マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

家族の留守

ぽんちゃんを置いて家族全員が旅行へ行く事は無いので、大抵両親が夫婦で旅行へ行き、ポいもとぽんちゃんはお留守番です。
(ポあねが北国に住んでいた頃のお話)


ぽんちゃんは両親がしばらく顔を見せなくても、特に寂しそうにする様子はありません。

f:id:maricats:20200718215000j:plain

我が家は変質者や泥棒が出没しがちな場所にあるのというのに、とても不用心にしていました。


ぽんちゃんの自由を優先。

いつでも出入り出来るように、縁側にある窓の鍵は開けっ放し。


お陰でぽんちゃんは夜中、自由に自分で窓を開けてお出かけしていました。

f:id:maricats:20200718215653j:plain

鍵はともかく、一応窓くらいは閉めていってくれれば良いのに…


そんなの日々の暮らしが過ぎていき、両親ご帰宅。

f:id:maricats:20200718220015j:plain

やっぱり特に反応しないぽんちゃん。

その様子を見て、ほんのり寂しそうにする両親…


一方ポいもが長く家を開ける事は、ほとんどありません。


開けるとすれば、学生時代の修学旅行くらい。

f:id:maricats:20200718220700j:plain

一応妄想はしておいてます。

今でいえば、最近ホントによくやっている“オチャメで笑える動物映像”を流している番組でたまに流れるやつ。

久しぶりにご主人さまに会えて、ないてわめいて滅茶苦茶喜んでいるペットたちの映像。


それ、それ!
欲しいやつそれっ!


ペットもご主人さまも嬉しそう。


帰宅の際、それをちょっと期待して扉を開けます。

「ん?んん?」

f:id:maricats:20200718222114j:plain

お迎えはしてくれました。


でもお迎えは、いつもしてくれている。


贅沢ですが、いつも以上のお出迎えを期待していたのです。


「寂しかったにゃ!ぽんちゃんを置いてどこ行ってたんにゃ!」
みたいなやつを欲していたのです。

なぁんだ…

いなくっても平気なんだぁ…



そして部屋まで一緒についてくる。

f:id:maricats:20200722212721j:plain

その様子を見ていた両親。


「あら、ぽんちゃんたら。
ポいもがいない間は、一度もそっちの部屋に行かなかったのに。」

(何っ!?)

「一緒だと行くのね」

「そういえばポいもがいない時は、ずっとおれたちと同じ部屋にいたのになぁ」


(なんだって?)

では、ぽんちゃんにとって取りあえずは…
ポいも>両親
ってのは確実だと思っていいんだね?

「もう、ぽんちゃん…
いつもみたいに態度に出せばいいのにぃ」

f:id:maricats:20200718223415j:plain

「まぁ、良いか」

と言いつつ我慢出来ずぽんちゃんを、なでくりまわしてやります。


ポにゃちゃんと違って嫌がらないので、好きなだけやってやるのです。