です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

かゆみ発生

「かっゆーいっ」


USAさん、かゆみを我慢し身もだえています。



“肌荒れ” “虫刺され”等…
かゆみの原因は、色々あります。




「やだ、も~かゆいぃ。
でも掻いたらお肌荒れちゃうし」




かゆいけど…痛いよりはマシだと思い込む。



それでもやっぱり、すっごいストレスです。




「負けないっ、かゆみになんて!

アンタと勝負してやるんだからっ」




かゆみをどれだけ我慢出来るか、勝負です。




我慢していれば、そのうちかゆみなんて忘れる…
わけがない。



意識するほどかゆくなります。



「人間って奴はどうしてこうなの~」



かゆみとの我慢対決に惨敗したUSAさんは、ガシガシと掻きむしってしまいました。



「何でこんなにも痛痒いのっ?
痛くてかゆいっていっちばんいや。

あーでもおいしい…」

f:id:maricats:20210410182953j:plain

USAさんは口の回りを赤くしながら、とろろをかき込んでいます。


「も~とろろおいしいよぉ。

でも口の回り、痛くてかゆい~」



水溶性・不溶性どちらの食物繊維も豊富な山芋。



ここ最近、便秘を治すため、食物繊維豊富なものを積極的に摂取していたUSAさん。




マメチュー先生からあらかじめ聞いていた、便秘改善にいい食材のお話。



便が固くなりがちな人は水溶性(海藻類等)の食物繊維を、下痢になりやすい人は不溶性(いも類等)の食物繊維をとるといいとのことです。



山芋好きなUSAさんですが、かゆくなってしまうのが欠点。



“マメチュー先生!
何なんですかこれ!このかゆいの!

山芋のアレルギーですか?”



すぐ電話でマメチュー先生に聞く女。

f:id:maricats:20210410183020j:plain

“おそらく山芋の皮の近くに含まれる、シュウ酸カルシウムと呼ばれる成分が、かゆみの原因だと思われます”



針のように、尖ったトゲトゲの形をした針状結晶。



皮をむいたり、すりおろしたりすると、組織が壊れ皮膚を刺激する。



“もしどうしてもかゆみが我慢出来ない場合は、お酢を付けお湯で洗い流すとおさまりますよ”




“いいこと聞いた。そうなんですか?”



“はい、そうなんです”



我慢が出来ず掻きむしってしまうと、さらに刺激が加わり悪化してしまう可能性があります。



ただ体質によっては、山芋を食べてもかゆくならないという人もいるそうですよ。



“えっ!トゲトゲに負けないお肌の人なんているんですか?

いいなぁ。
じゃあ先生、色々教えて頂いてありがとうございました”



“いえいえ、それでは失礼します”



トゲトゲがあたしを突き刺してきている…



だから痛痒いのね。




トゲトゲ…



山芋地獄沼。


そんなのがあってさ。


そこに突き落とされちゃったりしたら、どうなるのかしら。



全身が山芋沼の針に…




そんな不必要な想像をするUSAさん。


「いぃやあぁ」

f:id:maricats:20210410183045j:plain

「かゆい、もぅ何これ。
だいたいかゆみって何のためにあるのよ」




“マメチュー先生~!”




“はい、マメチューです。

かゆくなる理由ですか?

まず痛みは、身体がダメージを受けていることを知らせる防衛システムです。


そしてかゆみは、異物が付着したときに毒の可能性を考慮し、取り除こうとする反射行動です”




“毒による痛みを感じる前に、排除しようとするシステムという事ですか?”



“はい、そういうことです”

 

“そうかぁ、マメチュー先生サンキューでーす”



“はい、失礼します”


っていうか毒を排除するシステム?



なにそれ…


過剰すぎない?そのシステム。



でもって、そもそもよ。



「あたしはなんで便秘なの?」



普段は快便なのに、近頃便秘になってしまったUSAさん。



何やらストレスが溜まっているのか、いつもよりイライラしている様子。




ご時世柄、お外で遊び回れないからでしょうか…



「ノミが体中に住んでいる野生動物なんかは、どんな風に過ごしているのかしら?

あたしなんかより、毒に触れ合う機会も多そうだし…」



もぅ、変なこと考えるのやめっ。




山芋はやめてキムチ食べよう。




そんでヨーグルトにオリゴ糖かけて、乾燥プルーンも入れちゃおう。



「飽きないように、他にも便秘にいい食材探しておかないと」



女性誌の便秘特集を読みあさる。



「ん?米ぬか豆乳?
蜂蜜入れて飲むんだ…おいしそう。

ついでににがりも入れちゃおうかな?」



さらに米ぬかには、かゆみを抑制する働きもあるそうです。


「まゆちゃんと会うの明日よね?

その前にこのポッコリお腹なんとかしないと、笑われちゃう」




女子はこういうことに、目ざといですからね。




そして食材の特徴を把握し、健康を手にすることも大切です。



セルフケアをしっかり行っていると、村長も褒めてくれますからね。



とにかくまゆさんに会うまで少なくとも、しっかり頑張れUSAさん。

f:id:maricats:20210410183127j:plain