マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

夏のおじさんの体臭

夏ですね、暑いですね、汗かく季節ですよね。

 

f:id:maricats:20200730191245j:image

そして七夕の短冊・流れ星など、星に願う事が増える季節でもあります。


もしお星様が、願いを叶えてくれるなら…

 

“自分の匂いが分かる”ようにして欲しい!

そうお願いします。


汗っかきの為、特に夏は自分が匂っている気がしてなりません。


“匂いがしなくなる”のではなく、自分の匂いが知りたいのです。


もし匂いの原因が病であるなら、病に気付かず悪化してしまうかもしれないですから…

 

 

申し遅れました。
わたくしモチ三と申します。


チビ・小太りかつ、おじさんであります。


この悪条件に加え、身体から悪臭までしてしまうようなら…


いつか、逮捕されてしまう気がします。

そんな日が遠からず来る。
必ず来る。

 

本日モチ三は、ポ村唯一の薬屋さん“マメクスリカフェ”に来ています。


ここはとても薬の種類が、充実している薬局です。

 
購入に処方箋が必要な医療用医薬品だけでなく、一般用医薬品もたくさん置いてあります。


そこで今日はとても頼りにしている、マメチュー先生に体臭の相談に来たのです。


f:id:maricats:20200730191248j:image

マメチュー先生個人相談室。


「汗の匂いや、ベタベタを防ぎたいのですね?」


f:id:maricats:20200730191242j:image

マメチュー先生は、冷たいハーブティーを出して下さいました。 爽やかでとてもいい香りが、漂ってきます。

 

一口コクリと飲んでみる。 すると、先程まで大量にかいていた汗や匂いが、どこかに消えてゆくようでした。

 

「この制汗スプレーはいかがでしょう? 無香性なので、匂いが苦手な方にはオススメです。 汗が出る前に、匂いを防ぐ事も出来ますよ。」

 

「スプレーですか。 確かにスッキリして気持ち良いんですけど…」

 

スプレーはちょっと苦手です。 学生の頃に女子から、制汗スプレーを吹きかけられた事がありました。 あれはイタズラだったのでしょうか?

 

突然背後から冷たいスプレーを“シュッ”と吹きかけられて、非常に驚いてしまった事を覚えています。

 

それはもう、女子が引いてしまうほどに… 当時何も知らない学生だった私は、制汗スプレーの存在を知らず、何事が起こったのか全く分からなかったのです。

 

そして私に掛けられたスプレーが、制汗スプレーなるものだと知ったとき…

“何故掛けられたのだろう?”

思い悩みました。 制汗スプレーを何故?と…

 

この出来事がきっかけで、自分の匂いを気にするようになってしまったのだと思います。 おじさんになってしまった今は、世の中に生息している自分と同じおじさんたちの匂いが、気になるようになりました。

 

おじさんの匂い…嫌…

こんな匂いが自分からも? “まさかっ!?”

 

考えただけでも、恐ろしくて恐ろしくて震えます。 

限界超えてます。 必要あるのでしょうか? ここまでの匂いを発する必要が…

 

忌々しい! この匂いっ!


f:id:maricats:20200730191239j:image

「モチ三さん?」

 

「あっはい、すみません」

 

「スプレーが苦手でしたら、こちらの消臭パットはいかがでしょう?
汗もニオイもしっかり防いでくれますよ。
匂いの元である菌も殺菌してくれます」

 

「これ頂きます!」

 

おじさん頑張ってこの夏、匂いのケアします。


そばにいても、嫌がらないで下さいね。