マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ご近所付き合い

f:id:maricats:20200803202330j:plain

実家の近所には、猫さんを多頭飼いしているお宅があります。


何度か記事に出てきている猫屋敷です。


そのお宅で新しく迎えられた猫さんたちは、大抵うちの庭に遊びに来ます。


先住の猫さんに
「近所にお庭があるお宅があるにゃよ」
みたいな感じで教えてもらうのでしょうか。


挨拶にきてくれる訳では無く、単にうちの庭で遊びたいだけみたいです。


なのでいつもこちらからご挨拶。
「はじめまして」

顔を覚えて貰えるまで、何度も顔出しします。


猫屋敷の猫さんは人見知りの子が多く、初対面の時はいつも逃げられてしまいます。


そのため遊びに来た猫さんをお庭で見かけるたび、挨拶をして少しずつ顔見知りになります。

「いらっしゃい、こんにちは」



“この子とは距離が縮まってきたな”
という場合もありますが、ポいもの顔を見ただけであっという間に逃げてしまう子もいます。


そういうタイプの子とは結局、全然仲良しにはなれませんでした。


一方“少しは心を開いてくれたかな?”
という猫さん。


お友だちになるチャンス到来です。


まだ警戒をして距離をとられてはいるものの、こちらに興味はあるらしく逃げては行かない子に対しては早速「遊ぼうよ」と声をかけます。


猫さんたちがどうしても逃れられない、ハンターの本能。


あの子たちときたら、草木をちょっと揺らすだけで「なんにゃの?」とほいほいポいもの方に寄って来てしまいます。

簡単です。


「知ってんだ。キミたちの習性は」
ポいもの前では、そのハンターの本能は完全に逃れられない呪いです。

近づくために利用されます。


一緒に遊べるようになってしまえば、もうこっちのものです。


これだけで“めちゃくちゃ仲良しっ”とまではいきませんが、遊んでくれるようにはなります。


こうして少しずつ仲良しになった子は、家の中にまで上がり込んでポいものベッドを、我が物顔で使用しています。


ポいもの猫アレルギーは悪化してしまいますが、仲良くなれたと思うとやっぱり嬉しいです。



今まで一緒に暮らした事のある猫さんは、ぽんちゃん・ポにゃちゃんだけですが、猫屋敷の猫さんたちのお陰で色々な猫さん知ることが出来ました。


全然心を開いてくれない子
高飛車なタイプの子(ミルクちゃん)
面倒見の良い子(バーバラさん)
度胸のある子
穏やかな子
怖がりな子 などなど…


基本怖がりな猫さんが多い中
“動じない・人見知りもしない”
そんな猫さんに会うとちょっと驚きます。


懐っこい子はそのままポいも宅が自分の家だと思って、一日に何回も上がり込んで来ます。


すると姿を見せない猫さんを心配した猫屋敷の方は、夕方になると「帰っておいで~」と探しに来ます。


遊びに来ている、猫さんの名前を呼ぶ声がするので分かります。


するとうちの母に連れられて、猫屋敷在住の猫さんは帰っていきます。


人見知りをしない猫さんは一緒に暮らしやすそうだけど、飼い主さんからすれば誰にでも懐かれちゃうと、少しさみしくなるかもしれないですね。