マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

きのこ狩り その1

本日はきのこ狩りです。


秋のきのこの収穫時期は10月から11月。


そんなきのこを目当てに、まゆさんとてんまさんはきのこを狩りに来ました。


にゃこさんもくっ付いて来ています。

「にゃ!」

背負い籠の中です。

f:id:maricats:20201102232056j:plain

「まゆちゃん、にゃこちゃん
ぽのこたくさん採れるといいねぇ」


「そにゃねぇ」

ぽのことは、ポ村の土地でしか生えてこないきのこです。


ソテーにしてバター醤油で食べるのが、一番美味しいとされています。


「お休みの日に朝からきのこ狩りなんて、なんかウキウキしちゃうよね」


「分かる、分かる」


「にゃんにゃん♪」


「きのこってさ、食べるとそんなに美味いと思わないのにさ。

きのこ狩りはしたくなるんだよね」


「えっ?まゆちゃん、美味しいと思ってないの?」


「だって…
きのこって好きな食べ物ベスト3に入る?

食わず嫌い王に出た時に、きのこを好きな食べ物の中に選ぶ?」


「食わず嫌い王?」


「好きな食べ物の中に、きのこは入らないんだけど…

秋の気持のいい時期に、外に出て食べ物を見つけに行く行為ってのは、なんか妙に楽しくなる」


「うん」


「イチゴもさ、酸っぱくてホントは好きじゃなんだけど、実家の庭に生えてるイチゴを見るとなんか食べたくなる」


「きれいで美味しそうな実がなっているのを見ると、すごく惹かれるのは分かる。

この世の全ての植物の実が、食べられればいいのになって思う」


f:id:maricats:20201103005256j:plain

「確かに確かに!」


「にゃしにゃし!」


「っていうかまゆちゃん。
きのこも好きじゃないんだったっけ?

食べてるよね?きのこ」



「いや、嫌いじゃないよ?
ただ低カロリーじゃん、きのこって。

満足感がないんだよね。
あの食べ物」



「松茸とかも興味ないの?
焼き松茸」


「食ったことないよ、そんなもん。

でも前にさ、ドラちゃんの漫画で松茸狩りの話を読んだことがあって…」


「ドラちゃんたちが松茸狩りに行くの?」


「にゃこさんも行くー」


「箱庭の中にスモールライトで小さくなってから入っていって、松茸を狩りに行く話」


「楽しそう」


「でしょ?その話好きなんだ。
 
けどさ、きのこって可愛らしいイメージがある反面、ちょっとさ…怖くない?」



「怖い?」


「実家の縁の下にさ…生えてたんだ、きのこが…

名前はわかんないけど…
全体的に白くて、頭の方は黄色っぽい気味の悪いきのこ」



「まゆちゃん、きのこ詳しいのに」


「未だにあのきのこが何て名前かは知らない。

植物は好きだし、菌だけどきのこ自体は好きだよ。

食べるとかじゃなく」



「うん、あたしも大好き!

きのこたちは植物・動物の死骸を分解してくれて、栄養のある豊かな土を作ってくれる。

そんな土からは再び様々な生命が生まれる。

きのこには、ありがとうって思うことがたくさんあるもの」



「そうだね。
でも縁の下の、あの気味の悪いきのこ。

ようは縁の下が気味悪いって事なんだけど…

埃っぽくて、カビっぽい気味の悪い場所。

色んな生物が、あそこを最期の場所に選んで…

そんな生物の死骸がたくさんありそうな場所。

何を栄養にして育ったのか分からないきのこ…」



「死骸をそのきのこが分解してくれてんだ?」



「ホントに死骸があるかは知らない。
あくまでイメージね。

とりあえず、人間の歯はいくつかあそこから発見されるはず」


「歯?子どもの頃、縁の下に歯を投げたんだ?
可愛いっ」


「……。
とにかく見たくもないのについ、縁の下を覗き込んでそれでまた、あのきのこを見てしまう。

気味の悪い縁の下に住む、気味の悪いきのこを…」



虫とかを含め、てんまさんよりまゆさんの方が怖いものが多いみたいです。


「あたしはその縁の下のきのこ、興味あるなぁ。
縁の下に入って研究したくなっちゃう!」


「気味の悪いこと言うな…」


「だって好きなんだもん。

毒のあるきのこも、食べられるきのこも、薬効成分があるきのこも」


「薬効成分…
そういえば、サルノコシカケがさ、実家の梅の木によく生えてたんだ。

あれって身体に良いんだっけ?

にゃこがよく登ってたなぁ」

f:id:maricats:20201103012530j:plain

「でもやっぱりきのこって食べるのを楽しみにするほどには、すっごく美味しいってわけでもなくない?

身体にいい食べ物って、基本たいして美味くない気がする…

あたしは人間に長生きさせたくない奴らの、動きというのを感じている」




“人間にとって身体に良い食材は、まずくしろっ!

これは異常に酸っぱくしろ!
こっちは苦くしろー!” 



そんな風に食材の味を、司っているものたち。

まゆさんは、こうして食材の味をコントロールするものの存在を感じているのだそうです。



【きのこ】
低カロリー、食物繊維、カリウム、ビタミンB群

きのこには栄養が豊富に含まれています。


毒きのこもたくさんありますが、一方で薬になるきのこも存在します。


有名なのは冬虫夏草です。

栄養価が高く、とても希少価値があるきのこです。

アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどが豊富。


ただ死んだ虫などから生えてくるきのこなので、まゆさんは気持ち悪がってしまうかもしれません。


次回へ続きます