です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

七夕伝説

空気が澄んでいて、空を遮るような高い建物がないポ村では、星がとてもきれいに見えます。



七夕の時期には天の川を見物しに、観光客が来ることもあります。





星空というのは、色々な想像をかき立ててくれる。




“もしかしたらあの星々の中には、花や海や空が存在するかもしれない。
知的生命体も存在し、地球とはまた違った生活を送っているかもしれない”



そんなことを考えていると時を忘れて、長いこと星を眺めていられる気がします。



でも今年の七夕は、残念ながら曇り空…




「今年もお天気良くないね。

織姫さまと彦星は、一年に一回しか会えないのに」




トビーくんはしょんぼりしながら、五色の短冊を握りしめていました。



「てんまちゃん、人間関係についてのお願いは黄色い短冊にするんだったよね?」



「トビーくん、覚えてたんだ。そうだよ」




紫(黒)
青(緑)



五色の短冊には、それぞれ意味があるそうです。



“織姫さまと彦星が、毎年会えるようになりますように”

f:id:maricats:20210513192544j:plain

「ロマンチックなお願いだね」



「だってぇ。
年一回しか会えないのだって、寂しいだろうにさー」



「かわいそうにゃ」



「そうだよね。毎年会えると良いよね。

天の川も見たいしね」




七夕の時期は、梅雨真っ只中。


晴れる確率は、あまり高くなりません。



「あのさぁ」



さっきまで黙って聞いていたまゆさんが、口をはさんできました。



「地球のさぁ。
日本にある、とある地域に雨が降るとさ。

何でベガ(こと座/織姫)やアルタイル(ワシ座/彦星)に影響があるわけ?」

f:id:maricats:20210513193954j:plain

「も~、まゆちゃんったらおとな気ないっ」



「ふんっ」



「ロマンチックじゃないにゃ」



「何にゃこ…
今日はねこ森町に、行ってるんじゃないの?」



「行ってるにゃよ。
押し入れを使ったら“プッ”って行けるにゃ」



隣にあるねこ森町には、押し入れを使って移動出来るのです。

f:id:maricats:20210513194515j:plain

ベガとアルタイルに、白鳥座のデネブを加えた星々を夏の大三角と言います。



夏の夜空に光り輝く星です。



中でも一番輝いているのはデネブです。





地球を照らしてくれる太陽の大きさは、地球の約100倍ほど。




ベガとアルタイルは“太陽”の約2倍。



そしてデネブはなんと、太陽の約200倍なのだそうです。



このように大きな星は寿命が短く、その生涯を終えた後はブラックホール、もしくは中性子星になります。



大きい星は命を燃やし尽くすように、光を放っているので、太く短い人生になるのです。




「その図体のでかいデネブは、何の役割してんの?

七夕伝説に関係あるの?」



「織姫さまと彦星を、助けてくれるのかなぁ」




「そうだよ、トビーくん。
二人のためにカササギの群れ(デネブのこと)が、運んでくれるんだって。

雨や曇りの日でも」

f:id:maricats:20210513202031j:plain

「そうなの?

なら、天気が悪くても毎年会えるの?」




「う~ん。それがね。
私もよくまだ分からないの」



雨の日でも天の川に架かる橋を渡って行き来が出来るとも、天の川が氾濫してやっぱり会えなくなるとも言われていて、諸説あるようです。




「ねぇ、てんま。
そもそも奴らは、何で年一しか会えないんだっけ?」



次回へ続きます