マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

母は味オンチ

前回、目と鼻が効かなくなってしまった、悲しい両親の話しをしました。

 

今回は、舌が効かなくなってしまった母の悲しい話です。

美味しそうにお餅を見つめながら、頬張る母。

f:id:maricats:20200621192743j:image

母は、シソとごまの違いが分からない様子。

味に関しても、見た目に関しても。


シソが餅に細かく刻まれて入ってたので、見た目は少しごまに似ていました。

 

間違えても仕方ないのです。

ヨモギ餅のように餅の部分を緑色にしてくれていたら、うちの母だって


“ごまではない”


それぐらいは分かったかもしれない…

 

でも多少毒が混入されている餅を食べても、気付かずに美味しく食べているかもしれない…


そういえば、賞味期限がとっくに切れているヤクルトを飲んだ結果、食中毒になり一週間ほど苦しんでいた事があったかもしれない。

 

そんな母が作るほうれん草の炒め物。


f:id:maricats:20200621192740j:image

採れたてのほうれん草をそのままフライパンに、放り込んだみたいな味がします。

 

「何よ、食べないの」

 

「だってこのほうれん草、土の味がする」

 

「えぇ?しないわよぉ?」


母は見えていないので、土をしっかり落とせていないことにも気付かないし、味オンチなので土の味も分からない。


そしてさらにそんな母が、まな板で柿を切って出してくれました。


f:id:maricats:20200621192746j:image

「何よぉ、食べないの?」

 

「うん」

 

魚を切った後、まな板をしっかり洗えていないのか、柿に生魚の味がしっかりうつってしまっていました。

 

母の代わりにポいもがご飯を作ることもあるのですが、基本気に入ってもらえません。

味の好みが違うようです。


何故なのか…………

母は、出汁の味が嫌い。

 

なので出汁を料理に入れてくれません。

カボチャの煮物も、いつも醤油でびちゃびちゃになったものが食卓に出てくる。

 

子供の頃  
“失敗ばっかりしてんなぁ”
と思っていたのですが、どうやらわざと、醤油びちゃびちゃにしていたようです。

なんと、その味が好きなんだということです。

 

さらに
“また失敗?!”
と思っていたマル焦げのハムも成功なんだそうです。


実家では冬になるとおでんがよく、食卓にのぼります。

もちろんNO出汁!

 

でも美味しくなると聞いたポいもは、おでんに昆布茶を入れた事がありました。

 

母、怒りました。

味オンチのクセに昆布茶の事は気付く母。


“お父やんも美味しいって言ってたのにな”

それでもポいもめげずに……


f:id:maricats:20200621192737j:image

やっぱり昆布茶混入バレました。

 

なんなのでしょう。
急に舌、敏感…

 

味オンチなの?
それとも
単なる好みの違い?

 

聞こうと思わなかったので、聞いていませんが
“土味のほうれん草”と
“生魚味の柿”は、
母の好みの味だったのかもしれません。