マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ミルクちゃん

猫屋敷から我が家(実家)に遊びに来る、細くて小さい黒猫のお嬢さん。


名前はミルクちゃんです。


遊びには来てくれるのですが、お触りは本人にキツく禁止されています。


そばに行くこと、触れる事は許されない。

f:id:maricats:20200919153550j:plain

とは言えこちらが外出する時に、誰もいない家の中にひとり置いていくわけにはいきません。


「ミルクちゃーん、おうち帰ろー」


「…………」


だいたい言葉で説得される子ではありません。


f:id:maricats:20200919154501j:plain


仕方なく嫌がるミルクちゃんを抱き上げ、猫さんたちの出入口である縁側の窓から出て行って貰う。


するとミルクちゃんは素早くこちらを振り向いて…

f:id:maricats:20200919154745j:plain

毎回帰り際、引っぱたかれてしまう…


そしてそのまま振り向くことなく、走り去っていく。


何なの…?


スカした女…

f:id:maricats:20200919155456j:plain

気取り屋でツンツンした女子ミルク。


そのミルクちゃんがある日、口に何かをくわえてどこかへ走り去ろうとしていました。


“狩人っ!”


小鳥か何かが、ミルクに捕まっちゃったのかな?


追いかけて様子を見に行く。


違う、小鳥じゃない、あれはっ。



“ねこの赤ちゃん!”


ミルクちゃんはねこの赤ちゃんをくわえながら、どこかへ連れていこうとしている。

f:id:maricats:20200919160617j:plain

あのツンケン女子ミルクにも母性が?


“アタシがママよ。ママはアタシよ!”


でもミルクちゃんは、子育てなんてしたこと無いはず。


ホントに母性?その子どうするの?
どこへ連れて行くの?
その子はどこの子なの?


やっぱり心配でミルクちゃんを追いかける。


でもねこさんのスピードに追いつくはずもなく…


丁度その時、猫屋敷のご主人が現れ、後の事はお任せする事にしました。


ねこの赤ちゃん大丈夫かな?


気になっていたのですが、残念ながら二度と赤ちゃんを見かける事はありませんでした。


猫屋敷の方にその後の事を、訪ねる機会も無かったのです。


ミルクちゃんが、屋敷の中で育てているのだろうか…


しかし当のミルクちゃんは、その後も我が家にひとりでやって来て…

f:id:maricats:20200919161537j:plain

あんまりママ感は、出てきてはいないようです。