です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

楽に死ねる薬

f:id:maricats:20210515094451j:plain

「いやな予感がしますね…」

f:id:maricats:20210515170143j:plain

ポ村に漂う、不穏な空気を感じ取る占い師ソヨウ。


「でもこの空気…
嫌いじゃ無いですね。

しばらく静観してみますか…」


ソヨウはニンマリとしながら、割れた水晶を見つめていた。

f:id:maricats:20210515170207j:plain


安楽死が許可されている国がある。

f:id:maricats:20210515170232j:plain

条件をつければ、自ら死の薬を投与してもいいらしい。




“明日になんの用も無い”



望むのであれば…

明日以降なんの用事も無い人間皆に“死ねる薬”を渡してもいいのでは無いだろうか。



“人を殺す薬”



人のためにならないなんて、誰が決めた?



“人を殺す薬”を“人を救うため”に使う。







ポ村で一人、誰にも気付かれないように死の薬の研究をしているカシュウ。


f:id:maricats:20210515170309j:plain

この村には村民を守るため、障子にあるようなたくさんの目に見張られている事には、気付いていた。



そのため目立たないよう、夜が更けてから活動を始める。




死を望む人間のために…

そんな彼らのために…



眠るように死ねる薬を作り出す。



“いつでも死ねる”



そういうものを持っていたら
「いつでも死ねるんだ」
そう思って安心し、ツラくてもとりあえず明日も生きてみようと思うかもしれない。





そんな中、目の前に現れた少女。



「毎日ホントにつまんないんです。

つまらない勉強、つまらない友だち。

あの人たちと一緒にいて、笑ったことがないんです、あたし。

そしてつまんない人生を送っている母親。

老い衰えてあんな風になるだけだったら、今のうちに死んでおきたいんです」



“分からないかもしれないけど、あたしにとってはホントにツラいんです”



いつまでも長々と説明する少女。

f:id:maricats:20210515170338j:plain

この村には“死者の像”という苦しみを与えられながら死んでいける、そんな像が存在するという。



その像を紹介したくなった。




ビルからでも飛び降りて、即死できずに徐々に死んでいけば良いと思った。




まだホントの苦しみを知らない、世間知らずの少女。

最後にホントの苦しみを感じながら、死んでいけばいい。




ただ…
まだ世間を知らない幼子に、ホントに死を与えるのはおとな気なさ過ぎる。



死の薬を手渡す際には、しっかりと選別をしなければならない…


死を許可する条件。


それはしっかりと、決めておかなければならないのだ。