マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ぽんちゃんとポにゃちゃん その9

f:id:maricats:20200716150833j:plain
広い部屋は苦手です。



どこに何が潜んでいるか分からないから苦手。

冬は寒いから苦手。

掃除も面倒くさそうだから苦手。

あとトイレやキッチンが遠いのもめんどーだし…



とはいえ、猫さんたちが好むほどのクッソ狭い場所は嫌です。


猫さんたちはホントよく、部屋のどこに狭い場所があるかよく知っている。


“潜んでいる何か”の気配の正体はだいたい猫さん。


あの猫さんの小さな頭がすぐに覚えるのは、狭い場所・ご飯の場所・おもちゃの場所。


そんなことを覚えるよりも“燃えるゴミの日”を覚えて捨てに行って来てくれないかな?


ゴミの日…

分かる?出来る?ゴミ捨て。


“狭い場所に潜んでジッとしている”
この行為は、狩りに必要だったらしいけれど。


そうやって衣装ケースの中でジッと潜んでいても、何も出てきやしないよ?


もういいから、早く洋服しまわせておくれよ。