マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

電話応対のマナー

パゴロウさんは現在、ランチ休憩中。

f:id:maricats:20200629200432j:image

食事を手早く食べ、残りの時間をお勉強に費やします。

 

今日は朝から、失敗続き。


丸太に躓いて転がった上に、掃除中クラゲさんを吹っ飛ばしてしまっているパゴロウさん。


「ホント迷惑しかかけてない…………

少しくらいは名誉挽回しなくては」


パゴロウさんは現在“電話応対”のマナーに関してのお勉強をしています。


大学で6年間お勉強しましたが、電話応対のマナーなんて学びません。

 

それでも調剤薬局でお勤めするなら、身につけなくてはいけない大事なお作法。


まだまだ薬剤師の卵であるパゴロウさんは、自分が率先して電話をとらねばと気合いが入っているのです。

 

「でも患者さんや、お医者様とお話しするのは緊張しちゃうな…
くまじろおじさんが、相手ならまだ良いんだけど…」

 

そうだ。
ちゃんとメモとペンを準備してから、電話をとらなくちゃ。

 

そしてお店の名前を言って、自分の名前もキチンと言う。

 

責任を持って承らなくちゃ!

イメトレもしておこう!


f:id:maricats:20200629200421j:image

パゴロウさんは安心するまで、イメージトレーニング。

 

今こそ“5秒前に電話が鳴ることを察知出来る能力”を発揮するんだ!

(ボクの特殊能力!たまに同じ能力を持つ人に出会いますが…)



大丈夫!
一番に電話をとるっ。
深呼吸してから、慌てずにとる!


僕にだって電話くらいはとれるんだ。

っていうかもはや、落ち着かないから早く鳴らないかな…電話。

  

新人薬剤師として成長したい…

という思いだけじゃなく、今はマメチュー先生と、クラゲさんに見直して欲しい。

その思いも強いのです。

 

そしてそんな思いが強ければ、強いほど空回りしてしまうのがパゴロウさんといういう人なのです。


f:id:maricats:20200629200415j:image

どうしてなのでしょう?


失敗しないように、あんなに繰り返しイメトレしたのに!


思い返してみれば今までイメージトレーニングが、成功したことはありませんでした。

 

いつも自分の心臓と共に、イメージしていたものがどこかに飛んでいってしまう。


f:id:maricats:20200629200427j:image

えっと、え~?

何を言うんだっけ…

 

名前と~
薬局名と~、あと~…


f:id:maricats:20200629200418j:image

運の悪いことに(?)電話の相手はまゆさんでした。


(はふはふ?ひょっとしてこの間、マメチュー先生が言っていた新人の…)


パゴロウさんはマメチュー先生に、メモとペンを渡して貰い、落ち着きを取り戻しました。

 

「失礼いたしました。
マメクスリカフェ、パゴロウがお受けします」

 

「ワタクシまゆと申します。
マメチュー先生はいらっしゃいますか?」

 

「お待ちください」

まゆは必要な生薬があるか、マメチュー先生に確認。

 

「もしもし、まゆさん?

そうですね、フェンネルがあればお願いしたいです」

 

「はーい」
(何だか大変そ-な奴…
おちょくんの我慢出来るかな?ワタクシ…)



f:id:maricats:20200629200425j:image

パゴロウさん反省中。

 

すぐ落ち込んでしまうのが、パゴロウさんという人です。

 

「パゴロウさん。
そんなに落ち込まなくも、人は何事もいつかはなせるものですよ。
今後も電話をとって頂けると忙しい時は、大変助かります。」

 

「マメチュー先生…」


励まされたパゴロウさん。

さっそく同じ失敗を繰り返さないように、電話を受ける時の定型文を電話の近くに貼り付ける。

 

マメチュー先生やクラゲさんの為にも、甘えてはいられません。

そしてペンとメモは、いつも電話の側に置いておく。

今度こそ準備万端です。 


おかげで次の電話からは、メモ・ペンを吹っ飛ばすことも無く、しっかり定型文を見ながら、慌てずに電話応対が出来たパゴロウさんでした。