マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

猫さんの香り

みなさんにもあると思います、好きな匂い。
人それぞれにある、好きな匂い。


メープルの匂い、好きです。

お菓子の袋に顔を突っ込んで、メープルの匂いを嗅ぎ取ってしまうまで、嗅ぎ続けます。


痒み止めのキンカンの匂いも好き。

より嗅ごうとして、鼻につけてしまう事もあります。

夏も終わりです…

f:id:maricats:20200826173053j:plain

どこからか香ってくる、キンモクセイの匂いも好きです。

秋を感じます。


そして……

f:id:maricats:20200826173230j:plain

猫さんたちの匂い……は、好きとはちょっと違うのですが、何だか嗅ぎたくなってしまいます。


“あなたはどんな匂いなの?”
と、猫さんたちの匂いを確認したくなります。


外猫さんの匂いを嗅ぐと、どこで何をしていたか…何となく分かります。


「あなた、いっつも土の匂いするね。
また土の上をゴロゴロしてたんでしょう」


「キミは毛づくろいした直後だね?」


相変わらず変質的なことをしていますが、動物好きな人にはあるある行為でしょう。

f:id:maricats:20200826174000j:plain

隠れ逮捕者は、たくさんいそうです。


猫さんたちの匂いは、それぞれまったく違いますね。


なので匂いを知っている子なら、匂いを嗅げば誰だか分かります。


匂いで言えば、ぽんちゃんが一番好きです。

長く嗅いでいられます。

猫アレルギー発症の原因かと思われます。
自業自得ですね。


ポにゃちゃんの身体からはもう、ただただジジイ臭がします。

猫ジジイですから。


女子であるバーバラさんは…

f:id:maricats:20200826174711j:plain

独特な野生の臭いがします。

ちょっと長くは、嗅いでいられないなかぁ。


ご高齢になってからは、遊びに来なくなってしまったバーバラさん。


でも二十歳位まで?
とにかく、とても長生きされたと聞きます。


猫又にはなれたのでしょうか…



長くは嗅いでいられないのに、なんだかバーバラさんに会うたび、匂いを嗅いでしまいたくなる…

「ああ、この匂い。これがバーバラさん!」


ありますよね?
自分の足の爪の匂いを嗅いで、確認したくなるみたいな。

…ありません?


ご長寿猫さんのありがたい匂い。

なぜだか未だに覚えています。