マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

スイーツの中でケーキが一番好き!

実家の隣に住んでいる母の姉ペリコ。



ポいもが実家に住んでいた頃は、月一回は一緒に食事をする…

というのが習慣化していました。




そして食事の後は、スイーツを買って帰る…

というのも同じく習慣化していました。



大抵そのスイーツはデパ地下で購入。

f:id:maricats:20210111184738j:plain

ペリコとポいも。

お互い注入しあっている毒を、甘いもので癒す必要があります。



ペリコは相変わらず、真横でピーチクパーチク。


「あたしねー。
ケーキが一番好きなのー!

和菓子よりもプリンよりもクレープよりもシュークリームよりもパンケーキよりも、スイーツ食べるなら絶対ケーキがいいのー!!」


「ふうん」


ペリコはケーキに憧れる世代なのでしょうか?


スイーツ=ケーキ 
的なこだわりを語っています。



「どこのお店にする?」


「う~ん」


デパ地下にあるスイーツ屋さんを、一通り見て回ります。


いくつもあるお店の中からポいもの目に止まったのは、あるお店のガラスケースの中にあったエクレア。


そのエクレアは細長くサクッとした感じの生地で、キャラメル、抹茶、いちごの三種類の味がありました。


その中で特に、キレイなピンク色のいちごのエクレアが美味しそうでした。


「どのケーキにしようかしら?

あんた決まった?」


「うん」


「何にしたの?」


「いちごのエクレア」


「……。

あたしもエクレアにしようかしら」



ペリコは、人の意見に左右されるタイプです。


「ねぇこのエクレア小さいから、三種類全部買わない?

それで一つは半分こにするの」


「いいけど」


「じゃあ決まりね」


そんなわけで三種類のエクレアを購入し、帰路につきます。



ポいもは道中、いちごのエクレアの味を想像していました。


サクッとした生地に甘酸っぱいイチゴの味。


酸っぱいだけの食べ物は苦手ですが、甘いスイーツに甘酸っぱいものを掛け合わせた食べ物は好き。


「ねぇあんたエクレアどれ食べる?」


ポいもはもう決まっています。


「さっき言ったけど、いち……」


「あたし、いちごのエクレアが食べたい」

f:id:maricats:20210111184818j:plain




「何よ、その顔。

いけないの?」


眉をひそめているポいもを見て、ペリコは口を尖らせています。


逆に何故ペリコは、自分がいちごのエクレアを食べても良いと思ったのか…



ペリコがまさかのいちごを選択すると分かってたら、いちごを二つ買ってたんですけど…
 

生まれた時からの付き合いなのですから、予測しておかなければいけませんでしたね。


でもポいもがエクレア全種類、半分こにする。

という提案をして丸くおさめました。



そしてその後、即甘い物を注入。
エクレアに癒して貰いました。