マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

父、ひょうたんと観賞用のかぼちゃを育てる その1

父が買ってきたひょうたんと観賞用のかぼちゃが、近所に迷惑をかけている…

f:id:maricats:20201110232445j:plain

うちの両親は鉢植えの植物が好きで、たまに購入してきます。


そして庭に植え替えたり、鉢植えのまま育てたりしています。



母はよく庭仕事をし、買ってきた植物たちにお水をあげたり、肥料をあげたりして可愛がっています。


ガサツに庭を歩き回って牡丹を踏み付け、ショックを受けていたこともありましたが、生き物は嫌いの母は、植物に関しては好きなようです。



問題は父。
 


生き物が好きで、植物が好きで、テレビゲームも好きで、本も好きで、音楽も麻雀も釣りもゴルフも落語も大福も色々好きで…



そんな色々なものが好きな父は、思い付きで突然何やら買ってくることがあります。


topsのチョコレートケーキや、ビックコミックオリジナル(父の愛読書)でいつもねこさんの表紙を描いている方の、ねこさんのトレーナーや、クッキングパパのコミックス等を買ってきては与えてくれる。



こんな風に、物や食べ物はまだいいのです。

ただし生き物や植物を、思いつきで買ってくるのだけは困ります。



突然買ってきた生き物はグッピー等の、小さな観賞魚。


小さいけれど、大事な命。


粗末にしてはいけません!



たまに水槽の水を入れ替えたりしている父ですが、グッピーを眺めたりして大事にしている、そんな様子はうかがえない。



「ちゃんと面倒をみれないなら、買ってきてはダメだよ!」

父にそうお説教をしたことがあります。


それなのにある日父が買ってきたのは、冒頭にあった“ひょうたんと観賞用のかぼちゃ”


確かにひょうたんもかぼちゃも見てる分には可愛いし、好きです。


そしてひょうたんというのは縁起が良いらしく、子どもの頃、祖母がひょうたんの御守りをやたらくれました。



ひょうたんが3つ揃えば三瓢箪。
三拍子揃って縁起が良いとされています。


6つひょうたんが揃った六瓢箪は無病息災。

健康で長生きが出来るよ、とされているそうです。



セルフメディケーションを推奨しているポ村の村長も、御守りにしています。

f:id:maricats:20201111000356j:plain

そんな縁起物だというのに、父は母に怒られる。


「誰が育てるの?!」


きちんと育てられるわけないと、最初から母に決めつけられた父は、秒でお説教をされる。



父は怒られたというのに案の定、伸びていく蔓のために支柱も何もせずほったらかし…


「おいっ」


結果これ…

f:id:maricats:20201111000612j:plain

近くにある開かずの門や、電柱をせっせとよじ登っていくひょうたんやかぼちゃの蔓たち。


お隣さんや通行人の迷惑になるほど、元気に育つ。



母に「どうすんのよ!」と父、再び怒られる。


まぁ、仕方が無いですね。


人に迷惑をかければ、人というのは怒られるのです。


庭を荒らすほど盛大に伸びていったひょうたんとかぼちゃは、果たして実を付けるのでしょうか…



迷惑をかけたのだから、その分実りある果実を…


蔓を観賞するために、父も育てていたわけではないでしょうし。



育てるなら、やっぱり大事なのは果実です。



でもひょうたんとかぼちゃの面倒をみてあげなかった、罰当たりな父。


一つも実らなくても、文句が言える立場にはありません。
  

でも蔓が育った分、果実も豊作になるのかも?


次回へ続きます