マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

薬袋の新デザイン・消しゴムハンコで作るよ

ジメついた日々が続く今日この頃。

雨の日は患者さんが少なくなる為、少し手があきます。


f:id:maricats:20200512203815j:image

そんな中、ジメが好きなナメ江さんとフロ次さんは仲良くお散歩。


f:id:maricats:20200512203844j:image

お散歩ついでに二人はマメチュー先生の薬局へ。

そこには既にトビーくんが遊びに来ていました。

どうやら家の中でジッとしているのに、飽きてしまったみたいです。

 

そんなトビーくんの遊び相手をしているのは、非常勤薬剤師のてんまさん。

 

彼女は今日みたいに手があく時間を利用し“患者さんノート”をちょこちょこ作成。

患者さんの事は“薬歴”にも記載しますが、個人的にも患者さんの事を書き記しているようです。


f:id:maricats:20200512203847j:image

「これなにー?」

 

「うん?ふせん?」

 

「このにゃこのお手々みたいなやつ」

 

「それね、ハンコだよ。作ったんだ。消しゴムハンコ」

 

「ハンコ?それ欲しい。トビーくんも欲しいっ」

 

「じゃあ一緒に作る?」

 

「作る-」

 

「楽しそうですね」

 

そんな二人の為に、飲み物を用意してくれたマメチュー先生。

 

「ではそのハンコで、薬袋のデザインをしてくれませんか?」

 

「うん、でざいんする-」


f:id:maricats:20200512203854j:image

「ではトビーくん、まずは消しゴムの粉を落とします」

 

「お粉?お粉とる-。やばい粉-」

 

とっても楽しそうに作業する二人。

ハンコ作成中の二人を、興味津々で見つめるナメ江さん。


f:id:maricats:20200512203851j:image

ビチョビチョになってしまった消しゴム。

 

「あー、もうナメ-…ビチョになった~
後で遊んであげるからちょっと待っててぇ」

 

「マァ、ゴメンナサイネ…」

 

ショボンしたナメ江さんは、大人しく見つめる事にしたようです。

 

「じゃあトビーくん、次はトレーシングペーパーに消しゴムを重ねて、軽くてこすります」

 

「うんっ、わかった」

 

しかし、再び背後に気配を感じる……


f:id:maricats:20200512203857j:image

作業を近くで見たくて仕方のないナメ江さん。


「もうっナメってば!ビチョになるからやめて!」

 

「アアア、無意識ニマタ…
本当ニゴメンナサイ」

 

ナメ江さんは、反省して少し距離をおいて二人の作業を眺める事に。

 

「どお?トビーくん上手に彫れてる?」

 

「うん、トビーくん上手-」

 

「あ、すごいっホントだねぇ」

 

「ほら、見て」


f:id:maricats:20200512203836j:image

「アラ、ステキ」

 

「お上手ですね。ひょっとして私の顔ですか?なんか照れくさいです」

 

「じゃあ、試し押ししてみようか」

 

「ためし押し-」

 

薬袋を探すてんまさん。


f:id:maricats:20200512203841j:image

今日は試し押しは諦めました。

 

「シクシクシク」

 

「気にしないで、ナメ江さん。患者さん用のは別にちゃんとありますから。ね?」

 

ビチョビチョ薬袋はしっかり干して乾かします。

 

「マメチュー先生、この薬袋使うんですか?」

 

「はい、知人のポあねさんに使い方のアドバイスをして貰ったんです」


f:id:maricats:20200512203833j:image

かつて市の薬剤師会の理事を務めていたポあね。

そこでは町の皆さんに、薬の正しい服用方法を広める活動をしていました。

 

市の薬剤師会では、学祭等に出向き子ども薬局を出展する事もあったそうです。

「子どもさんに薬剤師体験をして貰ったらどうですか?薬袋はそこで使用するとか」

 

「それは素敵ですね。お薬の事も学んで貰って薬袋も無駄にしない」

 

そんなアドバイスをうけたマメチュー先生は、早速行動。

 

薬袋シワシワバージョン。

処分することなく、子ども薬剤師たちに使って貰う事にしました。

 

子どもたちと一緒に薬のお勉強。

最後にシワシワ薬袋を渡します。

 

中味は本物のお薬ではなく、色とりどりのお菓子。

「お菓子だぁ。でもこのお薬の袋シワシワ…」

 

「あ、でもこのハンコかわいい」

 

「へへ、やっぱり?それね、トビーくんが作ったんだ」

 

「そうなの?すごいねぇ」

 

「すごいでしょ?今度みんなで作ろ-」

 

「うん!」

 

子どもたちの楽しそうな姿に、癒されるマメチュー先生。

ですがお菓子や消しゴムハンコに、より夢中な子どもたちの様子。

マメチュー先生そういうの、気付きます。

ちょっと寂しく、思います。

 

「今度はもっと、お薬にも興味を持って貰えるようにしないとですね」