マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

七夕伝説 その2

前回のお話

七夕の夜に織姫と彦星が、天候に左右されること無く、毎年会えるようにとお願いをするトビーくん。



「そもそも何で織姫と彦星は、年一しか会えないわけ?

毎日会ってりゃ良いじゃん」




「あっうん。
えっと、それはね…」



独身時代は、とっても働き者だった織姫と彦星。



それなのに結婚したとたん、仕事もせずにイチャイチャ生活。



一にイチャイチャ。
二にイチャイチャ…



あきれるほどに、イチャイチャ優先生活。





当然、織姫の父である天帝おこ。

f:id:maricats:20210513204906j:plain

新婚の織姫、彦星は面会年一回のみの別居生活を強いられる事になりました。



「自業自得じゃねえかよ」



「ねぇてんまちゃん。
それって大好きってことでしょう?

だったら、やっぱり会わせてあげたいな」



「知ってるか?トビー。奴らはさ…

すっごい長生きなんだぜ」



「長生き?」



「良いにゃあ」




「そう言えばそうだよね、まゆちゃん。

例えば人間は生まれてすぐに運命の人に出会って、100歳まで毎日会っていたとしても36500日位しか会えないんだけど…」



「にゃ…?さんまん?」



ベガは現在約3億歳です。



地球は約46億歳なので、織姫はまだ若い娘さん。



アルタイルは、織姫よりもだいぶ年上の10億歳。



年一しか会えていなくても、1億日位は余裕で会っている事になります。

f:id:maricats:20210514233141j:plain

「それは飽きるよな。
天帝は一生涯仲良くいてもらうため、年一回会う程度にとどめたんじゃないの?」




「ええ?そうかなぁ。
飽きるなんてあるのかなぁ。

ボクはきっと1億年たっても、10億年たってもママに飽きることなんて無いと思う。
だって大好きだもん」




「うんうん、そうだよね。

分かる、分かる」



「分かるにゃ。
好きなものとは、毎日一緒にいたいにゃ」



てんまさんとにゃこさんは、まゆさんの方を眺めながら、トビーくんにこたえています。


f:id:maricats:20210514233215j:plain

そのトビーくんは、短冊を書き換える事にしました。



“織姫さまと彦星が、毎日会えますように”



「素敵なお願いごとにゃあ」



「トビー君、てんまサン、まゆサン。
オ食事ノ用意ガ、出来マシタヨ」



「ナメ江だ!」

「待ってたよー」



小料理屋“三すくみ”の女将ナメ江さんが、お食事を持ってきてくれました。



七夕では五色そうめんを食べるそうです。


「わー、そうめんの付け合わせに豚しゃぶ?」



「ごまだれもあるっ」


ごまだれにはゴマリグナンが含まれています。



ゴマリグナンは、ミネラルが豊富で強い抗酸化作用もあります。




「それって、ずっと元気でいられるって事?」




「そうだよ」




「じゃあ、しっかり食べて長生きして、ママとずっと一緒にいよう」

f:id:maricats:20210514233249j:plain

再び口をはさもうとするまゆさんを、抑えるてんまさんとにゃこさん。



「ずっと一緒にいれるといいね。トビー君」



「うん!」