マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

猫さん、舌をしまい忘れる

ポにゃちゃんが、大人の猫さんになってから出会ったポいも。

 

出会った当初は、得体のしれないポいもを嫌ったポにゃちゃんに、命を狙われる日々。

 

「ポあねと血縁関係があることが、分からんもんかね…」

 

それから数年たった今は、命こそ狙われなくなりましたが、未だポにゃちゃんから警戒はされているようです。

何だかいつも睨まれ、見張られている様子。

f:id:maricats:20200615190501j:image

ポあねと平等に扱えとは言いません。

ですが、そんなにちょこちょこ部屋の中の様子を、窺いに来なくても良いのでは、と思うんですが…


f:id:maricats:20200615190505j:image

別に何もしてません。

する事無いですから…

 

とは言えしばらくポにゃちゃんが、姿を見せなくなると気になってしまう。

ポにゃちゃんの、お顔を見たくなる。


f:id:maricats:20200615190520j:image

「あっ」

「あらら?」


f:id:maricats:20200615190516j:image

ベロちょぴ。

よく見ると、寝ながら舌出しちゃってます。

 

何なの、それ?

可愛いじゃないか、とっても。

 

猫さんは、たまに舌をしまい忘れてしまいます。

キレイ好きな猫さんたちにとって、ブラシ代わりの舌は大切なもの。

なのに何故しまい忘れてしまうのでしょう。

 

“猫は家の中でリラックスしている時に、筋肉が弛緩するため、舌が出てしまいます”

(リラックス?そうなの?!)

 


f:id:maricats:20200615190508j:image

「舌を出しっぱなしにしていると、乾いちゃうよ~」

 

ポいもは、何だか嬉しくなってポにゃちゃんに近寄っちゃう。

近くで覗きこんじゃう。

 

舌を出す癖のある人間は、イラッとするのに猫さんは何故可愛いのでしょう。

ずるい連中です。

f:id:maricats:20200615190729j:image

ずっと見ていると可愛いさのあまり、我慢出来ずに舌を触ってしまう。


f:id:maricats:20200615190512j:image

それでも全然起きないポにゃちゃん。

爆睡です。

なぜでしょう。

なぜならそれは、リラックスして眠っているからです。

 

そうですね、ポにゃちゃん。