マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

USA その2

・前回の続き・

初めて調剤事務をやられている、USAさんと顔合わせしたパゴロウさん。


彼女の物怖じしない、人懐っこい性格を羨ましく感じました。


患者さんと接することの多い調剤事務さんも、もちろんコミュニケーション能力が必要です。


USAさんは、ボクの少し苦手なタイプな気がするけど、見習わせて頂かなくてはならない所は、たくさんありそうです。



USAさんきっかけで思い出した、学生時代の実習先でお会いした調剤事務のシノさん。


長く務めているベテランさんで、薬剤師も含めみんなが頼りたくなる姉御肌の人でした。

f:id:maricats:20200823011608j:plain

薬局内のまとめ役で、相談もしやすい。


基本的に個性強めな人が多い薬剤師を、きっちり仕切ってくれるシノさん。


“こういう人がいてくれると薬局が一つになる”

そんな風に感じていたことを思い出していました。


薬局内での調剤事務さんのお仕事は、清掃作業・電話応対その他、レセプト請求等です。

f:id:maricats:20200823013930j:plain

レセプト業務を行うには保険制度・調剤報酬などの知識が必要。


基本的に調剤事務さんは、未経験でもOKと求人広告に記載されていることが多いですが、忙しい薬局では未経験者では務まらない大変なお仕事。


知人から聞いた話ですが、人事で年齢を優先し、若い未経験の方を採用。
でも結局その方は足手まといに…

仕事仲間に、迷惑がられてしまったのだそうです。

f:id:maricats:20200823015414j:plain

ボクもそんな事務さんたちの補助が出来るよう、レセプトの事ととかもしっかり勉強しなくちゃ。


質問された時に答えられる位に!!


(なんか…ボーッとしてきちゃった。
また熱かなぁ…)

f:id:maricats:20200823015826j:plain

「大丈夫ですか?」

「どしたの?」

「何でもないです。大丈夫です!
ボク強くなったんです」

「パゴちゃん?」

「実はボク…」


「えー、そうなんだ、良いなぁ」

「へ?」

「だってぇ、すぐ熱出るんでしょ?
熱出たら学校休めるでしょ?
もも缶、食べられるでしょ?」


(そっそんな考え方…)

「ダメですっ!!」

「え?なにがよぉ!?
あたしはもも缶食べたいのー!
だっててんまちゃん、マメチュー先生から桃のフレッシュジュースを飲ませて貰ったって言ってましたよー!
ケーキは今度にしましょー!もも缶~!」


「もも缶?何だか懐かしいですね。
ではUSAさん、休憩時間まで待っていて下さい」


「はいは~い」



マメチュー先生お手製。
もも缶のシロップで作った桃入りゼリー。
生クリーム添え。

f:id:maricats:20200823021315j:plain


「パゴちゃんお熱平気?
もも缶ピッタリでしょ?
マルズはまた今度にしようね!」

「はい、分かりました。覚えておきます」


「でも…きひひ」

「??」

「パゴちゃんみたいな子が、まゆちゃんに会ったどうなるんだろう」


「え?」

「ううん、何でも無い」