マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ねこさんとヘアゴム

突然ですがポいもはねこっ毛なので、外出時はだいたいヘアゴムで髪の毛を結んでいます。


そのヘアゴム。

使い続けていると伸びきってしまい、使用出来なくなってしまいます。


「このゴムそろそろ捨てようかな」

もう死にそう…

f:id:maricats:20201003161555j:plain

どうやらうちのポにゃちゃんは、ヘアゴムがお気に召したようです。


ヘアゴムで遊んで以降、ヘアゴムの楽しさに味をしめる。

f:id:maricats:20201003162911j:plain

概ね、ねこさんというものは、輪ゴムやヘアゴムの食感が好きらしいのです。


にんげんからしたら、匂いも食感も嫌なものですけど…



ポにゃちゃんがヘアゴムを気に入って以降、ダメになったヘアゴムをポにゃちゃん用に、とって置くことにしました。

f:id:maricats:20201003163419j:plain

「あー!ちょっと待って!それまだ使うやつ!」


f:id:maricats:20201003163537j:plain

素早く古いゴムと取り替えてやります。


「ポにゃちゃんのは、こっち」

古い方をオススメ。

「にゃも…」



そんなある日、仕事を終え帰宅。


ヘアゴムを外し置いておく。


ヘアゴムの味をしめているポにゃちゃん。



ヒタヒタとヘアゴムに忍び寄る。


「にゃたー!」


「あっ!!」


f:id:maricats:20201003165034j:plain

「いい、いいよ…もうあげるよ…」


「何でにゃ?」



なぜ?なぜなら…


もうそのヘアゴムがすでに、ポにゃちゃんのヨダレでビッチョビチョだからですよ。


もうそれで好きに遊んだらいいです、はい。



但し、ねこさんがゴムを誤飲してしまうおそれもあるので注意は必要だということです。


「新しいヘアゴム買ってきたー」



ポにゃちゃん、目をキラッとさせる。


なんにせよ、要注意です。