マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

秋の味覚・銀杏 その1

秋のポ村をぶらぶらと歩いている女性が…
てんまさんのようです。


「夏の暑過ぎる空気なんて別に好きじゃないのに、涼しくなると寂しさを感じてしまう…」

f:id:maricats:20201028231623j:plain

何で秋って寂しくなるんだろう。


そばに誰かがいてくれないと寂しいよ…


急にてんまさんは、猛然と走り出す。



「捕まえたっ!!」




まゆさんとにゃこさんの代わりに大木を抱き締めている、日曜日の午後のてんまさん。

f:id:maricats:20201028232434j:plain

「まゆちゃんもにゃこちゃんも、こんなに硬くないっ!」


可哀相な大木は、孤独なてんまさんにポカンと八つ当たりで叩かれていました。


***************

うんこワールドに入り込んでしまった…



と、いつも思うケイヒさん。


「うえっ、誰だよ!
こんな所にしたの!
どこにあるんだ?!」



どこにもブツはないのに、強烈に漂ってくる悪臭。



歩いても歩いても、なぜだかうんこの匂いがずっとつきまとう…


抜け出せぬ、うんこの世界。


「た~す~け~て~」




銀杏の種子というのは、9月から11月頃に収穫が出来ます。



「ケイヒさん、銀杏楽しみですね」


「えっ?ああ、そうですね!」


すっかり肌寒くなったポ村の11月。



今日は三すくみの人たちのお手伝いをするため、マメチュー先生とケイヒさんは一緒に銀杏拾いをしています。

f:id:maricats:20201028233013j:plain

「オ二人共、イツモ有難ウゴザイマス」


「いえいえ」

銀杏拾いは、マメチュー先生の秋の楽しみの一つです。


にゃこさんも来ていますが、チョロチョロと見学中。


みんなが何かをしている姿を、見に来たいのです。


「ケイヒさん、イチョウ並木とてもきれいですね~」


「先生嬉しそうだなぁ」


「そうですか?
何だかお恥ずかしい…」


にゃこさんは“テテテテ”と二人のまわりを、イチョウの葉っぱを踏みながら遊んでいます。



銀杏拾いなんてホントは大変なだけなのに…

いつもこの時期になるとウキウキしてしまう。


秋を感じられる行事って、なんかすごく楽しい!


マメチュー先生が言うようにイチョウ並木は本当にきれいだし、落ちてる銀杏は食料にもなる。


観賞用の桜も、食べられるサクランボが実ればいいのに…


***************


秋の気持ちのいい日曜日のお昼。


やっぱり秋は食欲がわくし、好きなものをたくさん食べたくなります。


そんな幸せ気分になるはずだった昼食後…


もち三さんは気分が悪くなってしまいます。


やっぱり食べ過ぎてしまったのだろうか…


あんな小さいもの…


あれをどのくらい食べたかは、把握出来ていない。



吐き気止めの薬…



買っておけばよかった…




つらい……。




薬買って飲まなきゃ…




もち三さんはイチョウの葉が舞う中、マメチュー先生のお店に薬を買いに行こうとしていました。


日曜日なのでお店がやっていないのは分かっているのですが、マメチュー先生に会えれば何とかなると思ったのです。


でもこの吐き気。



ちょっと普通じゃない気がする。



やっぱり食べ過ぎ?


バタンッ!


f:id:maricats:20201029205304j:plain


もち三さんはマメクスリカフェに向かう途中で、歩くことが出来ず倒れてしまいました。


***************


銀杏拾いは、三すくみの人たちのお手伝いをするために毎年行っています。



お礼にお店で銀杏を食べさせて貰えるのです。



ケイヒさんはそばではしゃいでいるにゃこさんに、注意を促します。


「お前気を付けろ!
銀杏踏むなよ」


「にゃ?」

f:id:maricats:20201029205332j:plain


「銀杏踏むと、うんこ踏んだ奴だって思われるぞ」


「にゃっ!!」


「あだ名付けられるぞ」


「にゃきゃきゃっ!」



にゃこさんは思わずケイヒさんにしがみつきます。



「イチョウって奴はまな板にも使用されているし、水分が豊富に含まれているから防火林にもなる。


なのにこの凶悪なほどにクサいという、マイナス要素を持っている。


これ何とかならんのかね…」




銀杏を踏んだりしたら、うんこ踏んだ人みたいになって、だいぶ恥ずかしい思いをしなきゃならない。


小学生の頃に踏んだりしたら、確実に学校で屈辱的なあだ名をつけられる。


子供に言い訳なんて通用しない!


惨めなあだ名を回避する事は出来ない。

銀杏踏んだら、もう決定なんだ!これは!



“うんこ味のカレーと、カレー味のうんこ…
どっちがいい?”



うんこと言えば、思い出すのがこれ…


小学生の頃に聞かれた下らない質問。



“どっちも嫌だよ”



“どっちか選ばなきゃ死ぬぞ!”



そう言って無理やり答えさせられる。



何で死ぬんだよ…



小学生の頃は何であんなに日常会話だというのに、日常とかけ離れた会話ばかりしていたんだ…



“いつおれがそんな質問したってんだよ!
何時何分何十秒!?
地球が何回回った時!!?”



いや、知らねぇけど…


小学生相手には言い訳が通用しないが、人に通用しない言い訳も平気でしてくる。


小学生が言う悪口もよく分からない。


“お前の母ちゃんでべそ”ってなんだよ。


実際うちの母ちゃんの欠点は、でべそ所じゃねえからなっ!



ほとんどのうちの母ちゃんがそうだろう?



母ちゃんの一番の欠点が、でべそ何かですむわけがない。



ってかさ、カレー味のうんこって要はうんこなんじゃないの?



どんなに一流の料理人が上手く味付けしてくれてたって、うんこは食いたくねぇよ、俺。


***************

秋の肌寒さに
寂しさを感じていたてんまさんは


「会いに行っちゃえばいいじゃん」


という事でまゆさん宅を目指していました。



“用もないのには来んなっ!”


って言われちゃうかもっ!きゃっ!


まゆさんのリアクションを想像しながら“予想は当たるかな?”などと思いつつ歩いていたところ、前方に誰かが倒れているのを発見します。

f:id:maricats:20201029230152j:plain

てんまさんはびっくりして、慌てて駆け寄ります。



「どうされました?」

次回へ続きます