マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

シッポの観察

何がそんなに気に障るというのでしょう…


ねこさんはすぐ、シッポをパンパンして怒ります。

f:id:maricats:20200922234013j:plain

その為どのねこさんと接していても、いつの間にかねこさんのシッポに目をやっている自分に気付きます。


ねこさんのご機嫌ばかり気になってしまう。



テレビ出演をしている、ねこさんに対しても一緒です。


“撫でて貰って、猫ちゃん嬉しそうですね~”

とナレーションが入っていたりしますが…


“いや、あのシッポの振り方。
絶対ねこさんイライラしているよ。
ガマンしているよっ”


なんて思い、ねこさんの機嫌を気にしながら見ちゃいます。




そんな風に思うくせに、自分もねこさんを盛大にイライラさせてしまう。


だってどうしても触りたいんだもの。

構いたいんだもの。



なのでポにゃちゃんにお触り。


犠牲者・ポにゃちゃんも案の定、シッポをパンパンし始めたのでお触りを一時中断。

ご機嫌が治るまでジッと、ポにゃちゃんのシッポを観察します。


f:id:maricats:20200922235218j:plain

実はポにゃちゃんは、少しだけカギシッポ。


見た目ではあまり分かりませんが、つい触ってシッポが曲がっているのを確認したくなります。


“触りたい!でもまだ怒ってる…”

f:id:maricats:20200922235419j:plain

あんまり近くで見ていると、シッポの刑に処されてしまいます。

f:id:maricats:20200922235558j:plain

ジッとポにゃちゃんのシッポを見ていて、今更ながら思った事。


うっすらトラ柄。

f:id:maricats:20200922235709j:plain

数年一緒に暮らしているのに今気付く。

f:id:maricats:20200922235849j:plain

まぁ、毎日見ている自分の顔に新しいシミが出来ていても、なかなか気付かないような人間ですからね…