マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ねこさん、おもちゃを運搬する

「ええっ?
ねこさんって獲物を飼い主の所に
届けたりするんだ?

何でだろう?

ふむふむ。

狩りの報告とか
狩りの仕方を教える為とか…

なるほど。
色んな理由があるんだなぁ。

だからねこさんの中でも主に
女性のほうにその習性が見られるのか。

母性本能なんだろうなぁ」


勉強家のパゴロウさんは
薬のお勉強もしつつ
相変わらずねこさんのこともお勉強。


まだ対面で仲良くする自信は
ありませんが、ねこさんのことを
少しずつ知っていくことで
親しみを持てるようになってきています。


「家ねこさんの場合はあの
黒い害虫とか捕まえて
持ってきちゃうのかな?」


パゴロウさんの危惧している通り
そういう事もあるようです。


ねこさんにこれをお届けされたら
困るでは、すまないだろうなぁ。



ですがもっと可愛いものを
獲物としてお届けされることも…


その可愛い獲物とはねこさんが
いつも遊んでいる、おもちゃです。


うちの子たちはしてくれませんでしたが
朝起きたら枕元にそっと、おもちゃが置いてある。


そんな話を聞きます。


「それって…」

f:id:maricats:20210102025747j:plain

想像するだけで可愛い!


朝一で寝ぼけて、足ふらふらに
なりながらも抱き締めに
行きたくなってしまいます。



ねこさんがおもちゃを持ってくる場合は
「これ食べにゃよ」
という意味以外にも、見たまんまの
「一緒に遊んだるにゃ」
という意味もあるらしいです。

わこさんたちと一緒ですね。



「獲物とれたにゃっ!」
という自慢の意味もあるそうです。

f:id:maricats:20210102025845j:plain

持ってきて貰ったからには
ねこさんたちが、どの意味で
持ってきているのか正確に把握する…

それが貰った人間の使命。


そして彼らが望むご褒美をあげましょう。

f:id:maricats:20210102025925j:plain

「こらねこっ!
おもちゃのねこじゃらしどこ置いたー!?」



ポにゃちゃんはおもちゃを
持ってくるというよりは
どこかに運んでいくのを
たまに見かけます。


家から消えてゆくおもちゃ…



シンク?
靴箱?
クローゼット?
どこ置いたっ!?



でもおもちゃを無くすのはお互い様。


こっちも遊んだままあちこちに
おもちゃを放置して、行方不明に
してしまうことがあります。



ぽんちゃんは小さい頃
自分と同じ位の大きさのぬいぐるみを
いつもくわえて運んでいました。


ねこの赤ちゃんがぬいぐるみを
運んだり、抱き締めたりするのにも
様々な理由があるそうです。


でも噛み付いたり
爪を立てたりするわけでは無く
“いつもそばにいたいにゃ”
そんな風に見えたので
お友だちだと思っていたのかな?
どうかな?


家ねこさんの場合
周囲には自分よりビッグサイズのもの
ばかりいます。


そのため同じサイズのお友だちが
欲しかったのかもしれませんね。


ねこさんにとっておもちゃというのは
ただの遊び道具なわけじゃないんだなぁ…