です。

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

年末の大掃除

いよいよ年末。

もうすぐハレの日であるお正月がやって来ます。


年神様をお迎えする前にホコリを払い、家の中を清めねばいけません。


そのため年末は、大掃除を行うご家庭も多いでしょう。



かつては12月13日が正月事始めと言って煤払いをし、お正月の準備を始めたらしいですが、今の日本で12月13日と言ったらクリスマスムード一色の時期。


なので現在はほとんどの方が、クリスマス以降にギュッと凝縮して、お掃除もお正月の準備もしていることでしょう。



今は山に薪や門松用の松などを、取りに行く必要はないですからね。



ちなみにポ村では家の屋根などは、村長がパタパタと飛び乗ってキレイに掃除してくれます。


そしてまゆさんも例にもれず大掃除………



年末大掃除

大変な掃除は年末やれば良い

普段はやらなくてよい



嫌な事、面倒な事は都合良く変換して解釈する、それが人間というものです。



年末の朝、まゆさんはベッドでにゃこさんとゴロゴロ。


まゆさんは基本、面倒臭がりやさんなのです。


「今日は天気がいいなぁ。
しかも年末だなぁ。
仕方ないなぁ。」


こうしてようやくグズグズと起き上がり、朝から大掃除に取りかかっていました。


今日ばかりは、普段丁寧にやっていない場所もキレイにします。


普段やっていない分、掃除が大変。


毎回
「やっぱりいつも掃除しとこう」
と、思いはします。


端でそんな光景を見ているにゃこさん。



いつもと違う様子に何だか浮き足立ちます。


“ジッと見ていたい病”発症。




頑固な汚れる落とし等、お掃除になかなかの時間がかかるため、体力もかなり使います。


その周囲をにゃこさんチョロチョロ。


まゆさんが一生懸命床の汚れを落としている姿を、もっと近くで見ていたい。

f:id:maricats:20201223221816j:plain


床など低い所をお掃除していると、にゃこさんのフワフワしたねこ毛が頬の辺りに当たってきます。


まゆさんは次にタンスの上を、ハタキで掃除することにしました。


「…床より最初に、ホコリを落としとくんだったなぁ」


パタパタ…パタパタ…


「うぇっ」


タンスの上からホコリがごっそり落ちてきました。


長年掃除していなかった事により誕生した、ホコリの化け物。


「も~なんだこれぇ」


にゃこさんはまゆさんの隙をつきすかさず、ホコリの化け物を捕まえに行きます。

f:id:maricats:20201223222005j:plain

こうしてお掃除を怠ることが原因で、人間もねこさんもアレルギーになってしまうのです。

【ホコリの原因】
人間の皮膚やフケ。


他には衣服や布団、カーテン、カーペット、クッション等から出た繊維のくず。


そして本やティッシュ等からも、ホコリは出てきます。

そのような所には当然ダニやカビ、菌などが住み着きます。



掃除をしない人間がこさえてくれた、とても居心地の良い寝床です。


“イツモドウモアリガト”


そんな汚いホコリが原因で、発症してしまうアレルギー。


・アレルギー性鼻炎
・アレルギー性結膜炎
・アレルギー性皮膚炎
・気管支喘息など…


「はっ、はぁっ…はっくしょん!」


「まゆちゃんお鼻ずるずるにゃ」


「ティッシュ取って」


「にゃっ」



まゆさんもアレルギー性鼻炎です。


ハウスダストに反応して、毎回くしゃんしてしまいます。


ですから、毎日お掃除はこまめにして下さい。


f:id:maricats:20201212125053j:plain

アレルギー症状に悩まされている方は、ヒスタミンの働きや粘膜の炎症を抑える薬を服用する事で、緩和させる事が出来ます。


マメクスリカフェで取り扱っておりますので、お気軽にご相談下さい。


問診の結果、症状が酷いと判断した場合は病院の受診をオススメすることもあります。





「まゆちゃんさっきから、お台所ばかりお掃除してるにゃ」


キュッキュッ


「いいからあなたはキッチンから降りなさい」


キュッキュッ


キッチンは特に、念入りに掃除した方がいいそうです。


健康に生きていくのに大切な食事。

キッチンはそれを作る場所。


そんなキッチンには火を使う場所に祀られる神様“かまど神”とやらがいらっしゃるんだそうです。


「かまどがあるうちなんてもうほとんど無いと思うけど、うちにもかまど神はいらっしゃるのかね?」


時代の変化によっていなくなる神様。
新しく誕生する神様など、いるのでしょうか?



「カマドウマなら見たことあるけどさ。
ほんとに台所の近くで見た」



「なんにゃ、それ?」


「かまど付近にいる馬面の虫。

カマド・ウマ」


「ひどい名前にゃ。

悪口あだ名にゃ」


「はい、取りあえず邪魔なにゃこさんは、そこどいて」


「ひどいにゃ…」


キュッキュッ♪
キュッキュッ♪


「さてっ!これぐらいでいいかな?

ねぇ、にゃこ~!!」


「なんにゃさ…」


「どう?きれいになった?」


「………」


さっきまで邪魔者扱いされて、へそを曲げていたにゃこさんですが、まゆさんの嬉しそうな顔を見たら途端ににゃこさんも嬉しくなってきました。


「きれいにゃ!ピッカピカにゃ!」

「でしょ?」


まゆさんのご機嫌がいいと、にゃこさんもご機嫌!



「じゃあこの後はお正月に向けて、買い出しに行かないと。

にゃこも行く?」


f:id:maricats:20201223222110j:plain


「にゃこのご飯も買っとかないとね」

「にゃまっ♪」


まゆさんたちのお正月の準備も始まりました。