マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

光のモンスター

トウキさんは、ポ村の有名な画家さんです。

ポ村ではよくトウキさんの個展を開催。


その時は外からたくさんの観光客が来るため、普段は静かなポ村がとても賑わい、更には潤いももたらしてくれます。


神出鬼没なのでほとんどの村人は、彼を見かけたことが無く、住んでいることを知っている人も少ないようです。



放って置くと、トウキさんは食事すらまともにとらない方。


そんな彼の事を、毎日ポ村の見回りをしている村長さんだけはしっかり存在を確認。
 

トウキさんは体調がよくない時もあるようなので、くまじろ先生やマメチュー先生の所に連れていきたいのですが、なかなか上手くいきません…。


その為、いつも見守り、差し入れをしています。


ですが仕事に集中している時のトウキさんは、村長さんがどんなに声かけをしても反応してくれない。


仕事の邪魔をしてはいけないと思いつつ、やっぱり心配になります。

f:id:maricats:20200913152531j:plain

村長さんは一応差し入れの果物を置いて、そのまま立ち去ります。


トウキさんは村長さんの声かけにも反応しませんが、自身に起きている異変にも反応しません。


だいぶ前から頭痛がしているはずなのに、集中している時は絵を描く手を止められません。


このあと、どんなに頭痛が酷くなろうとも…




現在、ポ村ではトウキさんの個展を開催中。



星の中で眠る子ども。
その絵画を眺めるケイヒさん。

f:id:maricats:20200913155230j:plain

星の中心部分には赤ちゃんが眠っている、そんな言い伝えのようなものがポ村にはあります。



赤子がお腹を空かせた時、不安で母を求めている時などに、母を探し泣いて暴れる。


暴れている時の震えは、地上にいるこちらに伝わる程です。


そんな時は早く愛情を与えて、赤子を安心させてやって欲しいと思います。

f:id:maricats:20200913160623j:plain

地球にはどんな赤ちゃんが眠っているんだろう…



寒い冬の夕方、一酸化炭素中毒になった事がありました。


ゲームに集中し過ぎて、途中でやめられなくなって…

集中している時は仕事でも遊びでも、なかなかやめられないものです。



“頭がいたい”


そう感じていてもそれを放っておいたら、酷いことになっていました。


頭痛の原因:石油ストーブ



まず凄まじい頭痛に襲われました。


部屋の中に一酸化炭素が蔓延している!


そう思ったため慌てて窓を開け、外の涼しい空気を取り込みました。


自分の中にある澱んだものと、外のキレイな空気とを入れ替えるために。


窓辺でしばらく座って休んでいたのですが、目も開けていられない程の激しい頭痛に加え、吐き気も出て来て、次第に座っていることすらツラくなってきました。


不安で泣きそうになりながらも這うようにベッドではなく、トイレのそばまで行ってそこで倒れ込む。



いつでも吐けるようにトイレのそばへ行ったのですが、その時にはもう立ち上がる事すら出来なくなっていました。



体が重く、ピクリともに動かす事が出来ない。


まるで体に物凄いGが、かかっているように重かったです。

f:id:maricats:20200913164831j:plain

このまま地球の底に、沈んでいってしまうのだろうか…


星の中の赤子の所にまで?


最早重いというよりは、体は痺れて動かない状態。


指先だけでも動かせないだろうかと試してみる。


そう思う一方で、星の中に眠る子どもが頭をよぎりました。


体調は最悪、不安でいっぱいの中、そんな好奇心がムクリと出て来る。


一酸化炭素中毒で死んでしまうかもしれないのに…



“星の中に眠る子ども”



誰かその子どもを見た人がいて、それを書きとめたのだろうか。


 
他にもペガサスとか天使とか妖精とか、ああいう架空の生物にも全部目撃者がいるのかな?



病が原因で幻聴を聞いたり、幻覚を見たりする人がいるというのは聞いたことがある。



幽霊や宇宙人、不可思議なものを見てしまう事もあるのだという。


本人にとっては噓でも何でも無く、本当に見えていたんだろう。



星の中に眠る赤子だけでなく、地上にいるものたちの中にも母なる太陽に近付きたい人たちが、少なからずいるように思う。


ペガサスに乗って少しでも母に近付くため、空高く飛んで行くんだ…



そんな思いから、架空の生物たちは生まれたんじゃないのかな?


でも調子にのって近づき過ぎると、突き放されてしまう。



千尋の谷に子どもを突き落とす獅子の母みたいに、近付きすぎるとイカロスの蝋の翼のように羽根を溶かされ、真っ逆さまに地上に落とされるんだ。



優しいだけじゃ無い母。

でもつかず離れず、見守り続けてくれる母。


どっか遠くに行かれたら、すげぇ困るし。

星の中の子どもが、暴れて困る所の騒ぎじゃない。
 

必要な光…




立ち尽くしてぼんやりとしているトウキさん。

f:id:maricats:20200913171814j:plain

白昼夢?

色のない光の世界…

 

音もない。

目がチカチカする。


光のモンスターが近付いて来ている…



トウキさんは絵を描くことに集中し過ぎて、頭痛を放置していると音や匂いや光が極端にダメになってしまう。


ケイヒさんが体験した一酸化炭素中毒の時のような、吐き気と頭痛。


少し身動きをしただけでも、割れるような頭の痛みを感じる。


それでも激しい頭痛で立っている事が出来ないため、頭に振動を与えないように静かに横になる。


太陽がすぐそばに来ているような光。


光から逃げてしまいたくても、動くことが出来ない。


“あ……”

太陽の匂い。


太陽…落ちてきたのか…



しんどいながらも、目を開けてみると背中にねこが乗っかっていた。

f:id:maricats:20200913174549j:plain

日の光をたっぷり浴びて遊んでいたのか、そのねこからは太陽の匂いが漂ってくる…。




そんな気持ち良さそうに眠るにゃこさんにつられ、トウキさんもそのまま眠り込んでしまいました。

 
しばらくすると、キャットセラピーの効果でしょうか…


“治った”


トウキさんの頭痛は、すっかり無くなったみたいです。


まだ眠っているにゃこさんを背中からおろし、村長さん差し入れのパイナップルを見つめます。   



おそらく喉が渇いたのでしょう。 


パイナップルから水分摂取。
  
頭痛の原因を熱中では?と思ったのかもしれません。

f:id:maricats:20200913175329j:plain

なのについついパイナップルの不思議なカタチに魅了されて、トウキさんは絵を描きたくなってしまったようです。


にゃこさんと同じく、大人になっても世話のやけるトウキさん。



これからも当分、村長さんによるトウキさんのお世話は続きます。