マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

まゆの伯母・ペリコについて その1

「まゆ元気?仕事どう?
なんか面白い話ない?」


「ん?なんだ、ペリコ。
まだ生きてんじゃんよ」


「もぅ、なによう。
その言い方。
あんたって、相変わらず口悪いわねぇ」


まゆさんの家に、月1ペースで遊びに来る独身の母方の伯母・ペリコ。


ペリコは自慢話や愚痴・文句が多いタイプなので、まゆさんに鬱陶しがられ、冷たくあしらわれているのですが、それでもチョコチョコ姪の顔を見に来ます。

 

そして遊びに来るたび…
ここ10年位ですが、同じ話を繰り返しまゆさんに聞かせ続けています。


「あのね、あたしまた心臓がね…」

f:id:maricats:20200727210113j:image

毎月毎月、心臓の調子が悪いと言い続けるペリコ。


「夜になるとね、心臓がね、ドキドキしちゃって。
あたしホントどうなるのかしらと思って」


「だからさ、10年以上それ言ってるけど、全然悪化しないじゃん。
“心臓が、心臓が”
って言いながらどうせ人より長く生きるんだろ?」

 

「何よ!もうちょっと心配して、親身に話聞いてくれても良いんじゃない?」


とはいえ10年程、心臓の様子を聞かされ続けていますが、“夜のドキドキ”以外に実際症状は無さそうで、悪化もしていない様子。


食欲も年齢的の割には、あるようです。


お医者さまにも“異常はなにもない”と言われているのに…

 

まゆさんに心臓の話をし続けても素っ気なくされるのに…


f:id:maricats:20200727210121j:image

「だってツラいんだもの。
あたしはただ、健康で元気に暮らしたいだけなのよ」


「相変わらず声は、でけぇしよく喋る」


普段
“長生きしなくって良いわ”
などと言っているペリコですが、長生きしたいオーラが出てしまっています。


「それでねサワ先生ときたらね、こないだもまた話聞かずに“異常無し”って言うのよ」


「病気じゃねえって言ってんのに、何度も同じ話しにいくからだよ」


「それで最後にサワ先生ったらなんて言ったと思う?


“他の病院行ってもいいけど、異常無いって言われるだけだよ”


ですって。
何も調べてくれないクセに何が分かるって言うのよ。
ホント失礼しちゃうわ」


ペリコは心配症・不安症な所があるようです。


心臓の違和感も、もしかしたらストレス等が原因なのかもしれません。


そもそもサワ先生とやらに言われる前からペリコは、色々な病院を巡り既に “心臓に異常無し”  と言われているのです。


おそらくこれからもペリコを大げさに心配し、優しく話を聞いてくれるお医者さまが現れるまで、ドクターショッピングを続けるのでしょう…


f:id:maricats:20200727210117j:image

もしペリコが望むような、親身に話を聞いてくれるお医者さまに出会えたとしたら… 

 

そのお医者さまの事を信じ、自分が満足するまで通院するのでしょう。


そしてその人が話を聞くだけのやぶ医者でも、きっとその医者の言うことを全て聞いてしまうでしょう。


たとえ適当な治療方法をすすめられ、高額な治療費を請求されたとしても…


「はぁ…
危うい奴だよ…」

 

次回へ続く