です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

靴ずれ・水ぶくれ

真夜中。


ヒタヒタと向こうから、裸足で女?のようなものが歩いてくる。

f:id:maricats:20210130164740j:plain

“妖怪裸足歩き”


出会ってしまっても何かしてくるわけではありませんが、出会わない方がいいのは確かです。



靴が足に合わず激痛を味わうことになった、なんて話を前回書きました。


この日の夜もあまりに足が痛くて我慢できず、家にほど近いひと気のない場所で、靴を脱いでしまいました。


今回はそれよりも更に古い、ハタチ前後の頃のお話。



今となってはもうどうでもいいのですが、若い頃というのはやはり“短い足を長く見せたい”そんな風に思ったりするもの。



そのため少し高めのヒールの靴に憧れる。



とは言え毎度のことですが、その手の靴はポいもの足には全く合いません。


なのであらかじめ足がボロボロになることを覚悟して、高めのヒールの靴を履きます。



覚悟はしているのですが、それにしてもやはり痛い…



足に靴が合っていないと言うことに加え、歩き方も悪い。


更に普段あまり歩かないからか、足の裏が柔らかくすぐ靴ずれ・水ぶくれが出来てしまう。

f:id:maricats:20210130164837j:plain

ある日の夜。


遊びに行った帰り、友人と共に自転車で実家の前に辿り着く。



その時はすでに足の裏の皮は両足とも大きく剥がれ、酷い状態でした。



もう一歩も歩けない。


たまたまこの日は最寄り駅に自転車を置いていたので、自宅までは自転車でスムーズに帰れました。


ただ自転車を降りようとしたときに、足の裏の皮が靴に引っ張られた為か激痛が走り、痛みで着地することが出来ず…


なんとそのまま後ろにひっくり返り、頭から壁に激突。



“ゴーーーンッッッ!!”



除夜の鐘のように夜中に響き渡る激突音。



自宅で寝ていた母にも聞こえたそうです…



頭をしこたま打ち付け、引っくり返っているポいもを友人は青ざめた顔で見下ろしている…



“大丈夫?”
くらい声掛けてくれんもんなのかな?


と思いながら起き上がると、ようやく友人が口を開きました。




「ホントに…
死んだかと思った」




まぁ確かに頭は腫れ上がり痛みもあったため、眠るときは打ち付けた部分と反対側を下にして眠りましたが…



でもポいも的には足が痛い。
ヒリヒリして痛い。


f:id:maricats:20210126223425j:plain

【靴ずれ】
患部は洗浄し清潔にしましょう。


傷口は靴擦れ用の絆創膏などで乾燥させないようにし、湿潤療法を行いましょう。

(詳しくは記事「湿潤療法」を参照)


【水ぶくれ】
決して潰してはいけません。
決して…


潰してしまうと細菌が入り込んだりして、治りが遅くなってしまいます。

f:id:maricats:20210130164935j:plain

我慢できずにつぶしてしまった場合は、殺菌・消毒・鎮痛効果のある軟膏を使用しましょう。



化膿してしまった場合は、抗生剤を使用して下さい。


【応急処置】
出先で靴擦れをおこしてしまった場合は、ワセリンやリップクリーム・ハンドクリームを塗ると摩擦を減らせますよ。


“小料理屋三すくみ”の店主
フロ次さんのガマの油でも、効果があるかと思います。