マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ねこ森町のニャロウィンパーティー その7

前回の続き

ニャロウィンパーティー当日。

ポ村からねこ森町のニャロウィンが始まる夕暮れまでに間に合うよう、パーティー会場に向かっていたねこさんたち。

道中色々ありながらも、ちょうど日が暮れた頃にねこ森町に到着。

ニャロウィンパーティーに間に合ったようです。


ねこ森町についたそうそう大河くん、葉月くん、秋月くんたちに魔女の仮装で驚かされてしまったねこさんたち。


その後、周囲をチョロついていた小さき者の正体・マメチュー先生に見送られながら、ニャロウィン特別列車に乗車。



ねこさんたちは、疲れていたのもあってウトウトしながら列車に乗っていました。


「みなさん到着しましたよ」



「にゃす…?」


ついたのはホテルガレでした。


ホテルガレのアフタムーンティーを飲んで冒険の疲れをとって欲しい…


そんなマメチュー先生のはからいもあり、一番にここへ到着するようにしてくれていたみたいです。

f:id:maricats:20201021231038j:plain

真っ白くって綺麗なねこさんのKiくんが、お茶を運んできてくれました。


「かっこいにゃー!」


ねこさんのお口にも丁度よい温度の、アフタムーンティを頂いたあとはO様の所へ向かいます。



やはりねこ森町にお邪魔したら、O様にはご挨拶しないとです。


かぼちゃプリンを献上するにゃこさん。


ニャロウィンの日のO様は、可愛いかぼちゃの王冠を被っていらっしゃいます。

f:id:maricats:20201022015451j:plain

「にゃこさんは、たいがせんぱいたちの仮装をみましたか?」



「見ましたにゃ!
本物と間違えてびっくりしちゃいましたにゃ」


「くふふふ」


O様はにゃこさんのリアクションを聞いて、何だかとても嬉しそうです。



三兄弟のねこさんたちとグルだったのでしょうか…



もしかしてニャロウィンのサプライズ演出!?



さてO様にご挨拶を終えた後は、喫茶ななかまどへ。


そこは可愛い女の子ななちゃんとかまどちゃんがいる、ずっと行きたかったお店です。


「かぼちゃプリンどうぞ。いつものお礼にゃす」


代わりに季節のスイーツ、柿プリンを頂きます。


今日はかぼちゃのフォカッチャなど、ニャロウィンらしいメニューが、並んでいます。

f:id:maricats:20201022160750j:plain

ななかまどには子どものねこさんである、ジルちゃんとシェイちゃんも来ていました。


シェイちゃんの体調は大丈夫かな?


よく見るとジルちゃんシェイちゃんそして、ななちゃんとかまどちゃんはおそろいのジャック・オー・ランタンのチャームをしています。


みんなお似合い♪


子どもさんと女の子はいつでも可愛くて、微笑ましいです。



「ニャロウィンはちっとも怖くにゃい」

あんなに悪霊が怖かったのが嘘みたい…


次に挨拶に向かったのは猫屋さんです。



お友だちのくまねこちゃんたちがいるお店。



ハロウィンの今日は、落花生のネズミ仕立てを出してくれました。

f:id:maricats:20201022195637j:plain

見ていて楽しいわくわくするメニューです。


お礼にくまねこちゃんにも、かぼちゃプリンのおすそ分け。


「みんなで食べてね」


くまねこちゃんは頭にジャック・オー・ランタンを乗せています。



今日はみんなどこかに、かぼちゃをくっ付けています。



猫屋さんには色んなねこさんが、ご飯を食べに来ていました。



トト君は、ようやくチー君と再会できて嬉しそうです。



食欲の秋まっただ中のえとくんも来ています。



「そうにゃ、えとくんにもかぼちゃプリン!」



あれ…?



かぼちゃプリンを渡そうと思ったら、えとくんがいなくなっています。



「どこにゃ…?」



にゃこさんは、あたりを見回して見ます。


「にゃ!いたっ!」

f:id:maricats:20201022235415j:plain

サーカスハウスに入っているえとくん。


「なにしてるんにゃ?」



爆発しそうな秋の食欲を、サーカスハウスに入って抑えているのかな?



今食べ過ぎちゃうと予約していたニャロウィンディナーが、食べられなくなってしまいますからね。


ねこさんたちが楽しみにしている、ニャロウィンディナー秋鱗のフォンデュ。



どんな味かな?

ねこ舌でも食べられる?


他にもニャロウィンスイーツのブッフェまであるそうです。


にゃこさんも楽しみです♪



でもねこさんは基本的に食欲を抑えられる生物ではないので、もちょもちょと少しずつご飯を食べちゃっている子たちもいるようです。


一緒に住んでいるワンちゃんに邪魔される事がないマオ君や、みーちゃんも自由に食べ歩いてニャロウィンを楽しんでいるみたい。

f:id:maricats:20201029190543j:plain

「かぼちゃプリンどうぞ!」


にゃこさんは、キョロキョロしながら歩いていたので何かにつまづいてしまいました。


何かが床に転がっています。


「なんにゃろ、これ?」


それはまんまるい物体のようです。



こわごわ中をのぞき込んでみると…



「にゃにゃ!?」


エリンギさんとシメジさんが、まるいドームの中に入っています。

f:id:maricats:20201024160259j:plain

にゃこさんは、ドームの中を覗き込む遊びが楽しいみたい。



こっちがエリンギさん!

こっちは…シメジさん!


にゃこさん、忘れないうちにかぼちゃプリン渡しましょう。


そんなことをしていたら、ねこ森町のねこさんたちが集まってきました。



みんなの顔を見ていると、先ほどまで感じていた恐怖の感情は、もう一切無くなっています。



心の中はすっかり楽しい気分で満たされている。




それにねこ森町では悪霊がウロついていても、NNN本部の方たちが霊を暗殺?消滅させてくれるとのことで安心しています。


お仕事が終わったらお礼にかぼちゃプリン渡さないと…


あ、ダイちゃんがかぼちゃを付けて仮装してきました。


一度おうちに帰ってから仮装してきたようです。

f:id:maricats:20201024161251j:plain

にゃこさんの分もあるみたい。



嬉しくてソワソワ!


みんなにかぼちゃプリンもあげられたし…


そろそろみんな集まったかな?

これからねこ神社に行ってお参り。
みんなでスタンプニャリーもして…
そしたらいよいよ!



みんなで楽しくニャロウィンパーティーを始めよう!!