マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

結核

こんにちは、薬剤師のオウギと申します。


うちのエリマネのイチイさんは、私が働いている調剤薬局の息子さん。


ダメ薬剤師にはとても厳しいお方。
一緒に働いている時は、いつもよりピリッとしてしまいます。


そして今現在もピリッとしています。


今日は学生時代の先輩に誘われて飲みに来ているのですが、この方がとてもキレやすい。


飲み屋の店員さんにも、容赦なくキレます。


(また始まっちゃったな)


と思いつつも、毎回何もフォローが出来ない自分がいます。
情けないです…

f:id:maricats:20200806173145j:image

そんな先輩なのですが、実は奥様の事はとても大事にしているのです。


今日は飲みのついでに、奥様の事で相談したい事があるとのこと。


話を聞くと奥様がここ最近ずっと体調が優れないらしく、心配なのだそう…


「はぁ~。うちの嫁さぁ。
2ヶ月近くさぁ。
咳と熱が続いていて、凄くツラそうなんだよ」


f:id:maricats:20200806173136j:image

「処方された薬を飲んでもさ。
ほとんど効いてない…
というより、合ってないんじゃないかと思う。
飲んでも吐いちゃうし。
飯も食えない状態で…」

f:id:maricats:20200806173132j:image

「咳・熱って言ったら結核とかじゃねぇのかなぁ?
違うんならいいんだけどさ。
結核って人にうつしたら大変だろう?
死ぬ可能性…あるだろう?」

 

「……………」

 

「俺万が一“結核に気付かなかった”なんて医者に言われたら、文句言いに病院に乗り込んでやる」


結核…
咳・熱が主訴の病はたくさんあります。

その為、ほかの疾患との鑑別は、かなり難しいとされています。


とはいえ2ヶ月もの間、奥様の咳・熱の原因が不明のまま…
先輩もツラいと思います。


先輩と会うと、本人は自覚していないかもしれないけれど、いつも奥様とのほのぼのとしたノロケ話を聞かせてくれます。


f:id:maricats:20200806173128j:image

それなのに今日は…


f:id:maricats:20200806173206j:image

「本人には言えないけど俺、毎日不安で。
アイツも毎日ツラそうで。
毎日顔赤いし、どんどん痩せていくし。
ホントに…
ホントにこのまま死んじゃったら…」

 

いっつもカリカリしているあの先輩が、奥様の事ではこんなに弱々しくなるなんて…


f:id:maricats:20200806173141j:image

患者さんの前では、きっちり仕事をしているつもりでしたが…


ついつい出てしまう“心ここにあらず”の作り笑い。


やば…
視線感じる。。。

 


f:id:maricats:20200806173200j:image

“上の空で仕事をしてしまっている事が、イチイさんに気付かれているっ!”


ゴミクソダメ薬剤師に対して厳しいイチイさん。


(これは確実に説教だぁ)

 

叱られる覚悟は決めしていました。

(昼休憩の時かな)


あれ?何も言いに来ないな…

もう閉店ですよ?イチイさん。
帰っちゃいますよ?ボク…

 

“すげぇじゃん。
よそ見しながら仕事出来るようになったんだな~”

 

って感じに声をかけて貰ったらそのタイミングで、先輩の話を聞いて貰おうと思ってたんだけど。


オウギさんは思い切って、自分からイチイさんの前に立つ。


イチイさんはオウギさんを見ることなく、ボソッと呟く。


「仕事に支障が出るくらいボヘッとすんなら、さっさと話せ。聞いてやるから。
5秒だけだけど」

 

「5秒?!
5分でお願いします」


「図々しいな。
ゴミクソダメ薬剤師のくせに?じゃあ、巻き目でな~」

 

「ふうん。
結核かもしれない、か…
で?薬は何飲んでるか聞いた?」

 

「あ、はい。
一応薬の写真、見せて貰いました」

 

レボフロキサシン


f:id:maricats:20200806173125j:image

なぜ素人の先輩が結核の可能性を疑ったのに、医師は結核の可能性を考えず、レボフロキサシンを処方したのか。


レボフロキサシンは結核に、一定の効果がある抗生物質です。

その為、服用していると結核の診断がつきづらくなってしまうので、結核の可能性がある場合は、処方されない薬のはずなのです。

 


その後、先輩の奥様は薬を他の抗生物質に変更してから、検査して貰ったそうです。

そしてようやく“結核”と診断されたとのこと。


その診断名を聞いた先輩は、ホントに病院に乗り込んでしまったそうです。


f:id:maricats:20200806173157j:image

一応イチイさんに事の経緯をご報告。


f:id:maricats:20200806173153j:image

「粟粒結核だったらしくて」

 

「結核の中でも重篤な病態のヤツだな」

 

「そうなんです。
なのでようやくですが、適切な治療が受けられてよかったです」


結核は世界ではまだ感染者・死者が多い病気です。


その後安心した声の先輩から、電話がありました。


「マジで危ない所だったよ。嫁さんの職場の人にも迷惑かけたし」


当時ポいもを含め、同じ職場にいた数十名が、保健所に検査に行くことになりました。


f:id:maricats:20200806173148j:image

先輩の奥様は結核で入院してから三ヶ月後、無事退院しました。