マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

パゴロウさんの患者対応

f:id:maricats:20200907211244j:image

「あの~、欲しい薬があるんですけど…
ここに置いてあるかしら?」


“ギクッ”


f:id:maricats:20200907211253j:image

突然背後から、薬の有無の質問をされ、ビクビクしてしまうパゴロウさん。


「えっと…どのようなお薬でしょう?」

 

「歯がね、ちょっと痛むんです。
歯医者さんの予約がなかなかとれなくて、ちょっと先になりそうなんですよ。


それまで歯の痛みが、我慢出来そうになくて。
痛み止めの薬…あります?」



(痛み止め…)

“アスピリン”

 

f:id:maricats:20200907211317j:image

「あります。ありますよ!」


「良かったわー。
もう痛くって、一日中歯の事ばっかり考えちゃって。
他のこと何も、手につかない状態だったんですよ」

 

「この痛み止めの薬の主成分は、アスピリンと言います。
これは柳の樹皮に、含まれている成分なんです。
古くから柳の樹皮が痛み止めに効くことは、知られていまして。
なので柳は、爪楊枝に使用されているんですよ。
歯痛を抑えるために」

 

「爪楊枝に?
知らなかったわ。詳しいんですね。
さすが薬の専門家だわ」

 

“薬の専門家だわ”

 

「は、はい。
ありがとうございます」


とは言えパゴロウさんは、マメチュー先生に一応、確認をとる事にしました。


f:id:maricats:20200907211250j:image

「特にアスピリン喘息に、掛かった事は無いか。


胃炎・胃潰瘍等の副作用があるので、胃腸は弱くないか。


歯痛の痛みはどのくらいか。


痛みによく効く薬と、効果は緩やかだけれど、副作用の少ない薬、どちらにするか等も確認すると良いと思います」


“ハッ…”


(薬剤師として必要な確認事項、何も聞いていなかった)


自分の知っている知識を、ひけらかしただけ…


「でもパゴロウさん」

 

「はっはい。
すみません」


f:id:maricats:20200907211247j:image

「え?」

 

「昔の方たちって、凄いですよね。
かなり昔から薬というものは、存在していて。
そして私たちは既に存在する、薬の勉強をしているだけですから」


(マメチュー先生…目がキラキラ、ギラギラ?している)



“薬の知識を身に付けるのが好きな所”


ちょっとマメチュー先生とボクは、似ている所があるのかもしれません。


f:id:maricats:20200907211241j:image

仕事の休み時間。


柳の木の下で、マメチュー先生と二人でお話をしました。

 
薬の豆知識とか、色々と…


サワサワと、風で葉が揺れる柳の木。


“息を止めて、足早に通り過ぎないと、霊に取り憑かれてしまう”


そんな言い伝え?的な話を聞いた事があります。


でもボクは日本っぽくて、雰囲気があって、柳の木は好きです。



そんな事を思いながら、マメチュー先生の薬のお話を聞く。


穏やかな時間が流れていきました。


ボクも…
マメチュー先生みたいな薬剤師になりたいな…


これからも先生の元で、勉強させて頂きますね。
マメチュー先生。