マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

心配症の不安症

ボクはどうして、こんなに鈍くさいんだろう。


空回りばっかりしてしまうんだろう。


マイナス思考なんだろう。


心配症で不安症なんだろう…



ボクはどうして…
こんなにストックをしたがるんだろう。

f:id:maricats:20200907210805j:image

夜眠る前、急に頭をよぎってしまうこと。


「洗剤のストック、あったっけ?」


一度頭に浮かぶと、あるかどうか確認するまで、落ち着かなくなってしまいます。


トイレットペーパー・ティッシュ・ハンドソープ等々、ストック出来る場所がある限り、買い置きをせずにはいられません。


f:id:maricats:20200907210738j:image

薬局にはだいたい、1000種類ほどの薬があります。


有効期限等を管理し、使用したものも出しっぱなしにせず、常に整理整頓。


しかし全てを把握するのは、とても大変です。


f:id:maricats:20200907210751j:image

調剤台に並べられた医療用医薬品。
f:id:maricats:20200907210741j:image

薬の木に並べられた、一般用医薬品。



マメクスリカフェは更に、他の調剤薬局よりもっと、薬の種類は多いです。


サプリメント・ハーブ・健康補助食品等、薬品以外も多く取り扱っています。



“ドラッグストアで処方せんも扱っています”みたいな感じのお店に近いと思います。


勿論、扱っている全ての商品を覚えるのは大変ですが、その分色々な患者さんの要望に、応えられるようになっているのです。



とは言えやはりマメクスリカフェに、全ての薬を取り揃えているわけでは無いので、ちょっと不安も感じます。


“患者さんの望むお薬がなかったらどうしよう”



だからと言って、めったに出ない薬をストックしていても、無駄になってしまうだけ。


薬にも使用期限がありますからね。



“無駄にストックし、期限が過ぎたら処分する”
そんな事を繰り返していたら、経営にも関わってしまいます。


(それは分かっているのです)



なので患者さんが要望する薬が無い場合は、取り寄せる必要があるので、少しお待たせしてしまいます。


(申し訳ありません)



そして取り寄せた後で、患者さんにお届けすれば良い。


それでいいのです。

と今は、不安に思う自分に言い聞かせています。


f:id:maricats:20200907210801j:image

ボクはいつも人から見たら
“気にしなくて良いのに”
みたいな事まで、いちいち気になります。



薬の構造式も“沢山覚えないと“なんてつい思ってしまいます。

f:id:maricats:20200907212808j:imagef:id:maricats:20200907212913j:image

それはあのカタチを見るのが好き、というのもあります。


いつでも見られるように、トイレにも貼っちゃいます。

 

でもマメチュー先生を見ていると、薬剤師として大事な事が“自分はズレているのでは”と感じさせられます。


患者さんたちは、マメチュー先生に会えただけで安心。


「大丈夫」と声を掛けて貰えるだけで、不安感が天に召されていくようです。


f:id:maricats:20200907210726j:image

構造式を沢山知っている薬剤師なんて、患者さんにとってはどうでも良いこと。

 


薬は全ての病を、治してくれる訳ではありません。


限界もあります。



でもマメチュー先生に対応して貰った患者さんは、プラセボ効果が存分に発揮され、より薬が効いているように見えます。

その薬の限界を越えて…



一方ボクなんてただ、薬の事を知るのが好きな人。


f:id:maricats:20200907210757j:image

「いっぱいお勉強して偉いわねー」


………。
これでは、母を喜ばせる為に、お勉強を頑張る子どもさんと変わらないです。



ボクも大人として、薬剤師として、変わっていかないと…

マメチュー先生を見ていると、そう思わされます。