です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

感謝ごっこ その1

f:id:maricats:20210318221138j:plain

まゆさんと遊んで欲しいにゃこさんは、先程からずっとおもちゃを持って、大人しく待っています。


待っていたのですが…



「何してんにゃ?」


まゆさんが何かしていると、そばで見ていたい病発症。



「なに?にゃこ。
いい子で待っててってば」



まゆさん、現在お掃除中。


f:id:maricats:20210322184206j:plain

にゃこさんのおトイレもお掃除します。



「にゃこときたら、忙しい時ほど遊んで貰いたがるんだから…」




そんなまゆさんの気持ちは、にゃこさんにはよく分からないようです。




「まゆちゃん…
なんで遊んでくれないんにゃ!」



「遊ぶのはあとで~」


f:id:maricats:20210322184243j:plain

「遊んでくれないのにゃらもういいにゃ。

まゆちゃんちの子やめるにゃ」




「あら、そうですか」



二人とも文句を言い合っています。



“まゆちゃんちの子やめる”
はにゃこさんの口癖です。



プンスカ文句を言っているにゃこさんですが、毎回その日のうちに忘れてしまう、そんな子です。




プンスカプープー!

f:id:maricats:20210322184412j:plain

文句を言い合うより感謝の言葉を口にしあった方が喜ばれるのに、人はどうして不満ばかりをぶつけ合ってしまうのでしょう。



にゃこさんは何でもかんでも、まゆさんにやって貰うのが当たり前。

f:id:maricats:20210322184435j:plain

いつもご飯をくれるまゆさんへの感謝の心など、なくなってしまっているようです。



世の中的に言っても感謝の言葉を言うよりも、文句を言う人の方が多い気がします。



毎日文句言っている人は珍しくないけれど、毎日感謝の心を欠かさない人は少ない…



「今日のおかず3品だけ?」


「夏なのにオレンジの掛け布団!?
暑苦しいからかえてよ!」



「疲れて帰って来てるんだから、風呂ぐらい沸かしといてくんない?」



「何でいつもと違うメーカーの水を買ってきてんの?
買い物も出来ないの?」



自分も人の文句を言う癖にそれを棚にあげ、文句ばかり言う人の文句を言う人もいます。





ブースカブー!!


にゃこさんはまだ、文句を言いながら歩いています。


「まゆちゃんにゃんて。
まゆちゃんにゃんて…」



ふとどこからか、声が聞こえてくる。


幼い子どもの声。


「にゃ?」


にゃこさんと同じように、ブースカと文句を言っているように聞こえます。



耳を澄ませば文句が聞こえてくる、そんな世の中です。



「ママのやつときたら“もうすぐ小学生になるんだから、お勉強のためにどりるやりなさい”ってい言うんだ」



「やな事いうね。
ママってやつはホントにうるさいものね。

“おもちゃ片付けなさい”とか、
“ご飯食べてから遊びなさい”とか、
口を開けばそんなことばっかり言ってるもの」



「そっかぁ。
トビーくんとペンネくんのママってやつは、そんなことばかり言うんだぁ」



「そーだよ、てんまちゃん。
それしか言わないんだ」



「にゃまっ。
子どもさんたちもブースカ言ってんにゃ!」


f:id:maricats:20210322184459j:plain

文句を言う人々の元に、文句ったれのにゃこさん合流。



「にゃこさんも“ブースカ”言ってたの?」



「そうにゃ、にゃこは決めたんにゃ。
にゃこと遊んでくれないまゆちゃんとはもう、遊んでやらないんにゃ」



「そうかぁ。
みんな色々大変だね」



「そうにゃ」


「そーだよ」


子どもさんだって、ねこさんだってストレスが溜まる世の中です。



ママの愚痴も止まりません。



「じゃあさ、たまには気分を変えて、感謝の言葉を言い合いっこするゲームしない?」



てんまさん、新ゲームの提案をしました。



「ゲーム?

良いねっゲーム!
楽しそう!!」



「にゃちっ」



「感謝の言葉…
でもそれってどんなのだっけ…」


次回へ続きます