マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

カラス

ポいもが好きな生物の中に、カラスがいます。

 

そんな彼らは本日も朝から、ゴミを漁っとります。

「また散らかして~」

 

迷惑ばかりかける駄目な子たちです。

f:id:maricats:20200521204822j:image

でも迷惑かけているつもりのない彼らは、とっても楽しそう。

 

頭がいいから
“いつも怒られるなぁ”
と気付いていると思うんだけど…

 

そんなカラスたちをポいもは、仁王立ちでガン見。

 

「マカァ-」

 

ほとんどの子たちそんなポいもを見て、転がるように、逃げ去っていく。

ところがその内、一羽のカラスは…


f:id:maricats:20200521204836j:image

バカの振りして意地でもご飯のそばで佇む。

 

「プッ。お口にご飯をくっつけたまんま」

 

おっかしいんだからぁ

と思いながらカラスを見つめ続けていたポいも…

 

を物陰から見つめている近所の個人病院の看護師さん…


f:id:maricats:20200521204828j:image

えっ?何ですか?
看護師さんアナタ…

ひょっとして、カラス、好き?


数年前-。

家族全員でバス旅行に行きました。


“丘~を、越~え~、行こ~およ~”


その旅行の目的地の一つが日本三大名園。

芝生にはカラスの集団、いました。


f:id:maricats:20200521204846j:image

だいたいこういう公園には鳩のポポたちがいるものですが、こちらの名園にはカラスがおりました。


たくさんのカラスが飛びながら、何やら芝生の上を旋回。

 

ポいもは、早速ダッシュでカラスたちに話しかけに行きます。


f:id:maricats:20200521204839j:image

カラスたちはポテポテ近寄って来るポいもに気付き、全羽全力逃走。


f:id:maricats:20200521204832j:image

遠くの芝生へ行ってしまいました。

 

でもまた近寄れば良いのです。

1回逃げられた位ではめげません。


ポいもは生き物にはしつこくして、嫌われるタイプなのです。


f:id:maricats:20200521204826j:image
f:id:maricats:20200521204849j:image

「マカァ~」

 

“黒ゴマが飛んでいるよ”

 

っていうくらい遠くに飛んで行ってしまった、旅先のカラス。

 

芝生の真ん中に一人ぼっちのポいもさんが、ポツン。

二回目はさすがにちょっと、ショボンしてしまいます。

 

それをジッと見ていた父。


f:id:maricats:20200521204817j:image

何だか呼んでくる父。


「何?」

 

「ほら」

 

「うん?」

 

「カラスのフンだよ」

 

「うん」


f:id:maricats:20200521204843j:image

「よく見て。
虫の羽根が混ざっているね。
さっきのカラスたちはみんなで虫を食べていたんだよ」

 

「…そうなんだ」

 

どうやらカラスに嫌われて、一人ぼっちになっていたポいもを慰めてくれたようです。

 

“ホントは虫を食べていた事位は、分かっていたよ”

でも父ちゃんありがとう!

 

公園でこんな事をして遊んでいたら、バスの時間が。

 

「え~もう時間なの?
何で?短くない?
何にも見てないじゃん」

 

勿論この場には他にも、ポあねと母も同席。

この公園の名物である梅園を、見て回れなかった理由を母が教えてくれました。

 

「あんたがカラス、カラスといつまでも言ってるからでしょー!!」

 

ほほぉ、なるほどね…