マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

盗撮犯

老いた猫、ポにゃちゃんと暮らす日々。


猫さんに触れたい時、いつでも触れられる距離にいてくれます。


満足です。

f:id:maricats:20200831200649j:plain


満足ではあるのですが、実家にいた時は近所に猫屋敷があったので、ウチの子(ぽんちゃん)以外にも猫さんのお友だちがいました。


そして一つ前の家に住んでいた時も、近所にぷーちゃんという猫のお友だちがいて、仲良くして貰っていました。


でもここ最近はポにゃちゃん以外の猫さんと、接する事が無くなってしまいました。


贅沢ですが、やっぱりちょっと寂しいです。


道端で猫さんとたまにすれ違うことはあっても、こちらには寄ってきてくれません。


そういう場合はなるたけその猫さんにストレスを与えないよう、見ない振りをしながらスーっと通り過ぎます。

ホントは目をギラギラさせて見ているのですが、猫さんに見ている事がバレないように通り過ぎます。


そんな少し物足りない日々の中、気付いた事がありました。


「あれ?あれあれ?」

ウチのマンションの向かいに…いる。

何か、いる。



猫さんのような何かが。


初めてそれを見た日は、雨が降っていました。

でも猫さんのようなそれは、雨がそぼ降る中、ピクリととも動きません。

「猫さん…なの?」

そう思いながらずっと見ていましたが、全然動かない。

猫さんじゃないのかな?やっぱり。

何でも猫さんに見えてしまう病気?


目を凝らして見てみたけれど、目が悪いので何だか良く見えない。


“そうだ!”

「携帯、携帯!」


写真機能を使って猫さんのようなものを、ズームにして観察してみます。


f:id:maricats:20200805213922j:plain

ねこ!やっぱりねこ!


画像が荒くて分かりづらいですが、やっぱり猫さんです。


その日からポいもさん、猫ストーカー化。


怖いです。人って怖い…

 

もう知っている。

あの猫さんが17時過ぎになると、あそこに現れるのを。


ズームで眺めています。


向かいの窓から誰にもバレないよう、カーテンの隙間からコッソリと…


このことは、ポあねには内緒にしていました。


犯罪行為ですから、盗撮です。


ポあねにバレたら
「盗撮なんてみっともない行為やめなさい」
ときっと怒られてしまうでしょう。



そんなある日、ポあねから見せてもらった写真。

f:id:maricats:20200805214758j:plain

「近所の猫さんだよ」

ポあねも盗撮犯でした。


さらには肖像権侵害…


あまり似ていると言われない姉妹ですが、やはりどこか似ているみたいです。


ニュースにならないので正確には分かりませんが、猫の盗撮犯…

おそらく世の中に、多い気がします。