です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

薬物治療

19歳、病気療養中のねこのポにゃちゃん。



少しでもポにゃちゃんの症状を、改善させてあげたい。

少しでも元気になって、楽しく暮らしていて欲しい。




そのためには嫌でも、ツラくても、通院させなくてはいけません。




「今日もお医者さまのところに行こうね。

ツラいだろうけど一緒に頑張ろう」



「頑張るにゃ。
ポにゃさん、おねにゃんのために頑張るにゃ」



医療費に関してもなかなか大変ですが、ポにゃちゃんが頑張ってくれているので、こちらも何だか励まされます。




処方されたお薬、ちゃんと飲んでくれるかな?



ポにゃちゃんが楽に服用出来るよう、チュルビーにお薬を埋め込みます。

f:id:maricats:20210607234332j:plain

「ポにゃちゃん、お夕飯ですよ」



「にゃきゃ、にゃきゃ♪」


カリカリカリ…


「おいしいにゃ~」

f:id:maricats:20210607234522j:plain

「ごちそうさまにゃした」


「お粗末様でした」


…あれ…?

f:id:maricats:20210607234624j:plain

これは…

f:id:maricats:20210607234645j:plain

薬を埋め込んだチュルビーだけ、上手に残しています。


…ポにゃちゃん?

f:id:maricats:20210607234802j:plain

これはホントに、病気のねこさんあるあるですね。




【ポあね家/ねこさん家訓】
お薬を上手に残してはいけない。


“なんでにゃ?”






「お薬イヤイヤしちゃいけないでしょ?

一緒に頑張るのでしょ?」



「にゃも…」



“お薬探知ねこ”
何かのお役に、立てやしないものかと思うほどの能力。


薬に関して、やたらねこさんは敏感です。




「ポにゃちゃんたら…
悪い人に毒とか混ぜられちゃっても、気付かずご機嫌さんで食べちゃいそうなのに」


なんでか薬の事となると、とっても鋭くなります。



匂いがイヤなのか…
よほどマズいのか…



ねこさんは、お水なんかは不衛生な方を飲みたがるし、体に悪いものも食べたがる。




そして体のために必要なお薬は、きれいに残す。




それでは人間と一緒じゃないか。


う~ん……




そう思うと何だか、強く言えなくなってしまいます。