マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ぽんちゃんとポにゃちゃん その11

f:id:maricats:20200723215857j:plain

気のせいだろうか。
誰かに見られている気がする…


あいつ?それともあいつ?
いや、違うっあれは…



セール品を狙う女たちの目。

嫁の掃除が行き届いているか、チェックしている姑の目。

残り1個のおやつを狙う子どもたちの目。

夜中、耳元を飛び回る蚊を殺虫スプレーで仕留めようとする親父の目。

そして…


人間の足元を狙うため、ひっそりと忍び寄る者の妖しく光る目。



「誰だっ!?」


猫さんでした。


「お前かっ!」
 

一緒に暮らし始めた頃からじじいで、はしゃぎすぎる遊び方をしないポにゃちゃんは置いといて…


ぽんちゃんや、近所に住む猫さんたちは遊ぶのが大好き!


ホントしつこく、人の足元にじゃれついてくる。


気配がしてサッと後ろを振り向くと…

「お前、何ケツ振ってんだ!」


ケツ振る猫ストーカー、いる…


つまんない遊びばっっっかり覚える。

死角に潜んでは隙をついて、飛びかかってくる。


ったくやること猫だね、君たちは。
ほんっと猫。
いつまでも猫…


足の何がそんなに面白いんだ。


動いてないのに捕まえようとする。

突っ立っているだけだっていうのに、捕まえようとする。



それ、狩猟本能満たせてる?


でもね、猫さんたち。

そうやって誰かれ構わず、背後から忍び寄ってはいけませんよ?

若い娘さんに訴えられても知りませんからね!