マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花 その1

朝方。

「う~んっ」

起きる時間より、少し早めに目を覚ましてしまったUSAさんはつい伸びをしてしまいました。


「しまった!!」


「……!!!」


「うっううううぅ…やっぱり……うぅっ」




そろそろポ村にも、花が咲き始める季節がやって来ました。


USAさんに誘われたまゆさんは、お外で一緒にお茶中です。


「あったかいにゃね」


そしてにゃこさんも一緒。


緑が芽生え始めた、ポ村の風景を眺めながらのんびり寛いでいます。


f:id:maricats:20210117232800j:plain

「あんた、なにそれ」


「熱燗」


「……ああそう…」



「でもおつまみ忘れちゃったの。

佃煮食べたかったなぁ。

今の季節ならつくしの佃煮かなぁ」



「渋すぎない?」


「まゆちゃんつくしの佃煮嫌いでしょ?」


「食べたことない」



梅の花が散り沈丁花の香りが漂い始めたら、じきに桜の花が咲きます。

つくしだって生えてきます。


そして4月には牡丹、5月には芍薬、6月には百合の花。


花の女王たちが、順に花を咲かせていく。



特に牡丹は中国では国花…
花王として讃えられているそうです。


「牡丹って華やかで美しいよね。

前から思ってたんだけど、牡丹と芍薬って何が違うの?」



「そっくりだよね。

あたしもてんまから聞いたんだけど」


てんまさんは動植物に詳しい方です。



分類的に芍薬は草。


そして牡丹は木なのだそうです。


牡丹は枝分かれした枝に、花を横向きにして咲かせる。

そのためことわざのように、牡丹の花はまるで座っているように見えるのです。



そんな春の雰囲気を、少しずつ感じ始めた今日この頃。


USAさんにはまゆさんに、聞いて欲しい悩み事があるようです。



「あのね…まゆちゃん、相談が…」


「!!!」

f:id:maricats:20210117232839j:plain

丁度USAさんが話し始めようとしたその時、タイミング悪く村長に見つかってしまいました。



USAさん・まゆさんは慌てて逃走。



昼間っから外でお酒を飲んだりしたら、当然村長に睨まれてしまいます。



わけも分からずUSAさん・まゆさんと、一緒に走るにゃこさん。


(これって遊びにゃ?)


にゃこさんは遊びがはじまったのだと思い、嬉しくなってしまいました。




「あ~疲れたっ」


「村長振り切った?」


「でさぁ、まゆちゃん…」


「ん?」


にゃこさんはUSAさん・まゆさんの周囲を走り回っています。


「あそぼう、あそぼう」


「なっなに?」


「にゃことにゃことっ」



「なによ、にゃこちゃん」


「にゃほにゃほ」



「分かったわよ。遊ぶのね?
でもちょっとだけだよ」



「にゃたぁ」


「USAっ、悪いね。

その子と遊んでやって」



「…まゆちゃんは?」



「急に思い出す事ってない?

“卵買い忘れた”
とかって急に思い出すこと。

今買っとかないとまた忘れちゃうじゃん?」



「知らないわよ」


「というわけで卵…買ってくる」


「ねぇ、あたしの相談…」


「USAはにゃことあそぶんにゃあっ」


「分かってるってば。

じゃあまゆちゃん今日のお夕飯、あたしオムライスがいい」


「食べてくってか?」


USAさんはにゃこさんの面倒をみる代わりに、お夕飯の要求です。




お夕飯時

「これオムライス?」


出て来たのはチキンライスに、スクランブルエッグがのっかった食べ物。


「あたしに器用さを要求している?

でもトロトロに出来てるでしょ?」


「…マメチュー先生の、ご飯ばっかり食べてた事による弊害ね…」


「どこと比べとる…
あのレベルを要求すんな。

で?相談って?」


「もごもにゅご」


「あぁん?」

どうやら案外“とろとろスクランブルエッグオムライス”を気にいっていたらしく、USAさんは口いっぱいに頬張っていました。



「毎朝こむら返り?」


「そうっ。
もうほんっと痛くて。

こむらってる時がね、嫌で嫌で…」

 
「なったこと無いから、よく分かんないけど」


「そうなの?
めっちゃ痛いんだから。

ここまで痛くする必要ある?ってくらい。
一瞬、息が止まっちゃうくらい痛いの。

朝からすっごい嫌な気分…

それって変な病気だったりしないよね?」



「その可能性はあるはずだよ、確か」


「うそっ」


「ホント。
気になるんだったら、ちゃんと受診するといい。

痛みが数分たっても、なかなか治まらないとかそういうときは…

血管系の疾患とか神経系の疾患とか原因は色々あったはず」


「うそぉ…」


「ホント。

でもあんたの場合は単なる加齢じゃない?」


「ぜっったい嘘っ!!!」


【こむら返り】
こむら返りは妊娠中や、加齢によって起こりやすくなります。


運動中・就寝中に発症しやすいです。



加齢以外にもマグネシウム等が不足したことによる、ミネラルバランスの乱れが原因の場合もあります。


その場合はわかめ、青のり、てんぐさ、昆布、ひじきなどの海藻類にミネラルが豊富に含まれているので、積極的に摂取することをオススメします。


便に含まれる水分の量が増えるため、便がやわらかくなりスムーズに排泄が出来るようにもなります。





「でもさぁ、あたしさぁ。

わかめ食べるとさ」

f:id:maricats:20210117232928j:plain

わかめが消化されず、便がそのまま出て来てしまうのだという。


「USAはわかめのうんち出すにゃ」


「やだ、大きな声で言わないで」


「何でにゃ?」


「だからあたし、わかめ食べてないの。

あたしときたらもう、朝は一生こむらって生きていくしかないのかもしれない」



「お前の業なんだろうな。

それが…」



「あっさり受け入れないでくれる?」


「いないんだよ。

USAの腹ん中に、わかめを消化してくれる腸内細菌が」



「わかめを消化する腸内細菌?」


「日本人には比較的、その腸内細菌を持っている人が多いっていうけど…」


「お国によって違うんだ?」


「みたいだね。
別にわかめに固執しなくても、ナッツ類にもミネラルは豊富だよ。

乳製品からはカルシウム。
いも類からはカリウムも摂取するといいよ」



「ナッツも乳製品もお芋も好き~」


「そらぁよかった。

あと寝る前に水分補給。

水分不足もこむら返りが起こりやすくなる原因だから」


「今日帰ってあたしがすぐに出来るのは、寝る前にお水を飲むって事ね」


「それでも改善されないようなら、芍薬甘草湯を飲むといい」


「芍薬甘草湯?」

次回へ続く