です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

パゴロウさんを観察中

f:id:maricats:20210114223825j:plain

コソコソと薬局内を覗き込む者がいます。


一体何者でしょう。



「にゃこちゃん、何しとる?

お水まだあるよ」

f:id:maricats:20210117011102j:plain

「飲むにゃ、飲むにゃ。

おばあにゃん、ちょっとだけ待っててにゃ」



「なんだい、そんなに一生懸命見つめちゃって。

パゴロウちゃんが好きなのかえ?」



患者さんに、キャットセラピーを行うはずのにゃこさん。


それにも関わらず患者さんを放置し、薬局を覗き込んでパゴロウさんを観察しています。


それはまるで患者さんの本心を読み取るため、さりげなく観察する薬剤師のようです。



にゃこさんは最近パゴロウさんが、穏やかにお仕事をしているように見えていました。



おそらくパゴロウさんが一緒に暮らすようになった、シフォンさんの存在が大きく影響をしているのでしょう。


でもにゃこさんは、その事を知りません。



(いままではとってもお疲れのようにゃった。

にゃこはなにもしてあげられにゃかったけど。

でも今は元気そうにゃ。

そんな今にゃら、にゃこのことを見ても怖くないかもしれないにゃ…)




ねこさんはたまに、こうやってヒトのことをジッと観察していることがあります。



「なに?どしたの?」


まゆさんはにゃこさんが見つめると、にこやかに対応してくれます。


そして優しい声で話しかけてくれます。


(にゃふふっまゆちゃんっ)




にゃこさんは患者さんをほったらかしたまま、ひとりでクスクスと思い出し笑いをしていました。




しかしすぐに真顔に戻り、再びパゴロウさんの様子を覗き込む。





でもにゃこさん聞いてた。

にゃこさん知ってる。



USAさんとパゴロウさんが話していたこと。


二人の会話を聞いてしまったというにゃこさん。


「パゴちゃんって、ホントにねこちゃんが苦手なのね。

可愛いのに…

誰にでも苦手なものはあるけどさぁ」



「でもねこさんのことを少し分かってきたので、怖いという感情は薄れてきましたよ」



「苦手なものを理解しようとするって凄いよね。

真面目なパゴちゃんっぽい。

知り合いにもねこちゃんを嫌いな人いて…

それで嫌いな理由を聞いみたのね」



「目…とかですか?」



「あ、それ言ってた。他にも…

匂いが嫌。

物を壊す、汚すのが嫌。

毛が付くのが嫌。

ノミもダニも付くのが嫌」



「………」



「あとはね、すぐキレる。

何してくるか分からない。

何考えてるか分からない…とか」



その話を聞いてしまっていたにゃこさん。


(なんにゃか、ショボンしちゃうにゃ…)


にゃこさんはしょんぼりしながら、テンテンとその場を去って行きました。





「ボクは、匂いとか毛が付くとかは平気ですよ?

人間も動物も匂いはありますし、そばにいれば毛が付くこともあります」



「そうよね。

あたしも何にも気にならない。

限度はあるけどね。

香水キツい人とか」



「ふふ。確かに」




にゃこさんはねこさんを嫌いな理由を聞いてしまって、落ちこんでいます。


(にゃこさん、臭うにゃの?)

f:id:maricats:20210117011217j:plain

f:id:maricats:20210117011239j:plain

にゃこさんはまだ上の空で、薬局内を見つめていました。



(なんにゃかショボンすること、思い出しちゃったにゃ)


「にゃこちゃーん」


「おばあにゃん、もうちょっと待ってて」


(怖いにゃかな?
にゃこのことやっぱり怖いにゃかな?)


にゃこさんはパゴロウさんに背を向け、ついに座り込んでしまいます。


(にゃこさん、臭いにゃかな?)


座り込んでしまったねこさんというものは、自動で眠くなってしまいます。


(にゃこさん…にがて?)




「にゃこちゃん、何しとる?」



「にゃむ…?」


「こっちで寝ときなしゃれ」


「にゃ…」


「こっちでお昼寝しなしゃれ」

f:id:maricats:20210117011316j:plain


「あれ?」


パゴロウさんは薬局の外で、患者さんと寝ているにゃこさんに気付きました。


「のん気何だなぁ。

ねこさんって」


パゴロウさんには、改めて気付いた事がありました。



ねこさんに対し“怖い・苦手”というイメージを持っていましたが“のん気・ボンヤリ”という印象に上書きされつつある…





にゃこさんと一緒にいる患者さんも、リラックスしてるなぁ。



こうして見ているとにゃこさんは本当に、セラピーキャットになりつつあるんだ。

凄いなあ!!



パゴロウさんも薬剤師として見習いたい所です。