マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ラッキーM線

ねこさんの肉球には色・形・硬さなど様々な種類があります。



ねこさんの掌球という部分で、手相というか肉球相で性格診断が出来るそうです。

f:id:maricats:20210220125252j:plain

テレビでは最近占いが人気なのか、色んな占い師の方が色んな占いをしています。



その中で見た手相占い。


“ラッキーM線というのがありましてね…”



「ふうん。ラッキーM線。え…これ?」

f:id:maricats:20210213100213j:plain

【右手のM】

f:id:maricats:20210213100251j:plain

【左手のM】

これがホントに“ラッキーM線”とやらかは、分かりませんけども…


だって珍しいという割には、ぽあねにもあるしさ。


何となく誰にでもありそう…


知能線・感情線・生命線・運命線によって、きれいなM字を描くものをラッキーM線というそうです。



両手にあるのは特に珍しく懸賞や宝くじに、当たりやすい手相らしい。


「くじ運がいい?
お金が舞い込んでくる?」

f:id:maricats:20210220125318j:plain

「いや…噓だよそれ…」



ファミマでたまに開催しているくじ引きでは、ちょこちょこ商品を貰いますが、あれはみんな当たっているのでしょう?



そもそも今までくじ運が良いと思ったことが無いので、宝くじ等購入したことはありません。



「宝くじなんて買おうが買うまいが、当たる確率なんてどっちも0%だよ。

買うだけ無駄!!」


と母ちゃんに言った事を記憶しています。



それでも母ちゃんは夢見て宝くじを購入し、神棚代わりに埃まみれのタンスの上にいそいそと置いていました。



ポいもは元々そういうタイプなので、懸賞とか面倒くさいものは一切やりません。




それなのにホントは、そういうのやったら当たるの?


運良いの?
運…良かったっけ?




人というのは嫌なことの方を、より記憶しているもの…




でも…だって…

お風呂に入ろうと思えば、いつもタイミングが家族と被っちゃうし。


より空いているレジに並んだつもりなのに、何だかすっごくモタモタされて全然前に進まないし。


飲食店で自分が頼んだメニューは大抵「今日は無い」って言われちゃうし。

さらには第二候補も無かったりするし…



じゃんけんはいつも負けて、いやな役が回ってきちゃうし。


学生時代に遡ると、分からない問題ほど先生に当てられる。


ああ…そうだ。

最近ではいつも置いてあるいつものお菓子を買ったつもりが、隣の全く好きじゃないお菓子を買っちゃってたな…


うん?

これは不運な訳じゃなくただバカなだけ?



そういえば海老の殻を剥くと、毎回身を三角コーナーに捨てて、殻をお皿の方に置いている。


これも不運じゃ無くてバカの方?



固いアイスに思い切りスプーンを突っ込んだせいで、アイスが飛んでいってしまったのはバカなの?

運が無いの?


とっちなのでしょう。



でもバカに生まれた時点で、不運なのではないのかなぁ…



そういうわけで今のところ、手相を信じて自分のくじ運を試そうという気は、まだ起きていません。