です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

思わずつられる

好き嫌いをする子どもの前で、とっても美味しそうに食べてみせると、子どもも一緒に食べたくなるという…



幼稚園生の頃。



ポいもはスヌーピーのおべんと箱に、タコさんウインナーとしょっぱい卵焼きが入った海苔弁を持って、通っていました。



もちろんおべんとには、嫌いなものは入っていません。



でも小学生になったらおべんとではなく“給食”というものを、食べなくてはならないらしい。



当時のポいもさん。

主にご飯とお肉ぐらいしか、食べられませんでした。


f:id:maricats:20210223155321j:plain

トマトが嫌いなのでスパゲッティ類がダメ

ピザやハンバーガー等のパン類もダメ

魚は骨も味も嫌

野菜も食べない

豆腐はオエッとなるくらい嫌い

というか和食はほぼ食べられない

他にもヨーグルト、ゼリー、おせんべい…などなど嫌いなものばかりでした。



そんな子どもに大抵の親が言う言葉。



「好き嫌いするんじゃないのっ!

貧しい国の子供たちは、食べたくても食べられないんだからねっ!」




学校には食べ残しを許さないタイプの教師もいます。


その教師が担任だった頃は、給食を食べ終えるまで、しょっちゅう居残りをさせられていました。

f:id:maricats:20210223155350j:plain

今は食べている時が唯一の幸せなのですが、当時は食に興味が無かったのです。


「好きな食べ物は何?」


毎回聞かれて悩む質問。

f:id:maricats:20210223155424j:plain


「セルフケアが出来ていませんね!」


とポ村の村長に怒られてしまいそうです。




子どもの頃から母が好きで、よく食卓に出ていた有名店のシュウマイがありました。



そこそこの頻度で食卓にのぼるのでシュウマイの味に飽き、あまり食べたくなくなっていました。



そんなある日ふと気になって
「なんでそんなに、このシュウマイが好きなの?」


と母に質問をしてみました。



母が子どもの頃、家族とお墓参りに行くため新幹線に乗ると、毎回このシュウマイを買って貰っていたという。


「それを食べるのが楽しみでね。

でも家族みんなで分けて食べるからちょっとしか、食べさせて貰えなかったの。

だから大人になったら、満足いくまでたくさん食べたいって思ったのよ」



しょっちゅう食べていたため飽き飽きしていたシュウマイが、とっても素敵な食べ物に思えて来ました。

f:id:maricats:20210223190857j:plain

この日を境に、一気にこの有名店のシュウマイが好きになる。




ポいもさんは実はチョコレートも好きでは無かったのですが、同じようなパターンでチョコも好きになりました。



何しろチョコレートに関しては、周囲の女子たち皆が大好き。


右の女も左の女も、どいつもこいつもチョコを欲しがる…そんなイメージ。




「チョコってそんなに素敵な食べ物なの?」



そんな風に思っていたらとっても価値のあるものに思え、いつの間にかチョコレートが好きになっていました。


ひょっとしたら影響、洗脳されやすいのかもしれない…



でも体にいい食べ物なら、子どもに食べさせるために美味しそうに食べてみせるのは、とってもいいことだと思います。



病院に行かなくてもいい体。

薬を飲まなくてもいい体を普通のお食事で、手に入れられるのが一番良いですからね。


たまには素直につられてみましょう。