭遇してしまいました。

f:id:maricats:20210107151207j:plain

見つかってしまったにゃこさんは、少し動揺をしたものの何事も無かったかのように、薬局を出ていきました。



どうやらにゃこさんも、まゆさんが待つおうちに帰る時間だったようです。


やっぱりまだねこさんが急に出て来ると、驚いてしまいます。


「パゴロウさん、大丈夫ですか?」


「すいません、大丈夫です。
ではお先に失礼します」



にゃこさんの姿が見えなくなったのを確認し、急ぎ足で帰路につくパゴロウさん。


あの不思議な生物と仲良くなれれば、ねこさんの扱いも上手くなれたりするのかな?



“にゃこさんは確か、セラピーキャットとして働いているんだよね”

f:id:maricats:20210107151237j:plain

動物の癒しのパワーによって、薬や手術では回復させる事が困難だった病気も、回復に向かわせる事が出来るという。


癒しのチカラで…



癒される、それってこんなあったかい気持ちになることなの?


おうちで誰かがボクを待っている、それを考えただけで心が暖かくなってくる。


そしてササさんやあの生物のために、元気で働かなくちゃと思う。


ボクだけじゃ無く、癒しを欲している人が他にもいるのなら、みんなを癒してあげて欲しいなぁ…

f:id:maricats:20210106000926j:plain

パゴロウさんは足早に歩いていたので、いつもより早く自宅に到着。


あの子、いるかな?いるよね?


「ただいまっ」

いたっ!!


ササさんにしがみついて、こちらを見ています。


何だかすごく安心しました。


まだうちにいてくれている。



とは言え昨日の今日なので、お互いほんのり距離はあります。


不思議な生物はこちらを見ているけれど、もちろんお出迎えまではしてくれません。



コミュニケーション能力は、どんな相手に対しても大切なんだなぁ。



相手に心を開いて貰うのは大事。

そして何より自分から心を開くのも大事。



いつか玄関までお見送りやお出迎えとか…

してくれたら嬉しいな。


不思議な生物の様子を見ると、相変わらずただそこに佇んで、こちらを見ています。



何だかクモみたいだなぁ。


都会に住んでいた頃よりは、ポ村に住むようになってからの方が、家の中で生き物を見かけることが多くなりました。


特にクモを見かけます。


害虫を食べに来てくれているのかな?

そう思うと比較的サイズが小さかった事もあり、無理に追い出すことはしませんでした。



傍から見ていると壁にくっ付いて、ボンヤリとしているように見える。


ボクの家で、寛いでいるように見えるクモたち。


それなのにクモに少しでも近寄ると、逃げて行ってしまう。


同居するのは良くても、近寄られるのは嫌。

そんな感じです。

f:id:maricats:20210107151341j:plain

今の所ボクと不思議な生物との関係は、クモとの関係に近いのかもしれない。


ねこさんの本にも、無理にねこと距離を詰めてはいけないと書いてあった気がする。


だから今はまだ無理に距離を詰めない方が、いい時期なのだと思います。


とりあえずお互いを知ることから、のんびりと始めようかな…