です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ねこさんの良い所と悪い所 その1

現在医療費は一年間で、40兆円を越えています。


やはり何とかこの巨額な医療費を削減したい。


常に医療費削減を意識しているポ村の村長は、住民にセルフメディケーションをすすめる活動をしています。




マメチュー先生の調剤薬局に通う患者、ポ村の住民もち三さん。



以前銀杏の食べ過ぎで倒れたことがあります。


www.mamechu.com



ここ最近もなんだか調子がよくない。




仕事で疲れて、毎日何だかとってもだるい…




“癒しが欲しい!癒しが欲しい!!癒しが欲しい!!!”




普段森林浴をして、ストレスを発散しているもち三さん。


本当に病気を発症してしまう前に、癒しを得たい!


ということで仕事がお休みの今日は、お弁当を持って原っぱでランチをすることにしました。


「ああ…なんか草原にいるとホッとするなぁ」





その頃、セラピーキャットの制服を着て出歩くにゃこさん。


現在はまだまだ研修中の身です。


f:id:maricats:20210903201604p:plain

本来今日はお仕事の日では無いのですが、お仕事気分でお出掛け。


「にゃこさんも、みんなのお役に立ちたいのにゃ!」



くんすかくんすか


お鼻をくんくんさせて、匂いを嗅いぎながら歩いています。


最近のにゃこさんは匂いで人が病気なのか、疲れて元気が無いのか何となく分かるようになっていました。



なのでお疲れで元気の無いもち三さんは、にゃこさんに発見されてしまいました。


f:id:maricats:20210904023029p:plain

目が合うふたり。


「………」

「………」


もち三さんは目の前にいるねこさんが、マメチュー先生の薬局でたまに見かけるねこさんだと気付きました。



どちらも互いに“見かけたことがある”程度の関係。



(あのねこさんに見られている。
何だかお弁当食べにくいなぁ)


にゃこさんは少しだけ人見知りが出ているようで、ジッともち三さんを観察しています。



もち三さんは食べにくそうにしながら、もごもごとお弁当の卵焼きを口に運びます。


「もごもごも…?」


するといつの間にか真横に、にゃこさんが座っていました。


もち三さんのお弁当に興味があるみたいで、覗き込んでいます。



(お腹が減っているのかな?)



ねこ飼いの人やパゴロウさんみたいに、ねこさんのお勉強をしている人以外は、人の食べ物をあげてはいけないとあんまり分かってはいません。 


ねこの好物はねこまんまだと、未だに信じている人も多いようです。


にゃこさんも、もち三さんの前で“あーん”しちゃっています。



「仕方がないなぁ」


食べるのが大好きなもち三さんも、無邪気なにゃこさんに何かあげたくなってしまいました。



「どれが良いかな?唐揚げ?」


一生懸命ねこさんが、好きそうなおかずを選んであげています。


しかし…


「あれ?」



真横でお弁当の中をうかがっていたはずのにゃこさんが、今度は遠くに座っていました。



もち三さんはねこさんが何をしたいのが分からず、頭にはてなマークが出ています。



「??いらないの?」


「………」




にゃこさん、本人的には現在お仕事中。


あるがままに行動するのはやめて、我慢することを覚えました。



お仕事中につまみ食いしたなんてバレたら、まゆさんに怒られてしまうかもしれません。



(そうにゃ。
にゃこさんはあの男の人を、癒してあげなくちゃならないのにゃ)




一方、にゃこさんの行動の意味が分からないもち三さんは、自分で唐揚げを食べていました。


「美味しいのに…」
「!!?」


f:id:maricats:20210211153723j:plain

今度はもち三さんの膝の上に、にゃこさんが座っています。


「ふぇっ?なに?」



お食事中なのでちょっと邪魔です。


でもにゃこさんはにこにこ。


癒してあげていると思っているようです。


「ねこさん、お弁当食べてから遊んであげるから…」



「にゃ?そうにゃの?」



にゃこさんは素直に、少し離れてちょこんと座って待っています。


(か、可愛いんですけど…)」


続きます