マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

パゴロウさんがクリスマスに思うこと その1

12月に入るとマメクスリカフェも、クリスマスムードが漂い始めます。


パゴロウさんはマメチュー先生・クラゲさんと一緒にクリスマスツリーの準備中。


いつもクリスマスは、準備期間が一番ワクワクします。

f:id:maricats:20201201233838j:plain

「たまには本物のもみの木をって思うんですけど、意外と飾り付けが難しいんですよね。

本物のもみの木だと…」


「分かります。

昔、うちにも本物のもみの木があったんですけど、飾りがあまり映えなかったんですよね。

しかも枯らしてしまいました…」



マメチュー先生が用意したオーナメントは、ツリーによく合うようなかわいらしものが多いようです。



薬局に来局する子どもさんたちの気分を、盛り上げるためでしょうか。



「この飾り、手作りもあるんですよ」


「そうなんですか?すごいっ!」


未だに様々なオーナメントを見ているだけで、テンションが上がります。


クリスマスがなんたるかも、大して分かっていないのに…



でも分からないからこそ、無邪気にクリスマス雰囲気を楽しめるのかもしれません。



何だか童話の中に入り込んで、そこで行われているイベントに参加している気分です。

f:id:maricats:20201203233048j:plain

海外に行った事のない…


そんな井の中の蛙だから、そんな夢みたいな事を思うのでしょうか…



「パゴロウさん、お疲れ様です。

シュトーレンが完成しましたので、召し上がってください」


「ありがとうございます」



ドイツのケーキ、シュトーレン。


クリスマスまで毎日一切れずつ食べていきます。


徐々に濃厚になっていく、シュトーレンの味の変化を楽しみます。

f:id:maricats:20201201233953j:plain

このケーキを食べ始める頃は、特に心が弾みます。


“これから本格的に、クリスマスシーズンに入るんだ”


実際、クリスマスと言ってもやることは、誕生日とあまり変わりません。


違う所と言えば、街全体が日常とは違う雰囲気になっていく所。


そしてクリスマスに向けて、みんなで色々と準備していく所。



そんな違いがあるから、誕生日とは違った気分になるのかな?



サンタさんとか、もみの木とか、イルミネーションとか、リース作りとか非日常的でとっても楽しい!



サンタさんがイブの夜にトナカイのソリに乗って、いい子の元にプレゼントを届けに行く。


これもとっても素敵なお話。


クリスマスの雰囲気を、さらに盛り上げていきます。



子どもの患者さんたちが、薬局内に飾られているツリーを見て、ウキウキしているのが伝わってきます。


(嬉しそうにしてくれてよかった!)



俯いて元気無さそうに来局したのに、今は興味深そうに辺りを見回しています。


クリスマスの装いは、子どもたちの想像力をかき立てているみたいです。


でも………



クリスマス当日より準備期間中の方が、楽しい気分になってしまうのがボクのダメな所。



早くクリスマス当日にならないかな?


でも来たら終わっちゃうな…


いやだなぁ…



“楽しみにしているイベント当日”


早く当日になって欲しいけど、いざ当日がきたら嫌になってしまう。



そういう感情は結構“あるある”だと思います。



少しズレますが友人の話…


ある日友人は、好きなミュージシャンのライブのチケットがとれて、ライブ当日を凄く待ちわびてました。


“どれだけライブを楽しみにしているか”
毎日のように友人から聞かされていました。


「いよいよ明日!」

「楽しんで来てね」


それなのにいざライブ当日になると…


「昨日のライブはどうだった?」


「行かなかった」


「……えっ?

ええぇ?!何で??」



あんなに毎日ライブ当日を楽しみにしていたのに、一体どうして?


チケット代も払っているのに…



そして友人はその後も、ライブのチケットを購入し“ライブ当日を楽しみにしては結局行かない”というのを繰り返していました。



ボクも友人ほどでは無いですが、何となくその気持ちは分かります。



イベントごとは準備期間中の方が、フワフワと楽しい気分でいられる。


クリスマス当日なんて…

いつまでも来なければいいのに…


そしたらずっと、その日を待ちわびる事が出来るのに…


次回へ続く