マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

星祭り

7月7日はポ村の隣に存在する、ねこ森町で七夕祭が開催される日です。



夕暮れ時。




ねこさんたちがお祭りの会場に、集まり始めていました。

f:id:maricats:20210511205149j:plain

「今日は天の川、見えるにゃろか」



ねこさんたちはモソモソと、空を見上げながらお話しています。




かつては、88星座の中の一つだったというねこ座。



いつの間にか88星座から、消えてなくなってしまったのだそうです。



ねこさんたちは、88星座だけではなく、12支にも入れて貰えていません。

f:id:maricats:20210511210111j:plain

仕方がありません。



他の有名な星座を見て、我慢することにします。



でもお空を見上げてみると…




残念ながら今日は、曇りのようです。




「にゃむぅ、雲のやつがお空に居座ってるにゃ」

f:id:maricats:20210511210431j:plain

「短冊におねがいごとするにゃ」



“晴れますように”


ずい分、急なお願いです。



“可愛がってくれるおうちのパパさん、ママさんがいつも楽しそうにしていますように”



“おいしいご飯が食べられますように。
パパやママとずっと一緒に食べられますように”



“おともだちのねこさんたちと、いっぱい一緒に遊べますように”



ねこさんは文字が書けないので、短冊を握りしめて心の中でお願いします。




ねこさんたち、みんな一生懸命お願いします。


「お願い聞いてくれるきゃなあ?」

f:id:maricats:20210511213130j:plain

七夕飾りは、ねこさんが遊びたくなるようなものばかりです。



お願いより、遊びに夢中になってしまったからかでしょうか…




「ぜんぜんお空、晴れないにゃあ」



ねこさんたちは、お空を見上げてさみしそうに呟きます。




そんな時、にゃこさんが何かをジッと見つめていました。






「きれいな夜空にゃあ」



「にゃ?まだ曇ってるにゃよ」



まだお願いを聞いてもらっていません。

空は曇っています。




でもにゃこさんが見つめている方向を、見てみると…



そこには、きれいな黒猫さんがいました。



その黒い被毛はまるで、夜空みたいです。



そして黒い被毛の中をよく見てみると、あちこちに白い模様が散らばっています。


f:id:maricats:20210511215439j:plain

お星さまと言われた夜空模様のねこさんは、なんだか分からないといった、顔をしています。



「なんにゃか分からないけど、ここに遊びにきたんにゃ。

一緒に遊んでにゃ」


「にゃ?」



“ねこさんたちと、いっぱい一緒に遊べますように”




「にゃ!遊ぶにゃ」




七夕の夜。


早速、お願いごとが一つ叶ったようです。